高橋ジョージ 怒りのツイートのネットニュースはデイリー新潮?

三船美佳さんの元夫、高橋ジョージさんが、自身について書いたネットニュースの記事に対して珍しく怒りを露わにしたツイートをしたことで話題になっている

高橋ジョージさんのツイートは?

対象のネットニュースの記事とは?

そのネットニュースサイトは何?

こうしたことを調べてみた。

高橋ジョージ 怒りのツイート

こちらが高橋ジョージが投下した怒りのツイート。

高橋ジョージさんは今まで「芸能記事は無視してきたがこれは酷すぎる」と述べ、娘に会いたいという気持ちまで「未練」と表現されたことが怒りに触れたようだ。

記事中に高橋さんの方が会いたがっているような表現があるらしく、それに対し「向こうのスケジュールを調べたりした事は一度も無い」「会わないようにしてるのはこっち」と反論している。

デイリー新潮の該当記事とは?

高橋さんのツイートでの引用から、該当の記事を載せたネットニュースサイトがデイリー新潮であることが分かる。

記事のタイトルは『「三船美佳」再婚に「高橋ジョージ」は未練タラタラ? 彼女は“共演NG”という現実』というもので、最初に有名な別れの歌「別れても好きな人」を引き合いに出し、『もし、これが「男だけが未練タラタラ」だったとしたら、一気に陳腐な設定になってしまう』と述べて、暗にそこから書かれる(記事中における)高橋ジョージさんの未練がましさを揶揄している。

記事は簡単に離婚騒動のゴタゴタなどに触れた後、「高橋は頑なに離婚を拒否したとの印象」、再婚した三船さんへの祝福コメントは「娘と面会する権利を得るため、三船の心証を良くしようとし」た娘だけでなく三船さんにも未練タラタラだったが、離婚直後に比べればマシになっている、といったことを書いている。

そしてデイリー新潮の記事は最後に『ちなみに、三船の再婚相手は「めちゃくちゃ性格がいい」と評判だという。どうやら元夫の出る幕は全くなさそうだ』という言葉で結ばれる。

最後に

芸能人は事務所がよほど強くない限り、どうしてもマスコミ・週刊誌にあることないことを一方的に書かれることになる。

高橋ジョージさんが、こうしたはっきりとした怒りを示したのは興味深い。

しかし今回驚いたのが高橋ジョージのTwitterのフォロワー数。

有名なタレントさんなのに、(当記事執筆時で)2700人程度のフォロワーしかいないというのは、ちょっと寂しすぎる気がした。

フォローする