宇野昌磨の四大陸フィギュア2019男子フリー【フル動画】世界新記録

日本時間の2月10日に行われた「四大陸フィギュア2019」で、足首のケガを抱えながら見事なパフォーマンスを見せて優勝した宇野昌磨のフリーの演技が話題になっている。

特に海外のファンのツイッターは、宇野への称賛の声で溢れかえったという。

海外ファンの声、また「魂の4分間」とも言われる宇野のフリー演技の動画を調べてみた。

四大陸フィギュア2019男子フリー・宇野の演技

宇野昌磨はここ2年ほどの間、常に大きな大会では2位どまりで銀メダルばかり取ることから、「シルバーコレクター」というありがたくないあだ名を頂戴していた。

しかもこの大会では右の足首にケガを抱えており、ベストのコンディションではないことが演技の前から広く知られて不安視されていた。

ところが蓋を開けてみると、宇野はベートーベンの「月光」に乗せて、冒頭の4回転フリップ、4回転トーループを決め、さらには4回転ジャンプを3本を全て成功させるなど、ほぼ完璧な演技を見せた。

終わった後には膝から崩れ落ち、約10秒ほど立ち上がれなかったほど全てを出し尽くした圧巻の演技だった。

これには米国の名物記者であるジャッキー・ウォンも自身のツイッターで「なんという戦士だ、この男は」と感嘆の声を上げるほどだった。

そして宇野は、この演技でフリー世界最高となる197.36点をマーク、自己ベストの合計289.12点で優勝した。

海外ファンの称賛の声

スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト「THE ANSWER」によれば、宇野の魂のこもった演技には海外ファンのツイッターで、このような称賛の声があふれたという。

「ショウマ・ウノこそ、私がスケートを愛する理由」
「一体何者? 足首を怪我していて、フリーの世界記録を破るなんて」
「ハートを盗まれてしまった」
「私はショウマ・ウノ教に入信しました」
「足首を故障しながら、世界新記録なんて」
「ショウマ・ウノという小さな戦士に対する激しい愛と憧れを表現する言葉が見つかりません」
「必要なら私の足首をあげたいです」
「ショウマ・ウノはこれまでも、これからも落胆させることはない」
「ワオ、何てパフォーマンスなんだ」
「ショウマ・ウノのスケートはアメージングだ」
「言葉を失ってしまった」
「ショウマ・ウノを一言で表現するなら…ワオ!」

引用:THE ANSWER

宇野昌磨「魂の4分間」動画

そしてそれが宇野昌磨の演技の動画である。

【フジテレビ公式】四大陸フィギュア2019<宇野昌磨選手・男子フリー>ノーカット配信

フォローする