アウトローに興味ある人ならこれにも興味あるかも?というYouTubeチャンネル6選

アウトロー周辺の話題

アウトローカテゴリーの記事を書いていると、参考にしたり見る機会の多いYouTubeチャンネルがあるのですが、当ブログが考える「アウトロー系ユーチューバー」の範疇に入らないためになかなか紹介する機会がありません。

もしかしたら当ブログの読者も興味があるかもしれないと思い、そうしたチャンネルも紹介したくなったので、今回は「アウトローに興味のある人ならこれにも興味があるかもしれないYouTubeチャンネル」というテーマで記事を書いて、これらをまとめて紹介しようと思います。

また今回紹介するのはかなり知名度の高いものが多いので「そんなの知ってるよ!」という反応が多いでしょうが、ごく少数であれ、この記事が切っ掛けで初めて知ったり興味を持つ人もいるかもしれないと思い、あえて取り上げてみました。

純粋に「アウトロー系ユーチューバー」に興味がある方は下記の記事を参考にしてください。
スポンサーリンク

アウトローに興味ある人ならこれにも興味あるかも?というYouTubeチャンネル6選

世の中の闇(チャンネル登録者数 15.3万人)

最初に取り上げるのは『世の中の闇』です。

『世の中の闇』は社会的に有名な事件や、半グレ・有名暴走族OB集団など、アウトローに興味のある人には親和性の高い話題を取り上げることの多いYouTubeチャンネルです。

個人的にはそこまで取り上げるつもりもなかったのですが、おそらくそれは特にチャンネル登録して見るという性格のものではなく、自然に上がってくる動画を見れば十分だろうという理由からです。

しかし動画そのものはよくまとまっており、興味のある人が見て退屈するというわけでもないでしょうから、とりあえず取り上げてみました。

動画のテーマとなっている事柄の基本的なポイント・大まかな概要を知ることができるという点では、けして見て損はないでしょう。

【関東連合を壊滅させるためにヤクザになった兄弟】15年にわたった喧嘩の全貌【関東連合vs木村兄弟】【アウトサイダー超え】

VICE Japan(チャンネル登録者数 64.4万人)

次に取り上げるのは『VICE Japan』です。

これは滅多に見ないことからブログ管理人も詳しくは把握していないものの、世界30ヵ国以上に支部を持つユース向けデジタルメディア「VICE」の日本バージョンのYouTubeチャンネルらしいです。

あえて取り上げた理由は、非常に稀ではあるものの複数回、ギャングをテーマにした回があったためです。

ストリートギャング〈Crips〉の入団儀式

この日本では、瓜田純士のような顔面タトゥーに対しては不良たちですら引く傾向にありますが、それが標準もしくはさほど珍しくない中南米のギャングたちの絵面は非常にインパクトがあります。

GANGS OF EL SALVADOR – エルサルバドルのギャング (PART 3)

ちなみに(たしか)私の記憶では、こうしたギャングは顔面のような目立つ場所にタトゥーがあるほど集団内では地位が高いそうです。

ただしこうした反社・アウトローに関して取り上げる回は全体の比率からすればごくわずかで、合わせて社会問題に関心が高い人でもない限り、そこまで見る機会はないのかもしれません。

ID Investigation Discovery(チャンネル登録者数 9.97万人)

次に取り上げるのは『ID Investigation Discovery』ですが、個別に取り上げるほどでもないので、『VICE Japan』のついでに紹介します。

『VICE Japan』と同じくエルサルバトルのギャングを取り上げており、顔面タトゥーごりごりのアウトローに興味のある人は見てもいいと思います。

【ギャングに潜入】殺すか殺されるかのエルサルバドル 収監されると殺人犯になる刑務所 | ギャングの掟 (ID Investigation Discovery)

ただこちらは当記事で取り上げるYouTubeチャンネルの中では動画数全体が非常に少なく、更新頻度も多くないようなので、目ぼしい動画を見てしまったらあえてチャンネル登録する理由はないかもしれません。

【刑務所の中】初体験突然のムショ生活どう乗り切る | 塀の中の一週間 (ID Investigation Discovery)

丸山ゴンザレスの裏社会ジャーニー(チャンネル登録者数 44.2万人)

テレビ出演の過去もあるため、あえて取り上げるまでもないぐらいに知名度が高いといえるのが『丸山ゴンザレスの裏社会ジャーニー』です。

元ヤクザ、警察の捜査目線での反社、アウトローに深い関わりのあるラッパー、治安の悪い海外の現地取材のヤバいエピソードなど、アウトローと親和性の高い話題を取り上げることの多いYouTubeチャンネルです。

【ヤクザと行事】ヤクザは誕生日やクリスマス、正月はどのように過ごすのか?
【ヒップホップと裏社会】ラッパーとヤクザはどのように関わっているのか?

