【箱根駅伝】東海大学の両角速(もろずみはやし)監督の経歴と有能さ

2019年の箱根駅伝では見事、東海大学が総合優勝を果たしました。

そこでこの優勝チームである東海大学監督の両角速(もろずみはやし)監督について調べてみました。

東海大学監督の両角速監督の経歴

両角速監督の現役時代

両角速監督は1966年7月5日生まれです。出身は長野県茅野市です。

両角監督ももちろん最初から監督だったわけではなく、現役のマラソン選手だった時代がありました。

幼い頃からスポーツが得意で体育教師になるという夢を持っていた両角監督は、中学から陸上部に入り、進学した東海大高校ではインターハイに出場しています。

高校卒業後は、東海大学体育学部へ進学、新居利広監督のもとで4年連続で箱根を走ることができました。

大学卒業後はマラソンでのオリンピック出場を目標として、日産、次にダイエーの実業団に所属して陸上競技を継続しました。

両角速監督の佐久長聖監督時代

両角監督の名前を一躍高めたのは、長野県にある佐久長聖(さくちょうせい)高校の駅伝監督時代に築いた実績です。ここで両角監督は、ほとんどドラマや映画のような信じがたい話をいくつか残しています。

1995年の監督就任時28歳だった両角監督に、学校長は「5年以内に都大路(全国高等学校駅伝大会)に出場してくれ」と無茶な注文を出しましたが、監督は3年後の1998年にこれを実現させ、なおかつ2010年までには13回連続出場と12回入賞という好成績を残しました。

さらには創部14年目には全国優勝まで成し遂げています。

当初、佐久長聖高校には専用グラウンドもなく、部員が2名しかいないという地獄の状況でしたが、両角監督は1周600mのクロスカントリーコースを自分で作ってしまい、またスカウト活動に力を入れて佐藤清治、佐藤悠基、大迫傑といった一流選手を育成しました。

特に部員不足については、自分が大会に出て広告塔になることで部員募集をするという荒業まで繰り出したといいます。

結局、両角監督は、ほとんど実績のなかった佐久長聖高校を長距離陸上競技の名門校として育て上げました。

東海大学の監督として

両角監督ははじめ、東海大の監督就任を頼まれた時、長野から離れたくなかったために気が進まなかったそうですが、東海大のOBとしての責任感もあってこれを引き受けます。

ところが就任2年目に箱根駅伝の予選で敗れ、40年連続で出場していた記録を途切れさせてしまいました。

そのことでネットを中心に「無能」と叩く声もありましたが、今回の箱根駅伝2019での総合優勝、また佐久長聖高校を長距離の名門校にしたことを考えれば、むしろ有能な指導者といえます。

私の憶測にすぎませんが、おそらく、組織をいったん自分の流儀でゼロベースから立て直したために、それについていけなかった選手との空気感の齟齬によって、予選敗退という極端に悪い結果が生じたのではないでしょうか。

箱根駅伝2019の総合優勝

そしてこのたび悲願の初優勝を飾った両角監督ですが、胴上げされて、「信じられないような心境だけど、嬉しい。ホントに気持ちいい。最高」と語っています。

しかし慢心はしていないようで、「まだ努力しなければいけないことはたくさんある」とも。

また来期の箱根駅伝2020は「黄金世代」とされる現3年生が多く残りますが、本当の正念場は彼らがゴッソリいなくなる再来年に訪れそうです。

両角監督の指導法・哲学

両角監督は「人間力の成長なしに、競技力の成長なし」という意識で指導しているそうです。

そのために生活面では全寮制で規則正しい生活を求め、佐久長聖高の駅伝部の寮には「生活・練習・大会」と、「生活」という言葉が先頭に来る標語の張り紙が貼られているほど。

中でも掃除には厳しく、佐久長聖高時代には監督自らが見回って寮の整理整頓を点検しました。

生徒の帰省前の点検では、窓のサッシを指でこすり、ホコリがついていないか見るほど厳しいので、なかなかOKが出ず帰省できない選手もいたそうです。

東海大学の両角速監督まとめ

  • 両角監督は佐久長聖高校を長距離の名門校に育て上げた。
  • 東海大OBとして監督に就任して、2年目で箱根駅伝の予選に敗退しバッシングされるが、今回見事総合優勝を果たす。
  • 指導法・哲学としては人間力を重視し、「人間力の成長なしに、競技力の成長なし」をモットーとしている。

以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

フォローする