トルコ国営放送でのアドレノクロム解説の内容とは?サンドラ・ブロック出演番組動画も

アドレノクロム

以前トルコの国営放送でアドレノクロムについて放送されたということが話題になりました。

これには有名女優のサンドラ・ブロックがアドレノクロムらしきものについて語るシーンが映されます。

現在YouTubeでは該当の動画が上がっていますが、過去、この動画は削除されたことがあるので、(該当動画も貼り付けた上で)ここでは保存版としてどのような内容だったか文字起こし、スクショなどで残しておきたいと思います。

スポンサーリンク

トルコ国営放送でのアドレノクロム解説の内容とは?サンドラ・ブロック出演番組動画も

トルコ国営放送でのアドレノクロム解説動画

こちらがトルコ国営放送でのアドレノクロム解説動画として話題になったものです。

サンドラ・ブロック出演番組の動画

こちらは英語版のサンドラ・ブロックの語り部分のみの動画です。

SANDRA BULLOCK CİLDİNİN GENÇ GÖRÜNMESİNİN SIRRINI AÇIKLADI ADRENOCHROME

国営放送ではないらしい

いちおう公平に書き記しておくと、一般には「トルコの国営放送」とされていますが、実際には画面右下に表示されているように「TGRT HABER」という放送局で、これは国営ではないそうです。

TGRT Haberは、トルコの全国的なテレビチャンネルです。2004年10月29日、29hlas Holdingによって設立されました。

引用:TGRT Haber(Wikipedia)

トルコ国営放送でのアドレノクロム解説の内容とは?

ここからスクショ画像を交えながら、字幕・もしくは通訳者の音声を文字起こしします。ちなみにスクショの画像がボケているのはもともとの動画からで、意図的なものかは不明ですが、意図的だとすればおそらく削除対策かと思われます(完璧な動画を挙げると著作権等にふれるためか)。

――番組始まる――

MC「今日のニュースは皆さんにショックを与えます。私も最初、それを読んだときに大変なショックでした。私はそのことを聞いたことがなかったです。皆様もきっと初めて耳にするでしょう」

「サンドラ・ボロック(ブロック)の記事を準備しないといけませんでした。今から何年も前に放映された世界的に大人気となったエレン・デジュネレスのアメリカのテレビ番組のサンドラ・ボロックとのトークショーをお見せします。彼女はスピードという映画に出ています」

「そのショーで、エレンはサンドラに聞きます。『なぜあなたはそんなにお若く、エレガントなのですか?おいくつですか?』『50歳くらい』」

「彼女の答えをよく聞いてください。それは40秒くらいかかります」

――サンドラ・ブロック出演番組が流される――

サンドラ・ブロック「極小の針を入れます。ほとんどの方はご存じないと思いますが、皮膚から針を入れてコラーゲンに入れます。1日だけ火傷の被害者みたいに見えますけど・・」

エレン・デジュネレス「何を皮膚に入れているのですか?サンドラ」

――ここでサンドラ・ブロック思わず笑う――

サンドラ・ブロック「エクステシアンが自由にその人にとって良いと思うものを入れるでしょう。それはある皮膚からの抽出物ですが、遠くから手に入れました。とても遠くにいる人からの抽出した皮膚から作ります。とても若い人です。なぜか抽出のやり方を知っているのです。」

エレン・デジュネレス「韓国の赤ちゃんの皮膚から取るのよ。」

英語力のある方のブログによれば、『皮膚』としているのは実際には『foreskin(包皮)』だそうで、ゆるい下ネタみたいな感じのものだといいます。また『韓国の』というのは、おそらく欧米ではそのようなエスニック・ジョークが通じる土壌があるのでしょう。実際の番組動画ではここで機械で入れたらしき爆笑音が流れます。(当記事内『サンドラ・ブロック出演番組の動画』を参照)

