瓜田純士『アンサー』を読んだ250番・あろちゃんねる・瓜田母の感想

アウトロー関連本・雑誌
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

瓜田純士の新刊『アンサー』を読んだ関係者が思い思いの感想を述べています。

この記事ではTwitter、note等での関係者の感想をまとめました。

あろちゃんねる・たろうの感想

あろちゃんねるのたろうは「誰の批判も悪口もなかった」「名作です」と。

250番の感想

250番も「アウトロー本特有のドロドロしたものがない」と似た印象を語っています。

動画でも感想を話しています。

瓜田母の感想

瓜田純士の母(瓜田やすこ)はnoteで感想を書いています。

瓜田母もやはり「アウトロー本とは違う」と述べます。
また「読んでいるうちにただただ泣けてきた」とも。

しかし瓜田母が元夫の遠藤吉寿(瓜田純士の父)のことを、「出たがりの老害YouTuberを目指している」と書いているのには、キツ過ぎて思わず吹き出してしまいます。

そういえば瓜田純士も『アンサー』で母のSNS発信のことを書いていました。

瓜田母はツイッターをしていたのを真面目な瓜田兄に怒られて一時は止めていたそうです。

瓜田は母について「何か発信したくなる性分なのだろう」と。

アンサー
サイゾー
¥1,540(2021/11/19 17:16時点)
タイトルとURLをコピーしました