【恵比寿38℃】Z李が光本勇介によるテキーラ一気死亡事故を告発

アウトローTwitter

「新宿租界」のZ李さんが、恵比寿の会員制ラウンジ「38℃」(さんぱち)で、ある実業家が女の子にテキーラを一気飲みをさせて死亡させたことを告発したことで話題になっています。

「新宿租界」とは、競馬・競艇・競輪・オートレースの情報を提供する総合博打サロンであり、Z李さんはその総帥で、Twitterのフォロワーが14万人もいる有名人です。

画像:Twitter

いったいその告発の内容とはどのようなものなのでしょうか?

Z李さんのツイートから探ってみました(これからZ李さんのツイートを参照しつつ事件について探ります。ツイートはある程度時系列順に並んでいますが、内容にもよるので必ずしもそうではありません)。

スポンサーリンク

【恵比寿38℃】Z李が光本勇介によるテキーラ一気死亡事故を告発

Z李が恵比寿38℃でのテキーラ一気による死亡事故を告発

これがZ李さんによる、恵比寿の38°cという会員制ラウンジである人が女の子にテキーラの一気を強要して死亡させてしまった、という告発です。

イニシャルMの実業家

続くツイートで、徐々に事件とその該当者について明らかになります。

該当者は、

  • イニシャルがM
  • 実業家

だとしています。

テキーラ一気死亡事故について緘口令が敷かれている

そのテキーラ一気飲み死亡事故については緘口令が敷かれていたとのこと。

そのために情報提供を呼び掛けても女の子たちは怖がっているということです。

該当者は実業家の光本勇介だとバラす

そして該当者についての風評被害が出るのを嫌がり、Z李さんは該当者を明かします。

それは実業家の光本勇介(みつもとゆうすけ)氏だということです。

これで複数のトレンドブログが続々と「光本勇介のWIKI経歴!」みたいな記事を上げる状況になります(もっとも巻き添えを嫌ってか、Google検索の上位記事は「テキーラ」の「テ」の字もないようなものでした)。

光本勇介氏はインターネットビジネスの企画・開発・運営、具体的にはアプリ開発などで成功した「バンク」という会社の創業者として有名な人物だそうです。

下記はInstagramの画像。

こちらの最新の投稿には、Z李さんが名前を明かしてから続々と光本氏に対する非難・皮肉などのコメントが殺到しています。

光本勇介は前澤友作と友達

光本勇介氏は元ZOZOの社長で剛力彩芽さんとの交際でも有名な前澤友作さんと仲がいいそうです。

Z李の情報提供の呼びかけ

Z李さんはTwitterで情報提供を呼び掛けます。

現場の状況:女の子はノリノリだったというが

現場の状況としては、「一気すれば10万円やる」と言われた女の子は、みずから乗り気になって一気したそうです。

裁判上等:完全に戦闘モードのZ李

光本氏は誹謗中傷に対して法的対応をするそうですが、Z李さんは引く気配がありません。

【恵比寿38℃】テキーラ一気で死亡した女性は父子家庭のハーフ

テキーラの強要で亡くなった女性は、母親を早く亡くした女性でハーフでした。

光本勇介による「テキーラチャレンジ」とは

光本勇介氏はどのようにテキーラ一気をさせていたのでしょうか。

光本氏は「テキーラチャレンジ」と称して、アルコール40度のテキーラを30分(15分とも)タイマーをつけて一瓶を飲みきったら10万を貰えるゲームや、4人ほどが3分で一瓶を飲みきったら30万円山分けなどのゲームをよく行っていたといいます。

光本氏と同卓して複数人でのテキーラチャレンジに参加した人の証言では、その時はその場にいたキャストの女の子は参加必須だったといいます(念のため:この証言は該当の死亡事故時のことではありません)。

既に有名週刊誌が記事化決定

既に有名週刊誌が記事にすることが決まっているそうで、光本氏は今頃青くなっているのではないでしょうか。(後に『文春オンライン』が記事化:後述)

後のツイートに「俺が全ての情報を提供したのは文春だから」という言葉があり、該当週刊誌は『文春』らしいということが明らかになりました。

ネット上では既にテキーラ一気死亡事故が記事に

徐々に火種が大きくなっていきます。

ネット上では既に記事になっています。

怒りの収まらないZ李

『デイリー新潮』も本人に取材し記事化

さらに『デイリー新潮』が本人に取材し記事に。

この記事はどちらかといえば光本氏寄りの記事で、彼の弁明を中心に掲載しています。

光本氏はこの記事で、「本人が志願した」「繰り返し本人にできるか確認した」、最後の3本目については「無理して飲まなくていいよ」と止めて、チャレンジが失敗したものの3万円をあげた、としています。

しかしZ李さんはこれにも納得しません。

ついに『文春オンライン』が記事化

追記:というわけで(2020年)12月12日に「文春オンライン」が記事にしました。

そこでは亡くなった女性の証言として、「光本氏は(デイリー新潮の記事で)『女性が進んでやった』としていますが、彼女は酒が強くないので進んで飲んだなんて信じられない」という内容の言葉が掲載されています。

