佐々木マネと250番が『実話マッドマックス』企画で共演

アウトロー系ニュース
この記事は約1分で読めます。

怒羅権佐々木のマネージャーと250番が、YouTubeチャンネル『実話マッドマックス』の企画で共演しています。(YouTubeチャンネルは『250番』のもの)

【発表】アウトローYouTuberランキング【11位〜1位】『マッドマックスコラボ企画』

独自に集計したアウトロー系ユーチューバーのランキングで、11位〜1位までのユーチューバーについて佐々木マネが質問する形で250番が語っています。

相変わらず佐々木マネはズケズケ言う感じで、際どい質問をすることもあります。

途中で油山やホーミーKEIの話も出ますが、250番は特にディスる様子もなく、冷静に視聴回数の分析などを述べています。

また250番はTシャツなどの物販・スパチャなども含めるとYouTubeだけでギリギリ生活できている、と。

タイソンについては、「3000回喧嘩したというのは本当なのかな。自分が読んだ本と同じくらい」とも。

その250番は一番好きな本に瓜田純士の処女作『ドブネズミのバラード』を挙げています。

彼は刑務所の中で『ドブネズミのバラード』を読み、瓜田が受刑中の文芸コンクールで受賞した文章作品『MOTHER』が巻末に収録されているので希望を抱くことができた、とのことです。

(記事おわり)

タイトルとURLをコピーしました