切り取りか?桜田五輪相の「がっかり発言」動画と発言全文

水泳の池江璃花子選手の白血病の発表をめぐって、桜田義孝五輪相の「がっかり」という発言が物議をかもし、当人が謝罪する事態となった。

しかし一方で、その発言は一部が切り取られているとしてマスコミの報道の仕方へも批判が集まった。

該当の発言の動画、発言の全文を調べてみた。

桜田大臣の発言切り取りへの批判

桜田大臣の発言の切り取りは、ホリエモン(堀江貴文)、ウーマン村本といった人が批判したことでも話題になった。

発言全文

発言全文はこのようになっている。

記者:きょう、競泳の池江選手が自らが白血病であることと、しばらく休養することを発表しました。大臣として、これについての受け止めをお願いします

桜田「正直なところ、びっくりしましたね。聞いて。本当に。病気のことなので、早く治療に専念していただいて、一日も早く元気な姿に戻ってもらいたいというのが、私の率直な気持ちですね」

記者:競泳の中ではですね…

桜田「本当に、そう、金メダル候補ですからねえ。日本が本当に期待している選手ですからねえ。本当にがっかりしております。やはり、早く治療に専念していただいて、頑張っていただきたい。また元気な姿を見たいですよ。そうですね」

記者:大臣はこれまで、池江選手の活躍をどのようにご覧になられてましたか

桜田「いやあ、日本が誇るべきスポーツの選手だと思いますよね。われわれがほんとに誇りとするものなので。最近水泳が非常に盛り上がっているときでもありますし、オリンピック担当大臣としては、オリンピックで水泳の部分をね、非常に期待している部分があるんですよね。一人リードする選手がいると、みんなその人につられてね、全体が盛り上がりますからね。そういった盛り上がりがね、若干下火にならないかなと思って、ちょっと心配していますよね。ですから、われわれも一生懸命頑張って、いろんな環境整備をやりますけど。とにかく治療に専念して、元気な姿を見せていただいて、また、スポーツ界の花形として、頑張っていただきたいというのが私の考えですね」

記者:最後に一言だけ。池江選手にエールを送るとしたらどんな言葉を

桜田「とにかく治療を最優先にして、元気な姿を見たい。また、頑張っている姿をわれわれは期待してます、ということです」

桜田五輪相の「がっかり発言」動画

こちらが桜田大臣が発言した場面の動画。

【報ステ】桜田五輪大臣 がっかり発言を謝罪・撤回(19/02/13)

見てみるとけして悪意は感じず、言葉のチョイスの迂闊さこそあれ、むしろ心から心配しているという印象を受ける。

「がっかり」という言葉も、この場合には「残念」や「悲しんでいる」というもののバリエーションの一つに過ぎない感じがする。

「がっかり」以外で物議をかもした「下火になる」という言葉が出たところでも、池江選手の影響力の大きさを表現する文脈で出てきたものだ。

そして最後にはキチンと「治療を最優先に」というメッセージでしめており、大臣なりに表現には気を使ったのではないかと思う。

まとめ

桜田大臣の発言については「全体を見るとだいぶ印象が違った」「マスコミの切り取り方に悪意がある」といった意見も多かったが、一方で「全体を見ても変わらない」「やはり『がっかり』『下火にならないか心配』といった言葉を使うのはどうかしている」という意見も相変わらず多かった。

つまり全体を通しても相変わらず、やはり桜田大臣の発言には大きな問題があった、という意見もある。

個人的には、桜田大臣という人には、麻生太郎から毒舌と攻撃性を抜き取って人の好さを足したような印象を受ける。あまり優秀ではなさそうだが、発言に取り立てて悪意がないことも明らかだろう。

池江選手自身が桜田大臣への批判に釘を刺すように、せやろがいおじさんの「某大臣のアレな発言への批判より励ましの言葉や、骨髄バンクについて発信した方が意味あると思う派です。」というツイートをリツイートしている。

白血病にかかっていることを告白した女子水泳選手の池江璃花子に、日本中から心配する声や応援のメッセージが寄せられている。 そんな中で、桜...

この程度の発言で大臣の座から追い落そうとする政争を見せつけても、池江選手の病気が早く治るわけでもないし、余計な雑音でかえって辛い思いをさせるだけではないだろうか。

フォローする