柳川竜二のホーミーケイ批判の背後には朝堂院大覚がいるか

アウトロー周辺の話題

瓜田純士とホーミーケイが揉めている中、少年ヤクザの金政会を率いた元ヤクザ・柳川竜二が登場して自分のYouTubeチャンネル内でホーミーケイを攻撃し始めたことで注目を集めました。

柳川と瓜田に以前から繋がりがあったことから、これはまるで柳川が瓜田を助けるために介入したかのようにも見えます。

ただ実情は必ずしもそうではない(少なくともそれだけではない)ようです。

というのも、この柳川竜二のホーミーケイ批判の背後にはフィクサーとして知られる朝堂院大覚がいるようだからです。

これについてまとめました。

スポンサーリンク

柳川竜二のホーミーケイ批判の背後には朝堂院大覚がいるか

柳川竜二の一言

柳川竜二はこちらの動画で、自分のホーミーケイ批判の始まりは朝堂院大覚の指示によったことを窺わせる一言をこぼします。

井上ケイ、チカーノK、小峰圭介。義(よし)❗❗山下誠。

これはホーミーケイの旧友である義(よし)について、「あれは金政会の若い衆で、かつての舎弟じゃないんですか」と言われたことを、「そんなやつは知らない。繋がりがあったとしても舎弟の舎弟だろ」と説明するのが主な内容の動画です。

この動画の中でこんなことを言っています(00:28~)。

去年(2020年)の8月1日、朝堂院大覚に「フェイク(井上ケイ・ホーミーケイ)を柳川、叩け」と言われたといいます。

したがって柳川竜二のホーミーケイ批判の背後には、朝堂院大覚がいたということが分かります。

朝堂院大覚のホーミーケイ叩き

ではなぜ朝堂院大覚がホーミーケイを叩き出したかというと、これはちょっとよく分からないところです。

しかしかつての朝堂院大覚のYouTubeチャンネルには、既にBAN(アカウント停止)されて見れないものの、次のようなものがあったそうです。(動画はすべて見れません)

チカーノkei「竹の子族ハッタリを暴く!」1980年代当時に原宿「竹の子族」をケツ持ち支配していた組織の柳川竜二氏と弟が登場しHOMIE KEIこと井上ケイ氏の動画に抗議するが・・その真相とは?
https://youtu.be/c76SWau0JlE

女1000人斬り!柳川竜二氏が語るヤクザと女の世界【実践実学大学】
https://youtu.be/VwCvedvGtVw

チカーノKei氏にモノ申す!原宿「竹の子族」ケツモチ石田氏が当時の状況詳しく話す!【実践実学大学】
https://youtu.be/71K9b5mF7TY

FBIに仲間を売ったのは「井上ケイ」こと「小峰圭介」氏だった。裁判の当事者であり当時の上司筋の「吉村光男」会長の本人の証言!「連邦刑務所から生還した男 FBI囮捜査とヤクザ」山平重樹(著) より
https://youtu.be/VRaXO9zt01Y

FBIに司法取引に協力した井上ケイこと小峰圭介氏について。朝堂院大覚【実践実学大学】
https://youtu.be/vX3rSmhFogo

引用:【血迷う信者】チカーノけい 24【苦しい擁護】

一番下を見ると、「小峰某」(ホーミーケイ)によってFBIに売られたとする吉村光男について書いた、山平重樹の本の記述も利用しながらホーミーケイを叩いているのが分かります。

さらに朝堂院大覚のBANされたYouTubeチャンネル『実践実学大学』のFacebookページにも、上記の引用部一番上の動画が、次のように挙げられているのが確認できます。

チカーノKEIの嘘を暴く!1980年代「竹の子族」をケツモチ支配していた●●氏が登場!井上ケイ氏に公開抗議!【実践実学大学】
【実践実学大学】
#チカーノ
#チカーノKEI
#HOMIE KEI~チカーノ
#井上ケイ
#HOMIE KEI
#チカーノkei
#柳川竜二
https://youtu.be/c76SWau0JlE

実践実学大学さんの投稿 2020年8月2日日曜日

2つのYouTubeチャンネルはBANされたものの、現在でも朝堂院大覚のYouTubeチャンネルは存在します。

政府倒産件数発表のデタラメ

ただこの中では現在はホーミーケイ批判をしてはいないようです。

朝堂院大覚がホーミーケイを叩く理由

先述のように、朝堂院大覚がなぜホーミーケイを叩くか、その理由は今のところ分かりません。

ただ朝堂院大覚本人の言による限り、彼は何かしら世の中を良くしようという意図をもって働いているといいます。

だから今回の件も純粋な正義感によるものか、それとも本人の建前とは別の深い事情があるのか、という2通りの可能性があるでしょう。

とりあえず、柳川竜二のホーミーケイ批判の背後に朝堂院大覚がいるということは抑えておかなければならないと思い、記事化しました。

(記事おわり)

タイトルとURLをコピーしました