瓜田純士がTOCANA番組の「刺された人」特集に登場【Amazonプライムビデオ等で視聴可能】

アウトロー系ニュース
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

瓜田純士がTOCANAの企画番組「『ほんトカナ!?』ケンドーコバヤシの絶対観ないほうがいいテレビ」に出演しました。

瓜田純士が「ほんトカナ?」に登場

瓜田出演の回は公開されたばかりのシーズン1の第12回「 YOUはなんで刺されたの?」です。

瓜田は「元アウトローのカリスマ・作家」として登場します。

ゲストは4人で、瓜田を除く3人は以下の通り。

  1. 元カノに刺されたオカルトコレクター
  2. 鍵屋の仕事の最中に酔客に刺された元自衛官コスプレイヤー
  3. 太客に刺された歌舞伎町のホスト・痛みに負け琉月(るな)

3人目の「痛みに負けルナ」は、刺した犯人の女性が下半身にズボンを履いていない状態で、タバコを吸いながら電話をする姿がSNSで拡散され有名になった人です。

瓜田の刺された話はやはり千葉の刺傷事件

4人目のトリとして瓜田が登場します。

冒頭でケンコバは、「刺される方じゃなくて刺す方の人ですよね?」と問い、瓜田は「刺される方もあります」と返して笑いを取ります。

そしてもちろん、瓜田の話のメインは千葉で内藤裕と刺された刃傷沙汰についてでした。

ただし、瓜田の話の細部は内藤が話していた内容とは違う部分もあるようです。

瓜田の話では、やはり「兄貴筋の人」として名前が伏せられるものの、内藤が登場します。

刃傷沙汰の話なので基本的には不穏かつ物騒な内容なのですが、話の途中で出る、瓜田が言うところの「けっこう純粋な」内藤の対応には思わず吹き出してしまいます。

終盤では瓜田はケンコバの質問に答え、「肩肘はらずに済むから表の世界で生きた方がいい」と、真面目な話もしていました。

最後に

既述の通り、瓜田の登場回はシーズン1の最終話である第12回です。

「ほんトカナ?」はAmazonプライムビデオ(月額500円)やネットフリックス(月額1,980円)で見ることができます。

↓以下のボタンからAmazonプライムビデオでの番組詳細を確認できます↓

タイトルとURLをコピーしました