YouTuberラファエルのメインチャンネルがBAN!理由は?ガイドライン違反?

仮面をつけた人気YouTuberラファエルさんのメインチャンネルがBAN(停止)されていることが明らかになり、関係者やファンの間で衝撃が広がっている。

いったいラファエルさんは何をしたのだろうか?

ラファエルのアカウントがBAN

1月22日、YouTuber・ラファエルさんのメインチャンネルが停止(BAN)されていることがわかった。

チャンネル登録者数は200万人を超え、多くのファンや関係者に衝撃を与えている。

BAN発覚後、すぐにアップされたシバターさんの動画によると「ふつうの動画が消された」「対応中」とラファエルさん自身がシバターさんとの通話で語っており、停止された理由は明らかとなっていない。

「YouTubeのコミュニティガイドラインに違反」
ラファエルさんは「時給日本一ユーチューバー」を自称しており、常に仮面をつけてジャージという出で立ちで動画を投稿。

元・自衛隊所属という経歴を明かしており、購入/制作した武器の威力を試す動画、美女を街でナンパする企画、「時給日本一ユーチューバー」ならではの大金をつかった企画などが人気を博していた。

コンテンツの方向性としては全体的に過激なものが多く、現在停止されているメインチャンネルにアクセスした際にも「YouTubeのコミュニティガイドラインに違反していたため、このアカウントを停止しました」という文言が表示されている。

仮面YouTuberラファエル、度重なる炎上も

「顔出し」が当たり前となっているYouTuberとしては、素顔や素性のほとんどを隠して活動するラファエルさんは珍しい。

しかしながら時に過激な動画や活動によって、しばしば批判や炎上にさらされることもあった。

2017年、当時同じ事務所に所属していたヒカルさん、いっくんさん(禁断ボーイズ)とともに謝罪・事務所解体まで追い込まれた「VALU騒動」をはじめ、2018年12月にも「利回り80パーセント」をうたう水耕栽培への投資を推奨する動画なども、その真偽をめぐって炎上。

顔出しをしないことによる過激な動画投稿、グレーなコンテンツによって人気を獲得していた側面も大きく、今回のチャンネル停止が活動の方向性に与える影響は少なくないだろう。

なお、料理動画などをアップするサブチャンネルも運営しており、今後はこちらをメインチャンネルとして活動していく方針となりそうだ。

追記:チャンネルBANに関する謝罪動画がサブチャンネルでアップされ、活動方針の見直しを行うことも言及された。ラファエルさんの今後の動向が気になるところだ。

引用:Yahoo!ニュース

シバターへのラファエルの説明

友人のユーチューバーであるシバターさんはこのような動画を挙げた。

ラファエルさんチャンネルBANおめでとうございます!

動画中でシバターさんがラファエルさんに電話をしてこのような会話をする。

シ「チャンネル消えてますよ。大丈夫ですか?」

ラ「今対応してます」

シ「何でBANされたんですか?」

ラ「いやもうあれですよ、普通の動画でBANされましたね、ガチで笑」

BAN謝罪動画

BAN後、ラファエルさんはこのような動画を挙げた。

アカウント削除について、誠に申し訳ございませんでした。

動画の中でこれからはこちらをメインにし、過激な内容もやめて「完全クリーン」なものにすると言っている。

もともとのラファエルさんのチャンネル登録者数は200万人以上だったが、現時点(2019年1月22日25時頃)でのチャンネル登録者数は四分の一程度の 45万人ほどとなっている。

しかしすぐにこちらのチャンネルに集まってくるかもしれない。

新しいメインチャンネル:ラファエル Raphael

BANの理由は?

ラファエルさんは普段から過激な動画を挙げていたが、つい最近、YouTubeはこれからは規制を強化するという発表をしたばかりだった。

それがまさかこれほど分かりやすい形で直撃することになるとは、関係者やラファエルさん自身も思わなかったかもしれない。

YouTubeが投稿動画の規制強化を発表し、世界中のメディアが一斉に報じるなど話題になっている。

YouTubeが新たに規約で明確化したのは、「危険な悪ふざけ動画」の禁止。危険な悪ふざけとは、例えば洗濯用洗剤を飲む、体に引火する液体を塗り点火する、身体的な危険にさらされていると信じ込ませるいたずら(ドッキリ系)、身体的危害や精神的苦痛を与える危険ないたずら、虐待的ないたずらなどだ。

いわゆる「やってみた動画」では、実際に事故も起きている。Netflixのオリジナル映画『Bird Box』は、人々が目隠しして逃げ延びる人気サバイバル・スリラーだが、ネットでは主人公たちのマネをする「#Birdboxchallenge」が流行。米ヨタ州では17歳の少女が目隠しして車を運転し追突する事故が起こり、Netflixは危険行為をしないよう警告する事態となった。

引用:ライブドアニュース

有名ユーチュバーの自主的動画削除

実は、YouTubeが規制強化を発表して以来、多くのユーチュバーが自発的に過激動画を削除するという動きは広がっていた。

  • 10代女性を中心に人気の「ワタナベマホト」は100本以上の動画削除(削除された動画は、大物YouTuberヒカキンさん宅でお漏らしする動画、刃物や血しぶきを使った演出をした動画)
  • アングラ系YouTuberの「へきトラハウス」は300本以上、合計再生数約1億再生分の動画を削除した。
  • 料理系YouTuberトミックさんも削除数は明らかではないが、今まで上げた1200もの動画をチェックしてめぼしいものを削除した。
  • またイタズラ・下ネタ系動画で人気のYouTuberたいぽんさんは「500本以上」という量の動画を削除。これはおそらく自主削除で最多の量と思われる。削除の基準として広告が表示されないものを中心に、「広告が認められない=YouTubeが際どいものとして認識」という判断から積極的に削除したとのことである。

またラファエルさん以前にもBANされているユーチュバーはおり、レペゼン地球・ARuFaといったユーチューバーは実際にチャンネルをBANされたことがある。

普段私はユーチューバーの動画をあまり見ないから憶測でしかないが、ラファエルさんの動画の過激な内容もさることながら、今回のBANは自主削除などのBAN対策を怠っていたことが原因なのかもしれない。

フォローする