MC「彼らは話しましたね!まるで、大したことではない様に。」

「それでエレンは口を挟みます。皮膚を注射して自分の顔の皮膚に入れるのだと。韓国の子供のおかげで、それで若いです。なんてことでしょう。」

「聞いたことないですか?彼らは私たちの目を見て、嘘をついています。私たちはじっくりとこの問題を調査しました。」

MC「これを見て、彼らが人類に対してしていることを恥ずかしく思いました。皆様、その名前をお知らせします。アドレノクロームです。それは何でしょうか?」

「子供がストレスや恐れ、苦しみという、特別な状況に置かれると自分に抵抗力を与えるために分泌されるホルモンで、アドレナリンに由来します。」

「一見なんでもないようですが、子供は過度なストレスや不安な状態にされ、抽出されます。1回の処方が10万円です。いろいろな著名人にそれを売ります。それが何が悪いの?と思うかもしれませんが、これを抽出するために子供たちは虐待され、苦痛や恐怖にさらされ、このホルモンを出すのです。それを忘れないでください。」

「皆様、『アドレノクローム』です。これは人から抽出される自然のものです。」

「1939年に極秘で発見されました。しかし、60%も若返らることのできるホルモンです。お金持ちや有名人にそれを注射しています。」

「ジョニー・デップです。よく見て下さい。39歳と51歳。彼は歳をとらないですよね!この有名なモデルさんは30歳と41歳。年を取らないですね。身体の管理をしっかりしているのでしょうね。」

「世界でもっともハンサムな男、ブラッド・ピット42歳と51歳の時。年を取らないですね。トム・クルーズ、メリル・ストリープ、みんなそうです。私が思うには、全員アドレノクロムを使っているのでしょう。」

陰謀論界隈ではジョニー・デップのアドレノクロム使用の証拠とされる(使用時と使用中止時の)顔写真はよく出回っています。

ジョニー・デップのアドレノクロム使用の証拠とされている写真

一方でブラッド・ピットについては(DVなど悪い噂もあるものの)、ハリウッドの小児性愛告発に賛同、イルミナティと関わりの深いとされる元妻・アンジェリーナ・ジョリー(関連記事)の子供に関する扱いで対立するなど、仮にアドレノクロムが実在するとしても彼自身は無関係である可能性が高いように思えます。

 

MC「有名人が使っているのかどうやって分かるのでしょうか?それは、目を見て下さい。アドレノクロームを使うと目の周りがこんな風になります。著名人が時々こんな顔になっているのがネットで流れたりしますけど。」

MC「ジョージ・ブッシュ。元外務大臣。イギリスのフィリップ王子。法王でさえ使っているんですよ。時々摂取しているのでしょう。目の周りがこんな風になります。注射の副作用です。」

アドレノクロムについては情報が錯そうしていますが、筆者が独自に情報を整理したところ、アドレノクロムの副作用は「一時的に片目の下にアザができる」、一方で使用中止の症状としては「両目の周辺にクマ(アザ)ができる」また「一挙に老け込む」だと考えられます。(当ブログ記事:【動画】アドレノクロムの効果とは?副作用は目のあざ?【画像】

「こちらの写真を見て下さい。子供は虐待され恐怖に落ちて死ぬ直前にその子から血を取るんです。それを薬にするのです。」

「世界で行方不明になる子供の数を御存知ですか?毎日2500人も行方不明になるのです!!2500ですよ!!」

「ほとんどの子供が途上国からです。組織が子供たちを拷問して死ぬ直前に血を取り、お金持ちに売るのです。」

「これは有名なウィキリークスに書いてありますが、これらのセラム(筆者注:血清、もしくは美容における『アンチエイジング効果の高い美容液』を意味)を製造するのは実は2013年に米国では禁止になりました。製造を計画していた会社もすべて禁止になりました。」

「しかし、ハリウッドのセレブの人々、裕福なマネージャーにこっそり売られています。若返りのワクチンとして。子供を虐待し、恐怖に落とし、殺して、その身体からホルモンを抽出しているのです。」

――動画おわり――

最後に

この番組のことは陰謀論否定派・肯定派問わず、ブログ等で取り上げられるのは珍しくないと思います。

アドレノクロムについては、過去にマーク・ザッカーバーグがその使用をSNS(おそらくFacebook)で発信したといい、また、元イルミナティ内部者でその告発者のロベルト・ベルナルド氏が(アドレノクロムについてこそ語っていないものの)「子供を犠牲にする儀式」について語っています。

筆者はアドレノクロムや陰謀論の真偽について断定的なことは語りたくはないですが、陰謀論否定派の人は、これらのことを知った上で、彼らが妄想や嘘を語っているのか、そうでないとすればどう合理的に説明することができるのか、よく考えてみた方がいいんじゃないでしょうか。

この記事は以上になります。

タイトルとURLをコピーしました