【元関東連合】柴田大輔の身長は?瓜田純士から見た印象とは?

アウトロー

今回は元関東連合幹部で、『いびつな絆』『破戒の連鎖』など幾つかの著書を出版していることで知られている柴田大輔(工藤明男)さんについて調べてみました。

ここでは特に柴田大輔さんの身長について詳しくまとめました。

スポンサーリンク

【元関東連合】柴田大輔の身長は?瓜田純士から見た印象とは?

柴田大輔(工藤明男)の画像

柴田大輔さんは意外にも、「工藤明男」の名でインスタグラムもやっており、漫画家の西原理恵子さん、高須クリニックの院長と撮影した写真もあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

工藤 明男プロデュース 不良の花道(@kudouakio)がシェアした投稿

本人は了承してないのでしょうが、NAVERまとめでは正面からの顔画像も投稿されています。

NAVERまとめ画像

柴田大輔(工藤明男)の身長は?

柴田大輔さんの身長については低身長だという説が有力で、一般には「150センチ前後」といわれています。

匿名掲示板のスレでは「147センチ」、瓜田純士さんのパロディーで事情通の「爪田純土(つめたじゅんちゅち)」さんは、「148センチ」としています。

瓜田純士から見た印象とは?

そのために本人と面識がある瓜田純士さんは、著書『遺書』の中で柴田大輔さんの初登場時の印象について、

  • すごいチビの男
  • 150センチ前後のチビ

と表現しています。

しかし、身長182センチで30センチもの身長差のある瓜田さんに対してまったくひるむことなく、逆に見下ろすぐらいの圧でメンチを切ってきたといいます。

動画で見ると

YouTubeでは『闇金ウシジマくん』の著者である真鍋昌平氏との対談の動画が上げられています。

両者とも背後から撮影されている上、柴田大輔さんはフードをかぶっていますが、これを見るとたしかにそれくらいの身長というのが見て取れます。

特別対談 柴田大輔(工藤明男)×真鍋昌平(『闇金ウシジマくん』作者)

ただ柴田さんは『聖域』などで、ビジネスに乗り出して有名な経営者やキーパーソンと会う時、この「身長が低い」という特徴のために好印象を与えることが多かったとも書いています。

また関東連合はなぜか、総じて身長の低い人が多かったそうです。

関東連合の関係者でもっとも強いとされていた金村剛弘さんは身長は140センチ程度だったという説もあるほどです。

この記事は以上になります。

タイトルとURLをコピーしました