山口組心腹会傘下の組長が逮捕。キャバクラでの酒瓶暴行事件と関係

山口組心腹会傘下の組長が逮捕されたというニュースがあった。

この事件と関連のニュース、また心腹会について調べた。

山口組心腹会傘下の組長が逮捕

2019年5月7日のニュース。

 徳島県警組織犯罪対策課と徳島中央署は5日、傷害と暴行の疑いで指定暴力団山口組心腹会(本部徳島市)傘下の組長(43、同市南末広町)を逮捕した。

逮捕容疑は、2月23日午前2時半ごろから3時40分ごろまでの間に、阿南市長生町西方、無職被告(25)=傷害、暴行の両罪で逮捕、起訴=ら5人と共謀し、徳島市秋田町のキャバクラで30代の男性経営者と30代の男性共同経営者、20代の男性従業員の頭を酒瓶で殴るなどし、経営者に急性硬膜下血腫などで2週間、共同経営者の頭に1週間のけがをそれぞれ負わせたとしている。

署によると、組長は被告ら5人と面識がある。事件当時、現場にはいなかったとみられるが、5人の取り調べの中で関与が浮上した。署は認否を明らかにしていない。

引用:徳島新聞

山口組心腹会傘下の組長は現場にはいなかったことから、何かしらの要求をするように指示し、話がこじれて暴行することになったか、あるいは最初から暴行を指示したのかもしれない。

関連ニュース

今回の逮捕は、今年2月に起こり容疑者が4月に逮捕された事件と関係している。

そちらの事件は当時このように報道された。

 徳島県警組織犯罪対策課と徳島中央署は3日、傷害と暴行の疑いで阿南市長生町西方、無職(25)、徳島市八万町千鳥、自営業(21)両容疑者ら男5人を逮捕した。両容疑者は阿波銀行元行員から金を脅し取ったとして恐喝罪などで起訴されている。

逮捕されたのは他に▽徳島市八万町内浜、無職(33)▽同市八万町内浜、無職(30)▽同市末広1、風俗店経営(33)ーの3容疑者。

逮捕容疑は2月23日午前2時半ごろから3時40分ごろにかけ、徳島市のキャバクラで30代の男性経営者、30代の男性共同経営者、20代の男性従業員の頭を酒瓶で殴ったり体を蹴ったりし、経営者に急性硬膜下血腫などで2週間、共同経営者に右薬指骨折などで3週間のけがを負わせたとしている。県警は認否を明らかにしていない。

署によると、容疑者と被害者は一部が知人同士。店に客はいなかった。午前5時ごろ、「頭から血を流した男性が歩いている」と110番があった。

引用:徳島新聞

心腹会とは?

心腹会について調べた。

心腹会は六代目山口組の二次団体。

本部は徳島県徳島市鷹匠町3-25にある。また心腹会初代の尾崎彰春は、田岡一雄の三代目山口組時代に、鶴田浩二を暴行した事件にも参加していたと言われる。

◆心腹会系譜
初 代 – 尾崎彰春
二代目 – 尾崎勝彦
三代目 – 小林良法
◆三代目心腹会組織図
会 長 – 小林良法(六代目山口組若中)
副会長 – 児玉忠孝(児玉組組長)
若 頭 – 大津和弘(大津組組長)
本部長 – 武藤一男(武藤総業組長)
相談役 – 佐藤正人(佐藤会会長)
幹 部 – 金津朋大(金津組組長)
若 中 – 大津剣司

引用:全国暴力団wiki

現在の心腹会会長は三代目で小林良法。

組織図の副会長に「児玉忠孝」の名前があるが、児玉組は2016年に既に解散したという情報があった(参考:六代目山口組を離脱した三次団体)。

また本部長の武藤一男は昨2018年9月に車の割り込みをしたところ、後ろにいた車に乗っていた大学生と口論になり、入れ墨を見せて凄んだことで脅迫の疑いで逮捕された。

逮捕された心腹会傘下組長とは?

逮捕された心腹会傘下組長とは誰だろうか。

逮捕された心腹会傘下組長は年齢が43歳で、武藤一男は逮捕時、既に49歳であることから該当しない。

したがって逮捕されたのは、大津和弘、佐藤正人、金津朋大、大津剣司の中の誰かである可能性があるが、4人の年齢が不明であるため、これ以上は絞り込めなかった。

フォローする