詐欺集団忘年会にロンブー亮の説明は?詐欺集団と知らず、ノーギャラ

2019年6月7日発売の『フライデー』で、カラテカ入江の仲介のもと複数の芸人が詐欺グループの忘年会に闇営業で出席していたことをすっぱ抜かれました。

この忘年会には、仲介者のカラテカ入江さんをはじめ、雨上がり決死隊の宮迫博之さん、ガリットチュウの福島さん、ロンドンブーツ1号2号・田村亮さん、レイザーラモンHGさんといった有名芸人が参加しており、さらにはザブングルの加藤・松尾さんまでいたという情報があります。

それに関連して吉本ではカラテカの入江さんが解雇され、他の芸人は厳重注意に留めるとしながらも、今後の動向に注目が集まっています。

この記事では同忘年会に出席していたロンドンブーツ1号2号・田村亮さんについて調べました。

詐欺グループ忘年会に芸人らが出席

忘年会に参加した、詐欺グループの元メンバーが語る。

「12月27日の宴会は、忘年会と大野春水(主犯格として15年に逮捕)の誕生日会をかねて開かれました。主だったメンバー50~60人で、ホテルの宴会場を貸し切りにした。ゲストとして参加したのは、宮迫のほか、レイザーラモンHG(43)、ガリットチュウの福島善成(41)、ロンブー田村亮(47)、カラテカの入江慎也(42)。それ以外にも、あまり売れてない芸人が2~3人いました。会は19時ごろから2~3時間開かれたんですが、芸人たちは会の後半にサプライズで登場しました」

詐欺集団との仲介役となったのは、カラテカの入江だったという。

引用:Yahoo!ニュース

ロンブーの田村亮の画像

こちらが左にカラテカ入江さん、右にロンブー亮さんの写っている画像です。

ロンブーの田村亮に引退・解雇の危機?

この報道が流れてから、気の早いネット民を中心に「雨上がり宮迫、ロンブーの田村亮、レイザーラモンHG、ガリットチュウ福島は解雇・引退か?!」という声もありますが、少し早まりすぎではないでしょうか。

まずは当人たちからの説明を聞くのが先と思います。

個人的には入江さんをはじめ誰も詐欺グループと知らず、そしてたとえ金を受け取っていたとしても詐欺グループと知らないのだから、解雇や引退までいく必要はないと思っています。

もちろん詐欺グループと知っていたなら別ですが。

ロンブー亮の言い分は?
「詐欺と知らなかった・ノーギャラ」と説明

ロンブー亮さんの言い分が気になるところです。

田村亮さん自身のツイッターは、現在の時点では最後の更新が5月4日のロケについてのつぶやきで、普段からあまり頻繁にツイートしてはいないようです。

しかしその代わり、相方の淳さんが亮さんと話して言い分を聞いてくれたようです。

淳さんはデイリースポーツに忘年会に出たのが「ロンブー淳」と一瞬報じられたことに文句を言いつつも、亮さんと話した内容についてツイートにアップしています。


出典:上記ツイート

これを見ると亮さんは、

  • 詐欺グループの忘年会と知らなかった。
  • ギャラは一切受け取っていない。

と説明したそうです。

そしてその説明を、淳さんは亮さんに今まで嘘をつかれたことがないために、信じることにしたと書いています。

私個人もニュースを最初に聞いた時、「ロンブーの田村亮が詐欺グループと知ってて出席するかな。そんな汚い金受け取るかな」と感じました。

むしろ「ロンブー亮がいるぐらいだからこれはシロだろう」と思ったくらいです。

仮に金を受け取っていても、詐欺グループと知っていたら受け取らなかったでしょう。

後から口裏合わせをして「もらっていないことにしよう」とするくらいの可能性はありますが、その場合も当時は詐欺グループと知らなかっただろうと思います。

だから可能性として、

  1. 詐欺と知らなかったが金は受け取った。
  2. 詐欺と知らなかったし金も受け取っていない。

このどちらかしかないと思っています。

もう少し事の経過を見守りたいところですね。

ロンブー亮、ツイッターで謝罪

続報です。

ロンブーの亮さんがツイッターで謝罪しました。

ロンブー淳さんが聞いたという説明の通り、お金は受け取っておらず、もちろん詐欺グループだと知らなかったとしています。

ロンブー亮ラジオで釈明

ロンドンブーツ1号2号の田村亮さんが6月8日深夜、大阪・MBSラジオ「オレたちゴチャ・まぜっ!」(土曜深夜1・50)で、該当の件についてあらためて釈明しました。

 騒動の場が振り込め詐欺グループのパーティーであったことについては、「全く知らなかった」と改めて否定。その席に参加することになった経緯については、宮迫らと飲んでいた際に入江が、「この後、行かなきゃいけないとこがある。結婚式のやつ(仕事)あるんですよ」と言って席を立とうとしたため事情を聞き、入江も冗談ぽく「もし顔を出してくれたら、盛り上がるのは盛り上がるんですけどね」と話したという。

これにスタジオから「あーサプライズ的な」と補足が入り、「忘年会」と報じられた場についても「結婚式だったか、忘年会だったか」とあやふやに語り、「そこで『俺らも行こか』と言ったかもしれない」と説明した。そこで入江から「ノーギャラですけど」と話があったが参加することになったという。

亮は「覚えてる限りでは」と前置きした上で問題の場となった席について「新郎新婦とかいたと思うんですよ。それで『宮迫さんのファンなんです~』って」と歓迎されたという。会場も思っていたより規模が大きかったそうで、宮迫が「やめよう。やめよう」と言ったものの、すでに入江のフリが入っていたこともあり「『出たほうがいいです』ってなった感じ」と説明した。

その場では特段何もなかったそうで、「結果普通に帰って、飲みに行ってぐらいです。僕ら飲んでるのがずっと続いてるというか。その席では飲んでないですけど」と説明した。この説明に共演陣から「気をつけようがないよな」と同情の声が飛ぶと、亮は「ノーギャラでこっちも警戒してなかった。ご迷惑おかけしてすみません」と再び謝罪。

引用:ロンブー亮“闇営業”パーティーの経緯説明 しどろもどろに5年前の記憶たどる

フォローする