【ワードプレス】パーマリンクの戻し方「やっべ、パーマリンク変えちゃった…」

私は青ざめた。

(『メロスは激怒した』風に読んでほしい)

私が思わず青ざめたのは、間違ってブログ記事すべてのパーマリンクを変更してしまったからだ。

そして前のパーマリンク設定を覚えてない。

周知のように(本当に周知か分からないが)、ブログ開始当初ならともかく、ある程度進展したブログやサイトでの記事のパーマリンク変更は、SEO評価がリセットされるとか、ページそのものが読み込まれなくなるとか、SNSシェア数カウントがリセットされるとか、物騒な話題に事欠かないのだ。

ワードプレスで間違ってパーマリンクを変えてしまった時の戻し方

で、それをどうやって元に戻したかをこれから書くが、最初に断っておきたいのは、私は全然ワードプレス通ではないし、ここで紹介する操作も、たぶん解説などされずとも、誰でも気付くだろうようなものだ。つまり、この記事そのものが、単なる自己満足である。

加えてもともと、私はパーマリンクを手動で一つずつ表記するというスタイルでやっていたため、手動で表記したパーマリンクへの戻し方しか分からない。

また、それを戻したところでSEO評価がリセットされずに済むかは分からない。それをこのブログの事後のアクセス数によって、どの程度の悪影響があるか、それを知ることもできない。

何故なら、私のブログは一般に「しちゃダメだよ」と言われていることを色々しているので、その内のどの操作が悪かったのは判別できないからである。

本題の操作

で、本題です。これは私がして問題が解決した対処法。

設定 > パーマリンク設定 と移動し、共通設定で、「投稿名」、もしくは「カスタム投稿」の「/%postname%/」だけを選択した状態で下にスクロールして「変更を保存」するだけである。

これで元に戻った。

ただし繰り返すが、そうしたところでSEO評価がリセットされずに済むかどうか、私には分からない。

だが素人考えで楽観するなら、グーグルがパーマリンクを変更したその瞬間に一瞬でクロール、インデックスするとは限らないから、すぐ戻したら大丈夫なんじゃないかな~? とか思う。

――以下はすべて追記――

思うに、おそらく私のブログではもともとの設定が「投稿名」だったのではないかと思う。だから「投稿名」に戻した結果元に戻ったのだ。
また「投稿名」と「/%postname%/」が本当にまったく同じかは私にはわからない。

結局どうするのが正解なのか?:すぐ元に戻す

今回、他の幾つかの参考記事も読んであらためて考えてみた。

経験談で「手動で調べて一つずつ直した」という人もいたがこれでは手間がかかる。

そして他には、「もともとの数字ベースの設定から変更してしまったが、それを元通り数字ベースにすると戻った」という人がいた。

ワードプレスの運営者なら一度は経験するであろう、「画面真っ白化現象」。 "not found" の文字と共に、記事が表示されなくなると頭の中も真っ白になってしまいますよね。 パーマリンクを変更したほうがSEO対策になると言われ、いそいそと変更した人も多いと思います。 ですが、パーマリンクを変更するのはワードプレスで記事...

つまり何のことはない、結論を言えば、パーマリンクを元に戻す方法は単純に「元の設定に戻す」という操作で良かったらしい。

ただこれはGoogleがインデックスをしてページURLの認識を変更してしまう前の話なのだろうと思う。つまり戻すなら、変更後なるべく時期を置かずに戻さなければならないということだ。

Googleが、「オタクの住所(URL)もう変えて認識してるんで、いまさら元に戻すって言われても遅いっす」という前に戻さなければいけない(と思う)。

だからといって安易に「じゃあ、すぐ戻すから変えても大丈夫か」とは考えないでほしいが。

元のパーマリンクを確認して復元する方法

またあらためて考えてみると、以前の私がそうだったように「元のパーマリンクが分からない」という場合には、Googleアナリティクス(やサーチコンソール)で元のパーマリンクを確認してからパーマリンク設定を元に戻す、という方法がある。

もちろんGoogleアナリティクス未使用ならこの方法はできないが。

次のように「確認⇒復元」のために利用できるのでは、と思う。

断っておくと私はこれを実際にしたわけではないので、実際にした場合には想定外のことがあるかもしれない。けっこう大胆なことをするので、実践する場合は自己責任で。
あとゴメン。追記で面倒だからスクショは取らない。(画像はない)

確認と復元の手順

次のような手順を取ると思う。

  1. アナリティクスで(できれば複数のページの)元のパーマリンクを確認
  2. 自サイトのパーマリンク設定で一つずつ変更してみる
  3. 元のパーマリンクと完全に一致したなら現状復帰成功

アナリティクスで(できれば複数のページの)元のパーマリンクを確認

元のパーマリンク確認の方法はいくつかあると思うが、例えば、

アナリティクスにログイン・左のメニューから、

行動 > サイトコンテンツ > すべてのページ

を選んで、少し下にスクロールして個々のページのパーマリンクを見てみる。

そしてページのパーマリンクの端に表示してある小さい矢印のようなマークをクリックすると、元のページに行くことができる。つまり「パーマリンク」「サイトページ」の組み合わせが分かり、元のパーマリンクの確認ができる。

この時確認するページは、今も存在しているページならどこでもいい。

開いたページのタブをそのままにしておいた方が後の作業はしやすいと思う。

なお、この時点で自分の元通りのパーマリンク設定が分かったら、それを戻せば作業完了である。分からない場合にはこれから書いてる作業をする。

既にパーマリンクが変更してあるからアナリティクスでも元のページのリンクが辿れないのではないか、と心配になるかもしれないが、これは大丈夫。辿れるのは確認済みである。

例えば私はかなり以前のことだが、(サイトは数字ベースの設定ではないのに)「 /post-1234」のような形のまま間違って投稿して読み込まれてしまった。

パーマリンクを変更して今は違うものになっているが、アナリティクスのページからかつての「 /post-1234」をクリックすると、パーマリンクの変更がインデックスされた後の現在のページに行くことができる。

自サイトのパーマリンク設定で一つずつ変更してみる

次のこの作業が一番怖いと思う。パーマリンクを変更してしまって慌ててるのに、また一つずつパーマリンクを変更するのだから。

  1. WordPressの自サイトでパーマリンク設定のページに行く。
  2. 上から一つずつ設定を変え、変更を保存をクリック
  3. さきほどパーマリンクを確認したページで、「F5」などを押してページ更新してURLを確認する
  4. ドメイン(com・netなど)以降のページURL(パーマリンク)が、アナリティクスで見たURL(パーマリンク)と一致していなければ「1」に戻る。

元のパーマリンクと完全に一致したなら現状復帰成功

そして元のURLと完全に一致する設定が見つかったなら、その設定のままにする(『変更を保存』を押して終わりにする)。

これで原状復帰できるはずである。(できなかったらゴメン)

『UpdraftPlus』はやっぱ頼りになる

ただ最強なのはやっぱり、パーマリンクの変更なんていう冒険をする前にしっかりバックアップを取っておくことだ。

プラグイン『UpdraftPlus』は本当に一度簡単な設定をすれば、誇張抜きで、手動でも自動でも超簡単にバックアップとその復元ができる。使っていない人は必ず使うべきだろう。

これまでWordPressのバックアップと言えば「BackWPup」というのが定番でこのブログでも使い方など書いてましたが、私の環境で「BackWPup」がエラーを吐くようになりました。「BackWPup」がエラーを吐くので手動でバックアッ

初心者であまりピンと来ず、「そんなに必要?」と思っても、とりあえず設定だけしておいた方がいいと思う。

フォローする