スポンサーリンク
関東連合

工藤明男の『いびつな絆 関東連合の真実』と『破戒の連鎖』

「関東連合」は市川海老蔵暴行事件や六本木クラブ襲撃事件で有名になった、東京都内杉並区・世田谷区の暴走族OBで形成された不良グループだ。 ここでは、その関東連合元幹部の「工藤明男」(柴田大輔)が書いた『いびつな絆 関東連合の真実』と『破...
その他

ニーチェ哲学の基本概念ルサンチマンを分かり易く解説する

ニーチェ哲学の基本概念に「ルサンチマン」というものがある。 これはニーチェ哲学のもっとも基本的な概念の一つであり、これを正しく理解しなければ、ニーチェを読んだところで理解できないか、もしくは誤読してしまう危険があるほどに重要な概念であ...
その他

土居健郎の甘え観と日本文化、義理は「甘えの断念」によって成立する

土居健郎は、「甘え」という概念は日本文化に特有のものだと主張し、それによって日本人の行動原理の少なくともある一部を説明することができるはずだと考えた。 しかし、それは明らかな短慮であったと思える。 土居健郎の甘え観と日本文化 「甘...
スポンサーリンク
その他

『あたしおかあさんだから』の炎上とホフディランの『スマイル』

全然タイムリーでも何でもない話題だが、以前絵本作家の「のぶみ」さんが作詞した『あたしおかあさんだから』という歌が炎上騒動を起こしたことがあった。 それについて考えたことを書いてみたい。 『あたしおかあさんだから』の炎上 私も気にな...
その他

Powered by Googleの表示がある広告について。ブログの月間PV数も確認

色んなサイトを回って見ていると、良さげなサイトには必ずといっていいほど「Powered by Google」(パワード・バイ・グーグル)という文字が左上に表示された、関連記事と広告の混合した8枠表示があることに気付く。 そこで...
その他

木田元『なにもかも小林秀雄に教わった』保田與重郎と小林秀雄の接点

ハイデッガー研究者の木田元(きだ・げん)は文春新書から『なにもかも小林秀雄に教わった』という本を出している。 私は小林秀雄が好きなので思わず買い求めて読んだ。 個人的にもっとも面白かったのは保田與重郎(保田与重郎、やすだ・よじゅ...
その他

ニーチェの三段階変化「駱駝・獅子・幼子」成長の必然的道筋

フリードリヒ・ニーチェは『ツァラトゥストラはこういった』(『ツァラトゥストラかく語りき』)において、精神は「駱駝(らくだ)・獅子・幼子」の三段階の変化を経て成長する、と説いている。 ニーチェの三段階変化「駱駝・獅子・幼子」 『ツァラトゥ...
その他

加藤諦三の言葉『心の休ませ方』と『「自信が持てない人」の心理学』

自分の心や親との関係について深く悩んでいた時期、私は加藤諦三(かとうたいぞう)の著作を何冊も買い求め、貪るように読んだ。その中の言葉は、あるものは自分や周囲を分析する助けになり、あるものは私を励ましてくれた。 今回、読者のために加藤諦...
その他

母親嫌い?今東光の親孝行(小林秀雄対話集『直観を磨くもの』)

小林秀雄の対話集『直観を磨くもの』を読んでいたら、今東光の弟の今日出海と小林との対談で、今東光のことについて意外なことが書かれていた。 小林秀雄対話集『直観を磨くもの』 今東光の母親嫌い 今東光は『悪名』なんかで有名な小説家で、天台宗...
その他

柳田國男の諸著作とそれに対する小林秀雄と三島由紀夫の批評

小林秀雄は『信ずることと知ること』において、三島由紀夫は『小説とは何か』の中で、それぞれ柳田國男の諸著作について言及して称えている。 柳田國男の『遠野物語』 柳田國男が岩手県遠野に伝わる逸話や伝承を収集して記録した『遠野物語』は全体とし...
その他

中島徳博の漫画『朝太郎伝』の登場人物一覧【主人公から脇役まで】

中島徳博の漫画『朝太郎伝』は、土佐に生まれ育った主人公の少年朝太郎が、喧嘩三昧の日々を送りながら成長していく、熱血少年漫画である。 『朝太郎伝』の登場人物一覧 これから『朝太郎伝』の登場人物をなるべく全員を網羅するように紹介していく。 ...
その他

土居健郎の『甘えの構造』のぬるさ

土居健郎の『甘えの構造』について書く。 土居健郎の『甘えの構造』 以前から私は「甘え」という概念に強い関心があった。だからもう数年前にもなるが、有名な土井健郎の『甘えの構造』を買い求めて読んだことがある。 『甘えの構造』の感想 私は...
その他

『田中清玄自伝』と『お父さんの石けん箱』清玄と田岡一雄の繋がり

『田中清玄自伝』 さあ、なんでもお聞きください。 冒頭、田中はインタビュアーにこう言った。 一般に「フィクサー」という色眼鏡で見られている田中に、私がそれとは裏腹の爽やかなイメージを持ち続けているのも、この一語がもたらす開放感がい...
その他

小林秀雄と三島由紀夫の対話 三島の対談集『源泉の感情』から

誰かに「小林秀雄はなぜ偉大なのか」と訊かれたなら私は何と答えるべきなのだろうか。もっとも当たり障りのない答えは、「それまで日本文学において批評対象に従属的なものだった批評を、一つの独立したジャンルとして確立したから」というものだろう。 ...
その他

二つの記述から見るニーチェの思想とユングの直観との根本的対立

ニーチェの思想とユングの直観との根本的対立 ニーチェの思想とユングの直観には根本的な対立がある。 ニーチェ 『ツァラトゥストラはこう言った』の記述。 「偶然」――これは、この世で最も古い貴族の称号である。これを、わたしは万物に取...
その他

『善悪の彼岸』のニーチェのアフォリズム「いたわりつつ殺す手を…」

ニーチェの『善悪の彼岸』(69節)におけるアフォリズム「いたわりつつ殺す手を見たことのない者は、人生をきびしく見た人ではない」を解釈する(説明する)。 「いたわりつつ殺す手を見たことのない者は、人生をきびしく見た人ではない」 比喩を用い...
その他

エレファントカシマシの「歴史前夜」と「歴史」

以前、YouTubeでエレファントカシマシの「歴史前夜」と題された歌を聴いて感動したことがある。しかし公式には「歴史前夜」という歌はないらしい。 エレファントカシマシの「歴史前夜」と「歴史」 エレカシの「歴史前夜」 私はこの曲に興味を...
その他

「毒親」という言葉について 現代における親と子の心理学

少し前から「毒親」という言葉をよく聞くようになった。子の人生に悪い影響を及ぼした親について述べた言葉だが、私はこれについて全否定するわけではないものの、その有害な面についても思うところがあるので述べておきたい(一応述べておくが、ここでは重度...
その他

アルベール・カミュの感受性の特質について

アルベール・カミュとの出会い 中学3年の頃、思春期になって自分を特別な人間だと思いたいという欲望からだろう、私は文学作品をよく読むようになり、そこでアルベール・カミュと出会った。 私はカミュの作品に取り組むほとんどの人がそうであろう...
その他

李相日監督の映画『怒り』の印象 憎しみの無差別性と怒り

※ネタバレあり。 この映画を見て、私は最初、『怒り』というタイトルは間違っているのではないか、と思った。 何故なら、『怒り』の犯人の心にわだかまっていたものは、怒りではなく憎しみだからだ。 憎しみと映画『怒り』 苦労について...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました