仙台で賭博の川村公美とは?稲川会系組長は住吉会の監禁事件被害者か

稲川会系組長の川村公美容疑者(70)ら5人が、仙台市青葉区内のマンションで賭けマージャンをしたことで賭博場開帳等図利と賭博などの疑いで逮捕されました。

この事件と逮捕された川村公美容疑者について調べました。

仙台で川村公美ら5人が逮捕

 賭博場を開いて金銭を賭けた賭けマージャンをし、客から利益目的で場所代を徴収したなどとして、宮城県警暴力団対策課は14日、賭博場開帳等図利と賭博などの疑いで、指定暴力団稲川会系組長、川村公美(まさみ)容疑者(70)=仙台市青葉区=ら男女計5人を現行犯逮捕した。調べに対し、いずれも容疑を認めているという。

ほかに逮捕されたのは、韓国籍の原農(はらのう)昌二こと姜(きょう)昌二(51)=同区=、早坂登代子(73)=同区=、青木一勝(としかつ)(77)=同区=、佐藤圭(45)=福島県郡山市=の4容疑者。

川村容疑者の逮捕容疑は14日午後3時20分ごろ、仙台市青葉区内のマンションの一室で賭博場を開き、客に賭けマージャンをさせ、利益目的で場所代として金銭を取ったなどとしている。姜、早坂の両容疑者は賭博が行われていることを知りながら客の接待をするなどし、青木、佐藤の両容疑者は客として賭けマージャンを行っていた。

引用:産経新聞

捕まったのは、

  • 川村公美(70)=仙台市青葉区=
  • 韓国籍の原農昌二こと姜昌二(51)=同区=
  • 早坂登代子(73)=同区=
  • 青木一勝(77)=同区=
  • 佐藤圭(45)=福島県郡山市=

の5人ということです。

ほぼ全員が仙台の青葉区在住ですが、例外的に佐藤圭容疑者だけ福島県の人間です。また、姜容疑者、早坂容疑者は接待、青木容疑者、佐藤容疑者は客として来ていたといいます。

※さらに続報によると、詳しい場所は仙台青葉区大町2丁目のマンションの一室で、川村容疑者は客二人から場所代を取った上で、ともに現金を賭けてマージャンをした疑いがかけられているとのことです。5人は容疑を認めているようです。

稲川会系組長の川村公美とは?

稲川会系組長とされている川村公美(まさみ)について調べると、川村公美の名前は、稲川会の二次団体である「山川一家」組織図の「舎弟」のところに見つかります。

◆舎弟
東北地区責任者 – 川村公美(稲川会代表理事 川村組組長)
北海道地区責任者 – 工藤譲治(稲川会代表理事)
金本永七(稲川会代表理事 金本組組長)
安達正夫(稲川会理事)

引用:山川一家

川村公美は「川村組」を組長として率いており、かつ山川一家における東北地区責任者だということです。

川村公美の住所が仙台の青葉区というのも、それを裏付けているようです。

川村公美は住吉会系組員らに監禁された組長か

この川村公美の「稲川会系組長」という身分、住所「仙台市青葉区」、「70歳」という年齢に一致するのが、今年の5月に報じられた監禁事件です。

 指定暴力団稲川会系の男性組長(70)=仙台市青葉区=ら2人を車に監禁したとして、宮城県警は17日までに、組織犯罪処罰法違反容疑で、神奈川県厚木市金田、指定暴力団住吉会系組員の斎藤将馬容疑者(27)、逮捕監禁容疑で仙台市青葉区の無職の男(36)を逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。

逮捕容疑は平成30年12月5日午後1時10分ごろ、仙台市青葉区の路上で、組長と、その関係者の男性(51)=同区=を約3時間10分にわたり、車に監禁した疑い。男は今月8日に処分保留で釈放された。

引用:産経新聞

この監禁された「稲川会系の男性組長(70)=仙台市青葉区=」は明らかに川村公美を指しているように思えます。

この事件で監禁された稲川会系組長は、約3時間10分にわたって車に監禁され、最終的に栃木県矢板市内で解放されたといいます。

また同事件では5月17日に住吉会系組員の斎藤将馬容疑者(27)=神奈川県厚木市=ら2名が、5月20日には住吉会系組長、土屋兼一容疑者(47)=東京都新宿区=ら幹部3名が逮捕されており、10数人が関わっているとも言われています。

以上になります。

フォローする