詐欺集団忘年会にはザブングル加藤松尾の姿も?芸人らの集合写真

2015年に逮捕された振り込め詐欺グループが2014年の年末に開催した忘年会に、吉本きっての人脈の広さで知られるカラテカ入江慎也さんの仲介で多くの芸人が出席したため、入江さんが所属事務所の吉本興業を解雇されるという衝撃のニュースがありました。

この忘年会は吉本を通さず行われた闇営業で、仲介者のカラテカ入江さんをはじめ、雨上がり決死隊の宮迫博之さん、ガリットチュウの福島さん、ロンドンブーツ1号2号・田村亮さん、レイザーラモンHGさんといった有名芸人が参加していました。

さらに、この忘年会の画像とおぼしきものがSNS上に出回り、そこにはザブングルの加藤・松尾らしき人の姿が。

詐欺集団の忘年会

本誌が入手した一本の動画。そこに映しだされているのは、マイクを片手に気持ちよさそうに歌う一人の男だ。

マイクの男が、人気デュオ『くず』の代表曲『全てが僕の力になる!』をよく通る美声で歌い上げると、会場は割れんばかりの拍手に包まれた。美声の主は、『雨上がり決死隊』の宮迫博之(49)本人である。

宮迫は愛想よく壇上から挨拶したが、これはお笑いライブでも、芸人仲間の飲み会でもない。かつて世間を騒がせた、大規模振り込め詐欺グループの忘年会なのだ―。

この大規模振り込め詐欺グループは15年6月に摘発されたのだが、その約半年前、14年12月27日に都内のホテルで忘年会を開いていた。本誌が今回入手したのは、宴会の様子を映した動画と写真だ。

引用:宮迫博之、カラテカ入江ら吉本芸人が参加した「詐欺グループの忘年会で闇営業」の実態

忘年会は大野春水の誕生会もかねていた

忘年会に参加した、詐欺グループの元メンバーが語る。

12月27日の宴会は、忘年会と大野春水(主犯格として15年に逮捕)の誕生日会をかねて開かれました。主だったメンバー50~60人で、ホテルの宴会場を貸し切りにした。ゲストとして参加したのは、宮迫のほか、レイザーラモンHG(43)、ガリットチュウの福島善成(41)、ロンブー田村亮(47)、カラテカの入江慎也(42)。それ以外にも、あまり売れてない芸人が2~3人いました。会は19時ごろから2~3時間開かれたんですが、芸人たちは会の後半にサプライズで登場しました」

詐欺集団との仲介役となったのは、カラテカの入江だったという。

「入江とグループの幹部は忘年会の前から知り合いでした。そのよしみで入江に『芸人を忘年会に呼んでくれ』と頼み、ギャラも入江を通じて支払ったみたいです。芸人一人につき、100万円は払ったと思いますよ。
入江が俺たちのことを詐欺グループと知っていたか? 間違いなく知ってましたよ。幹部のなかには酒癖の悪い奴がいて、酔うと自分たちが詐欺で稼いでいることをベラベラしゃべっていましたから」

芸人たちは振り込め詐欺グループだと知って忘年会に参加したのか。本誌は5月下旬、仕事終わりの宮迫を直撃した。

―これ、宮迫さんがその忘年会で歌っている姿なんですが。

「(動画を見ながら)これ俺か? 俺やな」

―振り込め詐欺グループの忘年会とは知らなかった?

「まったく知らないです……」

本誌は参加した芸人の所属事務所である吉本興業にも詳細な質問書を送った。さらに、再三にわたり電話で問い合わせたものの、吉本側の対応は「無回答」だった。

引用:宮迫博之、カラテカ入江ら吉本芸人が参加した「詐欺グループの忘年会で闇営業」の実態

詐欺集団忘年会にはザブングル加藤松尾の姿も?
芸人らの集合写真

そして新たにSNS上では次のような画像が出回っています。


出典:ツイッター

左から、ガリットチュウ福島、雨上がり宮迫、右手を挙げてる人(不明)、赤い服の男性(不明)、後ろにザブングル加藤、手前にカラテカ入江、ロンブー田村亮、ザブングル松尾、白い服の男性(不明)、という風に見えます。

『フライデー』によれば、この忘年会は詐欺グループの重要人物・大野春水の誕生会をかねていたといいます。したがって、中央の赤い服の男性はもしかしたら主役である大野春水なのかもしれません。

「アーイエーイ、オーイエーイ、オレ、イリエ」の自己紹介や“友達5000人芸人”と自ら豪語するほどの人脈の広さで知られるカラテカ入江慎也さんが...

なぜザブングルの名前は出なかった?

他のカラテカ入江、雨上がり宮迫といった名前は早くに出たのに、なぜザブングルらの名前はすぐに出なかったのでしょうか?

考えられる可能性としては2つあります。

  • 『フライデー』記者らが入手した映像・画像にザブングルが映っていなかった。
  • 入手した画像には映っていたが、ザブングルは吉本ではないから。

前者の理由なら話は単純ですが、後者の理由ならどうでしょう。

ザブングルの事務所はワタナベエンターテインメントです。

『フライデー』のような週刊誌が特定の事務所に所属するタレントに関するスクープをすっぱ抜く場合、該当の事務所との一定の駆け引きをするかもしれません。

今回の場合、『フライデー』はもう吉本芸人のスクープをすっぱ抜くことは決めていたが、ワタナベエンターテインメントに対してはそのような前段階がまだ終わっておらず、どのようにするか決めかねていたという可能性もあります。

ザブングルの所属事務所はワタナベエンターテインメント

ちなみにワタナベエンターテインメントには、ザブングルの他、ホンジャマカ、ネプチューン、ふかわりょう、ビビる大木、我が家、サンシャイン池崎といったお笑い芸人が在籍しています。

お笑いといえば「吉本一強」のイメージがありますが、ワタナベエンターテインメントには意外なほど著名なお笑い芸人の多いです。

⇒参考:ワタナベエンターテインメントのお笑い芸人

芸人外でいえば、松本明子、柏木由紀、ミッキー・カーチス、RAG FAIR(ラグ・フェア)、中川翔子といったタレントも在籍中です。

ワタナベエンターテインメントとザブングルのこれからの対応が注目されます。

以上です。

フォローする