汪楠(わんなん)がYouTubeチャンネル開設【ほんにかえるプロジェクト】

アウトロー系YouTuber
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

怒羅権初代総長の佐々木によって「偽物の怒羅権」とされている汪楠(わんなん)がYouTubeチャンネルを開設しました。

ただしチャンネルは汪楠が行っている獄中生活支援のプロジェクト「ほんにかえるプロジェクト」を前面に出したものです。

チャンネル登録日は「2021/04/21」となっており、現在の動画投稿数は3つ、すべて「2021/05/15」付けとなっています。下は初投稿の動画です。

ちなみに現在のチャンネル登録者数は46人です。

汪楠のプロフィールではやはり「怒羅権」の文言は含まれており、自身の書籍『怒羅権と私』についてもふれられています。

■ 「ほんにかえるプロジェクト」発起人・汪楠(ワンナン)について
1972年中国生まれ。エリート家系に生まれるも文化大革命の影響を受け、少年時代に犯罪集団の襲撃を受けるなどして育つ。14歳の誕生日に日本に渡り、以後、日本での生活を送ることになる。残留孤児2世に対する激しいいじめに抵抗するために自然発生的に集団化していった怒羅権の創設期のメンバー。後に暴力団に属し、2000年に詐欺罪などによって逮捕。13年の実刑判決を受け、岐阜刑務所で服役生活を送る。2014年に出所。犯罪の世界には戻らないことを心に決めて、2015年には全国の受刑者に希望の本を差し入れする「ほんにかえるプロジェクト」を立ち上げる。「NHKスペシャル」や「ザ・ノンフィクション」などにも取上げられ、初の著書『怒羅権と私 創世期メンバーの怒りと悲しみの半生』(2021年1月上梓)が話題に

引用:YouTubeチャンネル『ほんにかえるプロジェクト』概要

汪楠のYouTubeチャンネルと「ほんにかえるプロジェクト」のホームページは下記です。

(記事おわり)

タイトルとURLをコピーしました