千原ジュニア、瓜田純士『遺書』・汪楠『怒羅権と私』等を購入

アウトロー周辺の話題
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

千原ジュニアが小藪千豊、フットボールアワーの岩尾・後藤と出演しているYouTubeチャンネル『ざっくりYouTube』でAmazonの購入履歴を公開しています。

その中で瓜田純士が自分目線で関東連合と木村兄弟グループの抗争を描いた『遺書』や、汪楠(ワンナン)の『怒羅権と私』を購入した形跡が見られました。

該当箇所から再生

千原ジュニアが購入した書籍

千原ジュニアは以下の書籍を購入しています。

  • 2021年3月5日に配達:『半グレ 反社会勢力の実像』(NHK)
  • 2021年3月3日に配達:瓜田純士『遺書~関東連合崩壊の真実とある兄弟の絆~』
  • 2021年2月25日に配達:汪楠(ワンナン)『怒羅権と私 ~創設期メンバーの怒りと悲しみの半生』

一番最初の『半グレ』はNHKのテレビ放送を書籍化したもので、放送当時、大阪の半グレ・拳月グループの拳月、吉満勇介 (通称、テポドン)らが出演して抗議が殺到したといわれています。

同じく番組には汪楠(ワンナン)や、手紙のみですが関東連合OB石元太一の出演もあったそうです。

(記事おわり)

タイトルとURLをコピーしました