あまりに有名なので取り上げるほどでもないかもしれませんが、除外するのも違和感があったのであえて取り上げてみました。

街録ch-あなたの人生、教えてください-(チャンネル登録者数 28万人)

次に『街録ch-あなたの人生、教えてください-』を取り上げます。

このYouTubeチャンネルは、人生の表街道を逸れた特殊な人を中心に、その人人の生経験を当人に街を散策したり街角で座って語たりしてもらうところを撮影・収録するというものです。

したがって結果的に元アウトローやアウトローに強い親和性の持つ人物を取り上げることが多く、例として元闇金、元詐欺師、元半グレ、風俗関係の仕事の人、まだ著名でないラッパー、有名芸人や逆にそれほど売れてるわけではないお笑い芸人といった人が多く登場します。

個人的に印象的なのは「沖縄のゆすり屋」の話で、「ゆすりで儲けた金で宇宙旅行に行くのが夢」と語り、それを聞く撮影者が引いていると「ゆすられる人は人に言えないような秘密(悪事を働いた過去)を持っているのだから、ゆすられる側が一番悪い」という自説を展開、妙な説得力を感じさせ、見ているこちら側の世界観・先入観が思わず揺さぶられてしまいました。

収入源はゆすり/沖縄那覇市に家賃9千円/生活保護受けながらオバアにたかる男

また当ブログでもよく取り上げる所沢のタイソン(久保広海)が、アウトローに詳しい人以外にも知名度を上げる切っ掛けとなったのも、おそらくこのチャンネルで取り上げられたことだったかと思います。

路上で総合格闘技王者を失神させた最強の素人喧嘩師/月3000万円、アングラビジネスで稼ぐ半グレ/10回以上の逮捕/

そして個人的な経験からいえば、この回で取り上げられている「所沢のタイソン」に関するネット記事は(他のブログでは書いていなかったと思うので)99%の確率で当ブログの記事だと思います。

ある日、当ブログで書いていた該当の「所沢のタイソン」の記事のアクセス数が激増して何が起きたか分からず戸惑い、YouTubeの検索で挙がってもすぐには当人と気づかず、ようやく原因が分かって我が目を疑った、という思い出からも印象深い回です。

懲役太郎チャンネル(登録者数 29.1万人)

アウトロー系ユーチューバーを見ている人は、もしかしたらかなりの人が見ているんじゃないかと思うほど知名度・親和性が高いのが『懲役太郎チャンネル』です。

懲役太郎チャンネルは元ヤクザで懲役経験のある方が、顔出しせずにVTuber形式で送るYouTubeチャンネルで、「バーチャル刑務所」の受刑者が面会中に話すという設定の面白さから誰にでも取っつきやすいYouTubeチャンネルです。

また反社の経験・懲役の経験がもたらす特殊な知識によって視聴者の知的関心を満たしてくれると同時に、「笑い」という誰も嫌わないセールスポイントによって多くの支持者を集めています。

アウトロー系YouTuberに物申す!
【事件解説】死体は山には埋められない、その理由

またアウトロー系ユーチューバーは時に、「この人、本当に更生してるのかな?これからも悪いこと絶対しないって言いきれるかな?」と視聴者に対し不安を感じさせるところもあります。

しかし、この懲役太郎チャンネルは(たしか)年齢50代という長い人生経験のおかげもあって、ちゃんと平均的な日本人と同程度の倫理観を確立しており、「余程のことがない限り、再びそっち方面に行かないだろう」という安心感を与えてくれる点でも評価しやすいYouTubeチャンネルです。

堀井翼のラッキーパンチチャンネル(登録者数 5.92万人)

最後に取り上げるのは「練馬の伝説のヤンキー」だった格闘家・堀井翼の『堀井翼のラッキーパンチチャンネル』です。

個人的には今回取り上げた中でもっとも好きなYouTubeチャンネルです。

アウトロー系やそれに類するYouTubeチャンネルが一般受けするためには、その外見・キャラクター・エピソードの怖さを緩和するようなユーモアの要素が重要になります。

その点では、ワードチョイスのセンスや独特の雰囲気から面白さを感じさせる瓜田純士の『瓜田夫婦』、設定が面白く話術が巧みな『懲役太郎』といったYouTuber・VTuberが挙げられますが、この『堀井翼のラッキーパンチチャンネル』の堀井翼は、とにかくキャラクターの面白さで群を抜いています。

不必要なのに背中を向けた状態から上体をのけぞらせて相手を威圧する「フラッシュバック」から見えるサービス精神、緊張するとすぐにセリフを噛む癖、多くの動画撮影時点でまだ「童貞」であること、どんなに威圧的でもどことなくにじみ出る「いい奴」感といい、ともかくハマってしまうとすべてが面白く感じます。

秒殺KOで負けた翌日に対戦相手の山崎秀晃の自宅に乗り込んで再戦要求してみた。

あまりに堀井が面白かったので、堀井翼が「山崎パン祭りパイセン」と呼ぶ山崎秀晃との対戦動画を見たくなり、私はかなり久しぶりに格闘技の試合動画を見ることになりました。

【OFFICIAL】山崎 秀晃 vs 堀井 翼 セミファイナル(第7試合)◎【出版オーディション株式会社Presents】Krushスーパー・ライト級/3分3R・延長1R

ともかく、今回取り上げた中では個人的には一押しのYouTubeチャンネルです。

まとめ

以上、「アウトローに興味ある人ならこれにも興味あるかもしれないYouTubeチャンネル」として、

  1. アウトロー事情の基本的な情報を知ることのできる『世の中の闇』
  2. 海外のギャングの特集回がある『VICE Japan』(および『ID Investigation Discovery』)
  3. ディープな裏社会情報が覗ける『丸山ゴンザレスの裏社会ジャーニー』
  4. 裏街道を歩んだ人の特殊な人生経験が面白い『街録ch-あなたの人生、教えてください-』
  5. ユーモアのある設定と話術が印象的な『懲役太郎チャンネル』
  6. とにかくキャラクターの面白さが群を抜く『堀井翼のラッキーパンチチャンネル』

この6つ(+1つ)を取り上げました。

(記事おわり)

タイトルとURLをコピーしました