吉野家で紅しょうがをまき散らす動画が炎上。損害賠償や特定は?

吉野家で紅ショウガをまき散らしながら牛丼を食べる男性の動画が、SNS上で炎上しています。

既にネットニュースにまで取り上げられたこの動画、また動画に対するネット上の反応をまとめました。

吉野家で紅しょうがをまき散らす迷惑動画

吉野家は?損害賠償は求めず

吉野家の広報担当者は取材に対し、
「マナーに欠ける行為で非常に残念です」
「こういうことは止めてほしい反省することを願います」
と話したということです。

しかし損害賠償は求めない、警察に刑事告訴しないと既に明言しています。

ネットの声、特定は?

既にアカウントは削除されていますが、過去の投稿から既に大学は特定されているようです。

最後に

一時期に比べればSNS上の熱気も欠け、「もうみんな飽きてるな」という感じがしました。

またこのようなことがあると該当者を特定することが慣習化していますが、炎上して特定することには懲罰的な意味と教育的な意味と二重にあるとされています。

しかしこのような動画をアップして楽しむ人たちは、仲間内だけの閉鎖的な楽しみ方をしており、世間一般での炎上事件の顛末など知らない可能性もあります。

今回思ったのは、教育的な意味が本当にあるのか見極めるためには、炎上して特定された人に、「SNSで炎上した人が特定されてその後、大変な人生を送ったことは知っていましたか?」というアンケートでも取らないことには、見極められないだろうということです。

もちろんそんなもの好きアンケートなどする人はいないでしょうが。

動画を見た個人的感想としては、猛烈に牛丼が食べたくなりました。

牛丼に紅ショウガって合うんですよね。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

フォローする