やから先輩、西山友紀の仲介で内藤裕と和解

アウトロー系YouTuber
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

やから先輩が関東連合OB西山友紀の仲介で内藤裕と和解しました。

スポンサーリンク

やから先輩、西山の仲介で内藤裕と和解

やから先輩がナイトと話していたところ、たまに「内藤ゆたかチャンネル」の名前で和解を示唆するチャットメッセージが流れますが、「どうせ偽物だろう」という雰囲気です。

そのうち西山からの着信が入り、彼は「チャットメッセージは内藤本人だ」と言います。

西山は「喧嘩してもしょうがない」と言い、内藤は空気を入れられた、その人物については本人から直接聞いてほしい、と言って電話を切ります。

やから先輩は少し内藤との話を渋りますが、最後は「ポンプを入れた」とする人の話を聞きたいがために素直に聞き入れます。

すぐに内藤が電話してきて、彼は冒頭で素直に謝罪しますが、「空気を入れた」とする人物については話すのを拒否します。

やから先輩はそもそも内藤に対してはさほど怒ってはいないため、それほどゴネることもなく、あっさり謝罪を受け入れます。

その後も内藤は色々話して、相変わらず何を言っているか要領を得ませんが、(関東連合との喧嘩話について自分のせいにした)「タイソンは許せない」といった話をしているようです。

やから先輩も「後からタイソンが内藤さんのせいにするのは無理がある」と言います。

いずれにしろ、これで内藤とやから先輩は和解が成立したことになります。

タイトルとURLをコピーしました