瓜田純士と遠藤吉寿の親子対談|瓜田は終始敬語で話す、遠藤は与国秀行に好感

アウトロー系YouTuber
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

予告されていた瓜田純士と父の遠藤吉寿(瓜田吉寿)による親子対談が実現、『瓜田夫婦』で公開されました。

スポンサーリンク

瓜田純士と遠藤吉寿の親子対談

お喋りな瓜田の対談にしては珍しく、会話の7~8割が父の遠藤吉寿(えんどうよしはる)によるものです。

瓜田は終始遠藤に対して敬語で話しており、畏まっているようにも見えますが、時折自然な笑顔もこぼれます。

遠藤はアウトロー系ユーチューバーの揉め事を見苦しく思っているようで、「万一死人が出て規制が入れば一発で終わる。教育や政治の知識など、人の役に立つことを発信してほしい」と言います。

瓜田も「教育系の方がYouTubeに優遇されて広告単価も高い」と。

遠藤はあまり瓜田のチャンネルを見ていないらしく、アウトローユーチューバーの揉め事のイメージから瓜田のチャンネル『瓜田夫婦』をひとくくりに扱っているようです。

そのことを瓜田が「俺のチャンネルはお笑い路線でやっててそういうのとは違います。見てないじゃないですか」と注意する場面も。

(11:15頃~)意外にも遠藤は「谷山」(現:与国秀行。幸福の科学会員)がお気に入りのようで、「よく研究して根拠を示している」「会う機会があったら会いたい」という言葉も出ます。

(16:50頃~)怒羅権佐々木マネージャーの話が出ます。瓜田は「良くも悪くも嘘がつけない人だ」と。

(18:10頃~)西山の話題が出ます。瓜田や麗子夫人が「色々荒らしてるようでみんながファンになっていく」と言います。

今回の動画はどういう対談をするか、打ち合わせのようなものだったらしく、そこで強引にカメラを回したものだったそうです。ただもう一度対談があるかどうかは未定です。

「元アウトローのカリスマ」

動画は、内容もさることながらタイトル「【伝説】最初で最後 一夜限りの親子対談BLACK卍EMPEROR✖元アウトローのカリスマ【親子対談】」の、「アウトローのカリスマ」という言葉が興味深いところです。

タイトルとURLをコピーしました