瓜田純士の父・遠藤吉寿がYouTubeに初登場【正統版怒羅権】

アウトロー系ニュース
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

怒羅権初代総長の佐々木秀夫のチャンネルに、瓜田純士の父でブラックエンペラー2代目総長の遠藤吉寿が登場しました。

スポンサーリンク

瓜田純士の父・遠藤吉寿がYouTubeに初登場

佐々木と遠藤は互いに知っている人間が複数いることもあり、最終的に天才天界を通じて会ったそうです。

遠藤は天才天界を「ヒロキ」と呼んでいます。(天才天界=「ヒロキ」はブラックエンペラーの公式サイトの運営者で、YouTubeもしています)

遠藤は瓜田純士について「親父としてどうしようもない親父だった」と言います。

佐々木マネージャーは「瓜田さんにとっても誇るべき親父だったと思う」と言いますが、遠藤は否定しています。

さらに佐々木マネは、「昔、瓜田さんの家でビデオを見せられ、『これ親父なんだ』と言われました」と思い出を語ります。

遠藤は佐々木マネージャーを気に入ったようで、かなり褒めています。

佐々木マネは「実は以前、酉の市(歌舞伎町・花園の祭り)で遠藤さんと奥さんと娘さんと一緒に2度ほど飲ませてもらいました」と。

瓜田純士と遠藤吉寿

瓜田純士の処女作の『ドブネズミのバラード』には、瓜田が舎弟と出向き、父親(遠藤吉寿)を撃ち殺そうとしたものの、懐に銃を閉まっていることを見抜かれて断念するというシーンがあります。

瓜田は今では父への憎しみは捨てたようですが、今でも父に強い思いを抱いています。

以前、瓜田は父に出演を期待するようなツイートをしていました。

一度YouTubeに顔出しした以上、『瓜田夫婦』も出演依頼するのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました