14歳のロシア女王フィギュアスケートの新星シェルバコワって誰?画像を見てみる

フィギュアスケートのロシア選手権、女子フリーでショートプログラム5位の14歳、アンナ・シェルバコワが155.69点をマークして合計229.78点で逆転勝利しました。

ところがショートプログラムで1位だった平昌五輪女王アリーナ・ザギトワらに勝ったこの無名の14歳に、母国であるロシアメディアでさえ「アンナ・シェルバコワって誰だ?」という衝撃が走りました。

アンナ・シェルバコワのプロフィール

国: ロシア
生年月日: 2004年3月28日(14歳)
出生地: モスクワ
身長: 150 cm
コーチ: エテリ・トゥトベリーゼ セルゲイ・デュダコフ
振付師: ダニイル・グレイヘンガウス

引用:Wikipedia

ソチ・オリンピック団体戦の金、平昌オリンピック女子シングルの金・銀メダリストを育てたエテリ・トゥトベリーゼコーチから指導を受けている選手の一人です。

フィギュアスケートの国際的な年齢規定で同世代の選手として、同じくエテリ・トゥトベリーゼコーチから指導を受けているアレクサンドラ・トゥルソワ、アリョーナ・コストルナヤらがいます。

アンナ・シェルバコワの可愛い画像

既に「カワイイ」ということは話題になっていたようで、Twitterでは色々な画像が挙がっていました。

14歳のロシア女王フィギュアスケートの新星
アンナ・シェルバコワって誰?まとめ

  • ザギトワを破ったことを除けば、母国のロシアですらまだほとんど知られていない無名の選手。
  • そのために可愛い、150cmと小さい、出身地はモスクワなどの基本的な情報しかまだ出回っていない。
  • しかし金・銀メダリストを育てた有力なコーチに指導されており、将来的に有望な選手であるのは間違いない。

以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

フォローする