ブログ読者のためのKindle Unlimited講座【Amazonの電子書籍読み放題サービス】

アウトロー関連本・雑誌
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

ここでは当ブログ読者のために、Amazonの電子書籍の読み放題サービス・Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)を解説します。

一応は主要なブログテーマが「アウトロー」であることからアウトローファンを意識して書いてはいますが、一部の紹介記事を除けば、アウトロー好きか否かに関わらない普遍的な解説となっています。

結論だけ先に述べると、この記事の内容は以下の通り。

  • 無料体験もあるKindle Unlimitedは絶対に損することのないサービスである。
  • 最大の問題は、初めての利用をいつするかのタイミングである。
  • Kindle Unlimited登録に最適のタイミングは、複数冊以上の読みたい本の当てがあるか、もしくはお得感で納得のいくキャンペーン中かのどちらかに該当する場合である。

それではこれから解説していきます。

スポンサーリンク

ブログ読者のためのKindle Unlimited講座

Kindle Unlimitedはこんなサービス

箇条書きでまとめるとKindle Unlimitedはこんなサービスです。

  • 月額980円(税込)
  • 初めての利用者は30日間の無料体験付き。
  • 読み放題対象は、和書12万冊・洋書120万冊(全体で200万冊以上とも)
  • スマホ、タブレット、PC、Kindle端末で読める。
  • 同時にダウンロードして利用できるのは10冊まで。
  • ジャンルは小説、ライトノベル、漫画からビジネス、専門書まで多岐に渡る。
  • 読み放題のラインナップは予告なしで定期的に入れ替えがある。

Kindle Unlimitedは、無料期間を過ぎても継続するならば月額980円かかります。

元を取るのは非常に簡単で、一冊1000円以上の本を月一で読む方か、もしくは数百円の本を数冊読む方ならそれだけで元が取れます

またKindle Unlimitedではラインナップの定期的な入れ替えがあるため、読みたい本が見つかった場合には早めに読んでおいた方がいいでしょう。

扱っているジャンル

Kindle Unlimitedで扱っているジャンル・分野は非常に幅広く、ほとんどオールジャンルといっていいと思います。

  • 小説・評論・思想書
  • コミック
  • ライトノベル
  • アダルト
  • タレント写真集
  • 雑誌
  • ビジネス書・実用書
  • 趣味の本
  • 洋書
  • 絵本・児童書
  • 資格・語学の本
  • 音楽・医学・ITなどの専門書

幅広いジャンルの中で特に数が多いものを挙げれば、コミック、文学・評論、人文・思想、また意外にもアダルトの数などが突出しているようです。

こんな人には特におすすめ

Kindle Unlimitedはこんな人には特にお勧めです。

  • もう家に本を置くスペースがない、もしくは少ない。
  • 中古本はあまり好きではない。
  • 必ずしも最新刊にこだわらない。

Kindle Unlimitedは電子書籍のサービスなので、本好きで家が紙の本でかさ張ってしまい、これ以上は置くスペースがない、といった人にはお勧めです。

また元を取るまでの読書量について言えば、中古本より新品の本の方が高いので、「中古本は苦手でいつも新品を買っている」という人は簡単に元を取ることができます。

最後の「最新刊に拘らない」というのは、Kindle Unlimitedの数少ない弱点は最新刊はほとんど読めないということで、裏返せば普段から新刊にしか興味のない人には不向きなサービスといえます。

Kindle Unlimitedの弱点

Kindle Unlimitedにはこんな弱点もあります。

  • 新刊はラインナップに含まれない。
  • 同時に10冊までしか読めない。
  • 検索機能がやや弱い。

最初の「新刊はラインナップに含まれない」というのは前述の通りです。

またKindle Unlimitedは同時に十冊までしかダウンロードできないのですが、特に続きモノの漫画を読んでいる時などは、まだるっこしく感じることがあるかもしれません。

