令和最初のサンリオキャラクター大賞の結果は?キティさんがトレンド入り

令和最初のサンリオキャラクター大賞である第34回サンリオキャラクター大賞(2019)の結果が発表されました。

2017年2018年はシナモロールの連覇でしたが、令和最初のサンリオキャラクター大賞の第一位は見事ハローキティが奪還

これにはサンリオファン・キティちゃんファンも大興奮で、一時ツイッターのトレンドに、キティちゃんに対してリスペクトを込めた呼称「キティさん」が入るほどの盛り上がりを見せました。

ここでは上位を中心にしたキャラクターの順位、またそれに対するツイッター上の感想などをまとめてみました。

目次

令和最初のサンリオキャラクター大賞の結果
トップ・スリー(1位~3位)

1位 ハローキティ

一位は「キティさん」ことハローキティでした。

2位 シナモロール

2位シナモロール。三連覇はなりませんでしたが、相変わらずの人気ぶりです。

3位 ポムポムプリン

3位ポムポムプリンは2015・2016年と二連覇しています。

トップ3を除いた10位以内にランクイン
(4位~10位)

第4位 マイメロディ

第5位 ポチャッコ

第6位 リトルツインスターズ(キキララ)

第7位 クロミ

7位にランクインしたクロミちゃんは、熱烈なサンリオファンである平井ファラオ光さんの押しキャラとしても知られています。

第8位 YOSHIKITTY

Xジャパンとコラボのキャラクター、YOSHIKITTYは8位。これはコラボキャラクターとしては最上位ですから、大健闘といっていいんじゃないでしょうか。

第9位 ぐでたま

ぐでたまはTBS『あさチャン!』の番組キャラクターとしても知られています。

第10位 タキシードサム

11位~20位

11位 ケロケロけろっぴ

12位 バッドばつ丸

13位 SHOW BY ROCK!!

14位 ウィッシュミーメル

15位 KIRIMIちゃん.

16位 ぼんぼんりぼん

17位 マイスウィートピアノ

18位 ハンギョドン

19位 こぎみゅん

20位 まるもふびより(モップ)

21位~80位

80位まですべては多すぎて紹介しきれないので、ここからは個人的に気になったものだけ拾って紹介していきます。

22位 マロンクリーム

23位 あひるのペックル

日本で23位のあひるのペックルは香港では一位でした。

32位 みんなのたあ坊

36位 にゃにぃにゅにぇにょん

37位 おさるのもんきち


41位 アグレッシブ烈子

43位 マシュマロみたいなふわふわにゃんこ

50位 ザシキブタ

50位のザシキブタは実は、一番最初のサンリオキャラクター大賞・1986年のキャラクター大賞では第1位だったらしいです。意外ですね。

52位 ぽこぽん日記

55位 フレッシュパンチ

56位 ザ ラナバウツ

60位 るるる学園

66位 かしわんこもち

69位タイニーポエム

74位 八千代チャーマー

結果が出る前、八千代チャーマーは熱烈なサンリオファンの平井ファラオ光さんに61位予想されていました。

しかし結果は残念ながらその予想をさらに下回る74位。


しかも実はキティちゃんと同期だという意外な事実が発覚。けっこう歴史あるキャラクターなんですね。次回のサンリオ大賞の順位に期待したいです。

80位 スポーティングベアーズ

そして最下位の80位はスポーティングベアーズでした。

最後に

サンリオキャラクター大賞の結果を見ていると、「えっ!?これもサンリオのキャラだったなの?!」というものが物凄く多いですね。

普段、あるいは子供のころ何気なく身近に置いてあったり持っていたグッズ(文房具や弁当箱)に書いてあったキャラクターが、実はサンリオのキャラクターで、サンリオキャラクター大賞を見て初めてそのことに気づく、なんてことを皆さん体験してるんじゃないでしょうか?

個人的には、ぐでたま、みんなのたあ坊、るるる学園あたりが驚きでしたね。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました

フォローする