宮沢りえ主演『湯を沸かすほどの熱い愛』誰か一人がカッコつけるための映画

随分遅ればせに書くことになるが仕方ない。
反応が遅いのはいつものことだ。

だいぶ前のことになるが評判も良さそうだったので、宮沢りえ主演の『湯を沸かすほどの熱い愛』を見たが、「何だこれは」と思ってしまった。

これは宮沢りえ一人がカッコつけるためだけの映画ではないか。

誰か一人がカッコつけるための映画

宮沢りえ主演の『湯を沸かすほどの熱い愛』

結論はもう言ってしまったので、後は大して書くことはない。

要は、「誰か一人がカッコつけるためだけの映画は作らない方がいい」というのがここでの私の主張の全てだ。

もちろん、脚本を宮沢りえが書いたわけではないだろうから、これは宮沢の責任ではないが、『湯を沸かすほどの熱い愛』という映画自体に関しては私は遠慮なく、これを「駄作」だと言いたい。

やや似た印象の映画

ついでに、やや似た印象を覚えた映画についても記しておきたい。

私は西島秀俊主演の『セイジ-陸の魚-』と生田斗真主演の『予告犯』にも、やや似た印象を持った。しかしそれは「主演が一人でカッコつける」というよりも、「主人公が一人でカッコつける」という意味でかもしれない。特に『セイジ-陸の魚-』には、「主演に」というより、主人公に対する脚本家の過度な思い入れを感じた。

いずれにしろ、『湯を沸かすほどの熱い愛』で感じたほどの露骨な「一人カッコつけ」を感じたことはない。しかし何かしら似通った印象の映画を挙げるなら、その二つが出てくる。

『予告犯』の生田斗真周辺の鈴木亮平や荒川良々はいい味を出していたと思うが、これは単に私の好みの問題かもしれないし、第一映画それ自体の出来とは関係がない。

結論

内容の薄いペラペラの記事で申し訳ないが、結論を繰り返す。

誰か一人がカッコつけるための映画は作らない方がいい。

フォローする