佐藤浩市の炎上インタビュー騒動にウーマン村本、ラサール石井は?

「ビックコミック」誌上で、佐藤浩市が総理役を演じた映画『空母いぶき』に関するインタビューが掲載され、その内容が炎上した。

佐藤浩市が演じた総理大臣の役を、思想上の理由から原作と異なる人物像へと変えたと受け止められたためである。

それに対し多くの著名人が賛否両論の立場から参加し、意見を戦わせているが、この記事ではお笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本、またタレント・ラサール石井の反応を取り上げる。

俳優の佐藤浩市が漫画雑誌「ビックコミック」誌上で、同誌で連載中で今回映画化される『空母いぶき』に関するインタビューの発言によって炎上している...
かわぐちかいじが漫画原作の映画『空母いぶき』について、ビックコミック誌上で俳優の佐藤浩市が受けたインタビューが炎上した。 炎上した理由...

産経新聞の阿比留瑠比の書き込み

リテラによれば発端は産経新聞の阿比留瑠比のフェイスブックでの書き込みだという。

観に行こうかと考えていた映画『空母いぶき』に関心を失った件について。

『ビッグコミック』誌のインタビューに、首相役の俳優、佐藤浩市氏がこう述べているのが掲載されていたのを読んでしらけたからです。

「最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね

「彼(首相)はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらったんです。だからトイレのシーンでは個室から出てきます」

……はあ。あえてアレコレ言う気もおきません。次は三田村某さんに続いて菅直人元首相の役でもやるといいですね。どうでもいいや。

引用:リテラ記事

作家・百田尚樹の批判

この佐藤浩市の発言をとらえ、百田尚樹は怒りのツイートをした。

これに反応したのがウーマン村本とラサール石井である。

ラサール石井の反応

まずラサール石井は次のようにツイートした。


続けてこちらをリツイートしている。

ウーマン村本の反応

さらにラサール石井はこのウーマン村本のツイートをリツイートしている。

村本が『一流モデルが辺野古の自然を守ろうと言えば「おれがスポンサーならCMおろす!」と怒り』としているのは、モデルのローラが辺野古基地移設に反対の立場を示した時、高須院長が同様の発言を行ったためである。

高須クリニックの高須克弥院長が25日にTwitterで、沖縄の米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に関し、工事中止の嘆願書への署名を呼びか...

フォローする