瓜田純士『アンサー』プロローグと目次【Amazonで本日11月19日に先行発売】

アウトロー関連本・雑誌
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

今日11月19日に瓜田純士の新刊『アンサー』がAmazonで先行発売されました。

Amazonで販売ページができた当初は表紙デザインすら分からなかった『アンサー』でしたが、いつの間にかプロローグと目次まで掲載されているようです。

Amazonの販売ページに掲載されているのは以下の通り。

■プロローグより
同年代の大半が社会に出て、家庭を築き、良きパパになっていく年齢で俺は、「○○がパクられた」「あいつはまだ懲役だ」といった話を平気でしていた。
そんな俺が、最愛の妻である麗子と出会うことで、少しずつ常識を身に付けていった。
自分の間違いに気付くたびに、1つ1つ修正していく。心身を鍛えながら、自分のいた世界の「垢」を落としていった。迷いがあれば、麗子になんでも打ち明けた。気付いたらいつも胸を張っていて、何かに恐れることもなくなっていた。
最近じゃ、俺が元ヤクザであることを忘れている人もいる。
どうやって瓜田純士は、この「変化」を手に入れたのか。
この数年で何があったのか?
そんなことが、本書にはひたすら綴られている。
(瓜田純士/『アンサー』プロローグより抜粋)

■目次

第1章「衝突」
歌舞伎町時代/アウトサイダー/blogで関東連合と揉めごとに発展/YouTubeアウトロー抗争勃発

第2章「カネ」
金に臆病だ/ブレスレットを取られた/金の稼ぎ方がわからない/付き人やかばん持ち時代/金は最低限必要だ

第3章「家族」
親父のこと/お袋と兄貴/麗子と子どもたち

第4章「麗子」
価値観と倫理観/人を見る目/他人との距離/歌舞伎町出入り禁止/酒への逃亡/パニック発作(障害)

第5章「改造」
アル中とニコチン依存からの脱却/ウェイトトレーニングを始める/身の危険を感じさせる出来事/電子タバコを捨てる/瓜田に勝ったら10万円/ポジティブシンキング

第6章「YouTube」
『瓜田夫婦』の誕生/元祖「ぼったくりバーに凸してみた」は俺だ/プロファイリング/朝倉未来とのコラボ/「そのとき」に備える/新たな仲間たちと…

書き下ろし「月灯りに照らされて」

見て分かる通り、第1章では元アウトローとしての自分の来歴を、第3章では家族について語っている模様です。

家族については、最近YouTubeで共演して話題になった父親の遠藤吉寿の他、滅多に触れられることのない(瓜田純士と異なり真面目な人間だという)兄について書いているというのも興味深いところです。

また第5章のアルコール依存やニコチン依存のことなども、同じことで苦しんでいる人には是非読んでみたいところでしょう。

アンサー
サイゾー
¥1,540(2021/11/19 17:16時点)
タイトルとURLをコピーしました