汪楠(ワンナン)が釈放される|タイソンチャンネルで詳細を説明

スポンサーリンク
アウトロー系ニュース
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

汪楠(ワンナン)が釈放されたそうで、『タイソンチャンネル』で何があったか、経緯を語っています。

スポンサーリンク

汪楠(ワンナン)が釈放される

汪楠(ワンナン)は逮捕の経緯について次のように説明しています。

  1. 地元の建設業の社長と一緒に飲んでいたところ、マスターが店に来ていた女性について「こちらの女性も店をしている。行ってあげて下さい」と紹介された。
  2. そこで2~3軒飲んだ後にその女性の店に4人くらいで行った。
  3. 自分たちは自分たちで盛り上がっていたが、一緒に来ていた男性の一人がママのところに行き、「カスリ(みかじめ料)は誰が取ってる?」という話をしていたらしい。しかし音楽がうるさく、自分には聞こえなかった。
  4. たまたま来ていた隣の店のボーイが「自分のところも1万円払っている」と言ったらしく、それをママは「お前も払え」と言われたように感じた。
  5. 自分はそれ以降、ママさんの店に行っていないし、一度も連絡を取っていない。
  6. 脅迫されたと感じた女性は警察に相談をした。
  7. 自分の家に家宅捜索が入った。その時、自分は静岡の工事現場で働いていた。
  8. 妻から連絡が入ったが自分は大事と思わず、「後で行きます」と答えた。警察に言われた店の名前も覚えていなかった。
  9. ところが、警察では「汪楠を含む5人で被害者を囲んだ」という話になっていた。
  10. 大した事件ではないが社会的に汪楠が「元怒羅権」と認知されていたため、千葉県警は話を大きくしてしまった。
  11. 警察は自分について近所に聞き込みしたが、悪い評判は全くなかった。
  12. しかし警察に勧められて示談する上で、その場にいた5人全員の捺印が必要だったために手間取って時間がかかってしまった。
  13. 最終的には、示談にしようとしたが被害者は「要りません」と断った。
  14. それでも汪楠サイドは、「怖い思いをさせた」ということに関しては謝罪し、今後、店には行かないという約束をした。

汪楠(ワンナン)が釈放されたのは、この撮影の前日だといいます。

これは前編で、また後編が公開されるそうです。

タイトルとURLをコピーしました