最後の検索機能については、ある程度は検索方法をググることで解決しますが、Kindle Unlimitedについてはよく聞かれる不満です。

初めての利用者は30日間無料

とはいえ、トータルではKindle Unlimitedは非常に優れた電子書籍サービスといえます。

それでも、継続利用するのに月額980円は高いと感じる方もいるでしょう。

そういう方にとっては、次のポイントが非常に重要になります。

初めての利用者には「30日間無料体験」がある。

このKindle Unlimitedの無料体験は登録後の途中解約も可能で、解約後も登録から30日間はダウンロードした書籍を読むことができます。

したがって幾つかの弱点にも関わらず、その点を考慮すれば、絶対に損することはないのがKindle Unlimitedというサービスです。

では今すぐに登録すればいいかというとそうではなく、(Kindle Unlimitedを継続利用しない場合には)「初めての登録」というアドバンテージ(※)を最大限に生かすにはどうしたらいいかが問題となります。

言い換えれば、Kindle Unlimitedというサービスにおいて、「登録するかどうか」ではなく、「いつ登録するか」のタイミングがもっとも重要なポイントだということです。

※人によっては「間隔を空けたら無料体験が復活した」という体験談を持つ人もいます。またAmazonアカウントを複数持っている場合は、無料体験をしていないアカウントで再度無料体験をするという裏技も可能です。ただその場合は別の電話番号が必要だそうです。(以下、このような例外ケースは除外して書きます)

いつ登録するのが最適か?

管理人が思うに、登録するのに相応しいタイミングは以下の通りです。

  1. 現在のラインナップにどうしても読みたい本が複数冊ある。
  2. 十分なお得感を感じられるキャンペーン中である。

現在のラインナップにどうしても読みたい本が複数冊ある

例えば、無料期間の1カ月以内で最大限に読書を楽しむ場合、「最初の1週間で目当ての本を1~2冊読んだが、残りの3週間は読む本を見つけられずに空費してしまった」ということになれば非常に勿体ないです。

したがって登録前にある程度、読みたい本の目ぼしをつけておくのが重要になります。

逆にどうしても読みたい本が複数冊あって30日間の無料体験を十分に有効利用できる場合には、Kindle Unlimitedに登録してもいいでしょう。

ちなみに当ブログでは、アウトローファン読者が読みたい本の目ぼしを付けられるように、こんな記事も用意してあります。

十分なお得感を感じられるキャンペーン中である

もう一つのパターンとして、Kindle Unlimitedでは定期的に初めての利用者を対象としたキャンペーンを開催することがあります。

例えば、過去には初めての利用者を対象に次のようなキャンペーンが行われたことがあります。

  • 2か月99円キャンペーン(通常は980×2=1960円)
  • 3ヶ月99円キャンペーン(通常は980×3=2940円)
  • 3ヶ月199円キャンペーン(同じく)
  • 3ヶ月299円キャンペーン(同じく)

このような期間限定のお得なキャンペーンは通常は10~15日前後開催されますので、そのような機会に利用したなら「初めての利用者」というアドバンテージを十分に活用できるでしょう。

またこのようなキャンペーンは、時には初めての利用者だけでなく、過去に利用経験のある方が対象のものもあるので見逃さないようにしたいところです。

もちろん、そのような特別なキャンペーンがなくとも、普段の30日間無料体験だけで十分という方はそちらを利用してもいいでしょう。

kindle端末の無料キャンペーン

またこの記事の「なるべく金をかけずにKindle Unlimitedを利用する」という主旨とは異なりますが、思い切ってkindle端末を買う場合には、オプションで選択すれば「3ヶ月無料キャンペーン」がついてきます。

購入する場合にはオプションの選択を忘れないようにしてください。

Fire HD 10 タブレット ブラック (10インチHDディスプレイ) 32GB + Kindle Unlimited(3か月分。以降自動更新)
Amazon
¥15,980(2021/12/30 09:26時点)
200万冊以上の本・マンガ・雑誌・洋書を読み放題でお楽しみいただけるKindle Unlimited3か月分(2,940円相当)がセットになっています

終わりに

以上でKindle Unlimitedの解説を終わります。

ジャンル別にKindle Unlimitedで読む本を探したい方は以下をご参照下さい。

 

今すぐにKindle Unlimitedを登録、もしくは現在の自分が利用できるKindle Unlimitedキャンペーンを確認したいという方は以下を御覧ください。

アウトロー関連本・雑誌
スポンサーリンク
スポンサーリンク
犀の角をフォローする



犀の角
タイトルとURLをコピーしました