【動画】栃ノ心と朝乃山戦は誤審なのか?決定的瞬間や蛇の目とは?

5月24日に国技館で行われた大相撲夏場所・13日目の栃ノ心と朝乃山戦は、およそ6分にも及ぶ長い審議の末に朝乃山に軍配が上がりました。

これには多くの苦情の電話が殺到したといいます。

審判の親方たちはなぜこのような判定を下した?

この栃ノ心と朝乃山戦は誤審にあたるのか?

この一戦の動画や、栃ノ心の足が一瞬だけつく決定的瞬間の動画がある?

こういったことをまとめてみました。

審判の親方たちは?

この審判が大きな物議をかもしたのは、栃ノ心の大関返り咲きがかかった10勝目がかかっていたからです。しかし残念ながら、栃ノ心はこの判定で悔し涙を呑むこととなりました。

このニュースの記事を詳しく見て、審判の親方衆がなぜこのような判定を下したのか調べてみましょう。

大相撲夏場所・13日目」(24日、両国国技館)

平幕朝乃山が関脇栃ノ心を寄り切って自己最多タイの11勝目を挙げた。物言いが付き、6分余りに及ぶ異例審議の末、行司軍配差し違えの“逆転劇勝”。横綱鶴竜が敗れて3敗に後退し、再び単独トップに立った。1場所で大関返り咲きとなる10勝目を“判定負け”で逃した栃ノ心は悔し涙を流した

繰り返し流れた映像では栃ノ心の右かかとは土俵外で浮いているように見えた。取組後、日本相撲協会には抗議の電話が殺到。「じゃんじゃん来てます。鳴りやまない」と職員は対応に追われた。

軍配は栃ノ心。土俵際ですくい投げからの突き落としを狙った栃ノ心の右かかとが先に俵を出たか、朝乃山が先に落ちたかが焦点となった。5人の審判員の意見は割れ、土俵上で6分余りも激論を交わした。砂が舞ったとしてもビデオでも分からないほど微細。勝負審判の湊親方(元幕内湊富士)は「ビデオ室は足がついていないような話をしていた」と明かし、ビデオ室は軍配通りを“支持”したという。ただ最終的に決めるのは審判員の目だ。

最後は最も近くで直視し、物言いを付けた勝負審判の放駒親方元関脇玉乃島)の意見でまとまった。同親方は「かかとが砂を連れてきたように見えた」と自身の目を信じた。

勝負審判長の阿武松審判部長は「ビデオ室(の判断)は審判の上にいかない。ビデオ室は迷っている声。断定はできないと。かかとが出ていると私は判断した」と説明。湊親方は「ビデオでは蛇の目とかかとの隙間は見えない。目の前が正しい。放駒親方の目を重視した」。相撲史に残る難解な判定となった。

引用:相撲協会に抗議電話殺到 湊親方「目の前が正しい」物言い付けた放駒親方の目を重視

これを読むと、ビデオ室の判定は軍配の栃ノ心の勝ちを支持したが、確信までは持てなかった。物言いをつけたのは放駒親方(元関脇玉乃島)で、審判5人で激論が交わされましたが、最終的にもっとも近い場所で目視した放駒親方(元関脇玉乃島)の目を信用することになった

その勝負審判の放駒親方は、「かかとが砂を連れてきたように見えた」と言っており、同じく勝負審判の湊親方(元幕内湊富士)は、ビデオ室の判定を退ける上で「ビデオでは蛇の目とかかとの隙間は見えない」として、最終的に「目の前(で見た放駒親方の判断)が正しい。放駒親方の目を重視した」としています。

ここで相撲に詳しい人でなければ分からないであろう「蛇の目」という言葉が出ます。

蛇の目とは?

「蛇の目」とは、「相撲で土俵の外側に 20cmほどの幅で砂を敷いた部分」だといいます。

分かりやすい写真・画像がありました。


出典:土俵の蛇の目の砂について

土俵外に見える茶色い砂の部分が「蛇の目」ですね。

そして勝負審判の放駒親方の「(栃ノ心の)かかとが砂を連れてきたように見えた」というのは、栃ノ心のかかとが一瞬「蛇の目」に着くことで「蛇の目」の砂が栃ノ心のかかとに付くのが見えた、と言っているわけです。

栃ノ心と朝乃山戦の【動画】

こちらが二人の取り組みの動画です。

【誤審か?真相は…】疑惑の判定 朝乃山 ー 栃ノ心

たしかにパッと見たところ普通に際どいところで栃ノ心が勝利した取り組みにしか見えませんね。しかし1分35秒ごろにスローモーション映像では、かなり足が際どい位置にあるようにも見えます。

下は中継のもっと手前からの長い動画です。

[大相撲2019夏 13日目] 栃ノ心 対 朝乃山

栃ノ心の足がつく決定的瞬間の動画?

しかし、栃ノ心の足がわずかについているというたった5秒の動画があります。

これを見てみると…

【重要シーン】栃ノ心、ほんの一瞬踵がつく 朝乃山 ー 栃ノ心

たしかに、0,5秒にも満たない一瞬ですが、ついているように見えますね。

やはり放駒親方の目が正しかったということなのではないでしょうか。

最後に

色んな感想があるでしょうが、個人的には、こんな一瞬も見逃さずに判定を下せるとは、さすがに元力士・親方衆の目は違うな、という感想を持ちました。

放駒親方の「かかとが砂を連れてきたように見えた」とか、湊親方の「ビデオでは蛇の目とかかとの隙間は見えない。目の前が正しい」という言葉には、現役時代に鍛えた自分たちの目に対する絶対的に自信・信頼を感じてしびれました。

まあそれでも、「ここまで微妙なら取り直しでも良かったんじゃ?」という声は分からなくはないですかね。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

フォローする