また一応、文春の取材に光本氏はこのような謝罪の言葉を出したということです。

「女性がどのような理由・原因で亡くなられたのかについて正確な情報は把握できておりませんが、いずれにせよ私の軽率な判断と行動も一端となってこのような事態を招いたことは自覚しており、女性やそのご家族、ご親族、ご友人の皆様にとって取り返しのつかない結果を招いてしまったこと、お店や関係者の方々に多大なご迷惑をおかけしてしまったことにつき、ただただ申し訳ない気持ちで一杯であり、自らの行動を深く反省し、後悔しています。今回の事態を重く受け止め、自分の中の傲りや立ち居振る舞いを見直し、この反省を決して忘れることなく深く胸に刻んで参ります。

改めて、亡くなられた女性、かけがえのないご家族を亡くされたご遺族様には、このような結果となりましたことを深くお詫び申し上げますとともに、心から女性のご冥福をお祈り申し上げます」

引用:《恵比寿テキーラ20歳女性急死》「A子さんは段ボール箱に頭を突っ込んで……」NewsPicks系“天才起業家”「一気飲みチャレンジ」の真相(5ページ目)

もっともTwitterを見る限り、Z李さんは完全には納得してないようですが…。

おそらくZ李さんが完全に納得するためには、「女性の遺族(父親)への直接の謝罪」ぐらいなければいけないのでしょう。

光本勇介は謝罪、恵比寿38℃は閉店

追記:恵比寿38℃は閉店することが決まり、光本勇介氏は謝罪しました。

恵比寿38℃は閉店

光本勇介の謝罪文

光本氏は公式サイトで謝罪文を公表しました。

恵比寿の飲食店における件について

一部報道にあります掲題の件につきまして、甚だ略儀ではございますが、この場で経緯のご説明をさせて頂ければと思います。

 

報道にございますとおり、私は、2020年11月27日の深夜に、知人数名と共に、恵比寿にある接待を伴う飲食店を利用させていただきました。そして、私共が退店した後、接客についていただいた女性が、亡くなられるという出来事がございました。

 

接客についていただいた際、女性から、15分以内にテキーラのボトルを空ければ賞金を渡すというゲームに挑戦したいとの申出をいただきました。私は、過去にもこのゲームを行ったことがあり、その際、場の雰囲気が盛り上がったことから、今回、女性からの申出に対して、軽率にも了承してしまいました。

 

女性がどのような理由・原因で亡くなられたのかについて正確な情報は把握できておりませんが、いずれにせよ私の軽率な判断と行動も一端となってこのような事態を招いたことは自覚しており、女性やそのご家族、ご親族、ご友人の皆様にとって取り返しのつかない結果を招いてしまったこと、お店や関係者の方々に多大なご迷惑をおかけしてしまったことにつき、ただただ申し訳ない気持ちで一杯であり、自らの行動を深く反省し、後悔しています。

 

なお、インターネット上では、亡くなられた女性が「お酒を強要されたのではないか」「”一気飲み”を強要されたのではないか」という一部ご指摘もございますが、先にご説明させていただきましたとおり、ゲーム自体は女性のご希望で行うことになったという経緯がございます上、知人や同席していた方々も女性の飲酒を煽ったりはやし立てたりすることなく、ゲームの最中も女性ご自身でコップにお酒を注がれ、一気飲みではなく、ご自身のペースでお酒を飲まれておりましたので、こちらに関しては事実とは異なる内容と考えております。また、亡くなられた女性が「未成年だったのではないか」とのご指摘もあるようですが、こちらに関しても、お店に確認の上、事実とは異なると理解しております。

 

重ねてではございますが、私の軽率かつ稚拙な判断と行動については、深い後悔と反省の念しかございません。また、事故の後もなかなか女性が亡くなられた結果の重大さに向き合うことができず、軽率な行動を重ねてしまったことを深く恥じております。今回の事態を重く受け止め、自分の中の傲りや立ち居振る舞いを見直し、この反省を決して忘れることなく深く胸に刻んで参ります。

 

改めて、亡くなられた女性、かけがえのないご家族を亡くされたご遺族様には、このような結果となりましたことを深くお詫び申し上げますとともに、心から女性のご冥福をお祈り申し上げます。

 

2020年12月12日
光本 勇介

引用:恵比寿の飲食店における件について

Z李さんはこれにも「雰囲気・店側からの圧力」を考慮していないとして納得せず、このようなツイートをしました。

光本氏はあらためて「私が常連客であった事からも店舗側から女性に飲むように要請があった可能性や、その場の断れない雰囲気についても考えるべきでした。重ねて申し訳ございません。」とツイート。

光本氏は既に女性の遺族と話し合いを始めているようです。

これでおおむねZ李さんが納得する形になったんじゃないでしょうか。

よほどのことがない限り、これで矛を収めるということになりそうです。

この記事は以上になります。

タイトルとURLをコピーしました