ゆたぼん,沖縄の中村逞珂(ゆたか)が不登校の理由とは?父親の中村幸也の仕事は心理カウンセラー

「少年革命家ゆたぼんチャンネル」で動画を配信している10歳のユーチューバーの「ゆたぼん」こと中村逞珂(ゆたか)さんのことが話題になっている。

ゆたぼんは自身も不登校であることから「不登校は不幸じゃない」と主張した動画を配信、それを琉球新報が取り上げてYahoo!ニュースになったことで一気に知られるようになった。

猛烈なバッシングを受けている一方、一部では支持する人もいるゆたぼんだが、彼の不登校の理由、それに対するネットや著名人の反応、またゆたぼんの父親の中村幸也(なかむらゆきや)さんについて調べてみた。

ゆたぼん,沖縄の中村逞珂(ゆたか)が不登校の理由とは?

こちらのニュースがYahoo!ニュースで配信された。

 ゆたぼんが学校に通わなくなったのは小学校3年生の時。宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にさせられ不満を抱いた。担任の言うことを聞く同級生もロボットに見え「俺までロボットになってしまう」と、学校に通わないことを決意した。現在も「学校は行きたい時に行く」というスタイルを貫いている。

配信する動画は歌やお笑い系が多い。パワフルに熱唱する姿は、父親の幸也さん(39)の影響で好きになったブルーハーツをほうふつとさせる。

人気作家や編集者、お笑い芸人などと共演を重ね「ノートに書くだけが勉強じゃない。いろんな人に会うことも勉強だ」と、学校ではできない学びに自信を深めている。

活動をしていると「死にたい」という子どもから相談が寄せられることもある。そういう時は友達になり「死ぬな。苦しむな。学校なんて行かなくてもいい」と言い続けている。

夢は子どもだけが乗れるピースボートで世界中に友達をつくり、戦争をなくすこと。子どもの自殺が増えるとされる夏休み明けの頃には、子どもを集めたライブを開催する計画も練っている。

引用:「不登校は不幸じゃない」10歳のユーチューバー 沖縄から世界に発信「ハイサイまいど!」

ニュースを読むと「ゆたぼん」こと沖縄の中村逞珂(ゆたか)さんが不登校になった理由が「宿題を拒否し、放課後や休み時間にさせられたこと」だというのが分かる。

このことでゆたぼんの動画・YouTubeチャンネルは、ネットニュースを見た人の批判にさらされて炎上してしまったようだ。

不登校をめぐるゆたぼんの動画

下が不登校の問題をめぐるゆたぼんの動画。

不登校は不幸じゃない!
  • 2018/08/19 に公開
  • 炎上しているので現時点での「高評価👍」と「低評価」は高評価469、低評価4,338と10倍近い差がついている。

批判的、もしくは否定的コメントをいくつか引用してみる。

青い人
自分で命を絶つほど辛い思いをするなら、学校に行かないという選択肢を取ってくれても良い。ただ、学校に行かず自分のやるべき事をやらずに、家で好き勝手に遊んでいるのは違うと思う。
赤い人
流石にこれは不登校までの経緯がね・・・悪いのは、この子じゃなくて周りの大人達だよまだ将来の事を見据えて判断できる年齢じゃないんだからこれは「子供の意見を尊重している」んじゃなくて「親としての義務を放棄している」だけだよ
緑の人
いじめで酷い目にあって学校に行くのが辛い、とかが原因の不登校なら百歩譲っても転校するなり対処はできますが、この子の場合は必要な教育を拒否してそれを親も許してしまってるので、、、どうしようもないですね、親子揃って変わらなければ、笑
青い人
とりあえず僕が言いたいことは義務教育制度ってこんな子供を守る為に親に課した義務なのに親は何してるんだって話です。この子が不憫で仕方ない
赤い人
ピースボートは船に乗るだけで旅行に連れてってくれる。努力なんていらない。それよりは嫌な事を我慢して宿題に向き合ったり、苦手な鉄棒を練習するほうが、よほど立派。何より、あなたに向き合ってくれる大人がいなかったことが何よりも不幸でかわいそう。
緑の人
宿題が理由で不登校って…そういう忍耐力も養うのが小学校だろうに
青い人
父親の実験台になっている様な気がしてならない。ゆたぼんさんも父親のロボットになっている事に気付いて欲しい。

