ワンターレンが動画で所沢のタイソン・内藤裕らを批判

アウトロー系YouTuber
この記事は約2分で読めます。

瓜田側近のワンターレンがYouTubeのライブ配信動画で、所沢のタイソン(久保広海)・内藤裕・油山真也・みくるだらを名指しで批判しました。

ワンターレンはこれまでインスタやツイッターでは盛んにタイソン・内藤らを攻撃していましたが、動画の中で本格的な攻撃をするのは初めてになります。

ワンターレンは、瓜田が自分の誠意から表に出さない約束で撮らせた土下座動画を、タイソンがすぐに約束を破って出版社に持ち込んでいたことなどを批判します。

さらにタイソンを「豚」と呼ぶなど、時に言葉を選びつつも、動画としてはいつになく強い調子でタイソンらを攻撃。

内藤についても、言っていることがコロコロ変わって論旨が一貫しない、タイソンを連れて自分のジムに来てほしい、自分はどんなルールでも相手になる、などと話します。

タイソンが木村孔次朗の首の骨を折ったという話も、「K・Kさん」と木村の名前こそ伏せているものの、あらためて本人が「フカシ」と否定したことを話します。

そして「(タイソンは)自分から仕掛けたんだから、自分で責任取らないと永久に終わらないから」と。

また油山、みくるだについても、同じく批判しています。

最後に、「裏で糸を引いてる変なジジイ、そいつもタイマン張れんだったら来いよ」と、おそらくホーミーKEIを指していると思える言葉も。

タイトルとURLをコピーしました