関西半グレ「テポドン」あだ名の由来|拳月との関係など

拳月グループ(アウトセブン)
この記事は約1分で読めます。

関西の半グレ「拳月グループ」幹部として逮捕され、服役を経て出所した「テポドン」こと吉満勇介が、9月4日にYouTubeチャンネル『丸山ゴンザレスの裏社会ジャーニー』に出演しました。

テポドンは自分のあだ名の由来について、酒を呑んで暴れた際に、亡くなった友達に「勇介くんが暴れたらミナミにテポドンが落ちるで(テポドンが落ちたみたいな暴れっぷりだ、の意味か)』と言われたことが切っ掛けだったと語っています。

他にも、

  • 自分は半グレというより、ホルモン、キャバクラ、バーなどを経営する飲食店グループのリーダーだった。
  • 店は価格を提示してやっておりボッタクリではなかった。
  • 拳月は自分にとって唯一、弱音を吐ける人物だった。
  • 拳月は詐欺やボッタクリはやめよう、という意向だった。

などと語っています。

タイトルとURLをコピーしました