ゆたぼん自身のこともあったが、親への批判コメントも目立った。

父親の中村幸也は元暴走族で心理カウンセラー

父親の中村幸也氏について調べると次のようなことが分かった。

  • 大阪府茨木市出身
  • 中卒
  • 元暴走族
  • 心理カウンセラー
  • 2018年6月に沖縄に移住
  • 子供が5人いる

中学卒業後、すぐに就職し働き始めるが3ヶ月で辞め、その後は20回以上も転職を繰り返したらしい。暴走族時代は副総長だったという。

若いころの悪さについては「恐喝、窃盗、傷害、暴走、喧嘩、シンナー、麻薬、覚醒剤・・・etc」とかなりのもの。

心理カウンセラーの師匠は衛藤信之

心理カウンセラーの師匠は衛藤信之という人で、『今日は、心を見つめる日。』『イーグルに訊け』『心時代の夜明け―本当の幸せを求めて』などの著書がある。

中村幸也は『あきらめる勇気』を出版

中村幸也氏自身は『あきらめる勇気』という著書を出版している。

中村幸也の著書「あきらめる勇気」の紹介

『あきらめる勇気』中村幸也著

中卒・元暴走族副総長の心理カウンセラーによる
「心がすっと軽くなる」人生の処方箋

何をあきらめて何をあきらめないかで
人生はこんなにも変わる!

引用:Amazon内容紹介

著名人の反応は?

ゆたぼんの不登校について著名人の反応も賛否が分かれており興味深い。

高須院長は批判的

高須クリニックの高須院長が批判的なのは「如何にも」な感じがする。

最後に:宿題の必要性も自明ではない

世間一般に好かれるような好感の持てる人物になることと成功することとはまったく違う。

彼のしていることが未来の成功を導くのか、それとも単に生きるために必要な知識・スキルが身に付かず自滅するのか、私には分からない。

それにしても不登校の理由が「宿題をやりたくない」ということだったことで責める人が多かったが、しかし、今の時代には以前の教育上の常識だったこの「宿題」というもの自体が絶対に必要なものなのか、議論の分かれるものだということは強調しておきたい。

教育評論家の「尾木ママ」こと尾木直樹氏も絶賛する千代田区立麹町中学校は、かつては「番町小学校、麹町中学校、日比谷高校、東京大学」と進学するのが都内におけるエリートコースだったとされるほどの名門中学校である。

その麹町中学校において、2014年から赴任した工藤勇一校長が「定期テストの廃止」「担任制度の廃止」など大胆な改革を行ったことで話題になった。

その大胆な改革の中には「宿題の廃止」というものが含まれている。

私がテレビで見た時には、同校校長は「宿題は無意味」と断言していた。

10歳という年齢で不登校を決断、その発端が「やりたくない宿題をやらされた」ということだというので、心配や不安、あるいは反感を持つ気持ちは分からなくはないが、彼のことを条件反射的にバッシングしてしまった人は、「こうでなければいけない」とか「こうしなければいけない」といった自分の思い込みが、自分自身の首を絞め、自分を不幸にしていはしないかということを一度疑ってみてもいいかもしれない。

リンク先は宿題の廃止について扱ったネット記事。プロが行った教育改革の一環なのでゆたぼんの場合と同一視は難しいかもしれないが、興味深い試みだと思う。

膨大な量の課題に押しつぶされる子どもたち。事務仕事に忙殺され、生徒と向き合うことを忘れた教師たち…。日本の教育現場は「惰性」に陥っていないか? そう問いかけ、行動する教育者が現れたことをご存知だろうか。今日発売の「週刊現代」で、名門校として知られる区立麹町中学校の「新任校長」が進める、常識破りの改革が紹介されている。

また同改革を行った麹町中学の工藤勇一校長はこのことについて書いた『学校の「当たり前」をやめた。』という著書も出版している。

【紹介】学校の「当たり前」をやめた。 生徒も教師も変わる! 公立名門中学校長の改革 (工藤 勇一)

『学校の「当たり前」をやめた。』工藤勇一著

宿題は必要ない。固定担任制も廃止。中間・期末テストも廃止。

多くの全国の中学校で行われていることを問い直し、本当に次世代を担う子どもたちにとって必要な学校の形を追求する、千代田区立麹町中学校の工藤勇一校長。

自ら学習し、将来を切り拓く力は「自律」。
大人が手を掛けすぎて、挙句の果てに、何でも他人のせいにするようなことにならないよう、中1から中3までの授業や行事を組みかえる。
生徒や保護者に強く支持される学校づくりの全貌がここに。

引用:Amazon内容紹介

フォローする