油山が所沢のタイソンに苦言「更生者の模範にならないといけない」

アウトロー系YouTuber
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

九州の元暴力団組長・油山真也が、YouTubeで所沢のタイソン(久保広海)に苦言を呈するような内容の配信をしました。

油山は、おおむね瓜田純士とホーミーKEIのどちらに近いかで大別されるアウトロー系YouTuberの中では、タイソンと同じくホーミーKEIに近い人物であると認識されています。

その油山が意外なことに、タイソンに苦言を呈するような内容を語りました。

同配信には、イチナナライバー・女性レギュラーのよきちょ、よきちょマネージャーのみくるだも同席しています。

スポンサーリンク

油山真也が所沢のタイソンに苦言

まず油山は、YouTubeに氾濫しているアンチタイソン動画について、タイソンと互いに遣り合いがあるならともかく、一方的に叩くようなものは粘着しているストーカーのようで気持ちが悪い、と言います。

その上でタイソンにも落ち度があると言い、「タイソン君がああだこうだ言われるのもしょうがないかなと思った」と。

油山は、タイソンが「リングには上がらないが路上ならやってやるよ」と言ったところを問題視し、「アウトロー系ユーチューバーは、更生しようとする人に『こういう揉め事をしてもいいんだ』という印象を与えてはいけない」と話します。

油山は他に「そんなプライドは捨てていい」「もったいない」「YouTubeの中でもアウトローをするのか?それは気持ち悪いと思う」などの言い方もしています。

そして「タイソン君からアンサー動画が来るのか、LINEで来るのか分からないが、会うことができれば本人の前で伝えたいことを伝える」などと話しています。

同時視聴者5000人越え

同配信は、タイソンと近いはずの油山がタイソンに苦言を呈したという意外性のためか、多くの関心を集めたようで、一時は5000人を越えるほどの同時視聴者を集めました。

タイトルとURLをコピーしました