【やから先輩配信】池袋大関が謝罪もナイトに詰められYouTube引退か

アウトロー系ニュース
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

やから先輩の配信で、やから先輩、池袋大関(元チーマー)、ナイトの三者が電話で会談しました。

その席は池袋大関の謝罪のために用意されたものでした。

動画はアーカイブとして残されていますが、ナイトが大関を詰めるシーンはカットされています。

池袋大関が謝罪もナイトに詰められる

まず池袋大関はグループチャットの電話で出演、(この時点ではナイトはまだ不参加)冒頭で率直にやから先輩に謝罪します。

やから先輩自身はそれほど気にしていなかったらしく、素直に謝罪を受け入れた様子ですが、そこで大関自身が謝罪に至った経緯について視聴者に説明しています。

池袋大関は次のような経緯から謝罪に至ったそうです。

  • 大関は池袋に住んでいたが、鬼龍力也の名を聞いたことがなかった。そこで池袋大関は自分のYouTubeチャンネルで鬼龍力也を煽るような動画を上げた(現在は削除)。
  • 大関はやから先輩に対しても「オモチャにする」などの発言があった。
  • やから先輩の配信でナイトが出演した。ナイトは鬼龍と会ったことはないものの繋がりがあるらしく、そこで鬼龍力也の名前を出した。
  • その配信を池袋大関が聞き、ナイトの声が西山(鬼面党)と似ているために西山と勘違いしてしまった。少年時代、大関のいたグループは西山らに喧嘩で負けたことがあるらしく、ヤバいと思った。
  • そこでやから先輩の伝手で西山・やから先輩に謝罪することにした。

このような説明がやから先輩の配信で為されましたが、その説明が終わるか終わらないかの時に、突然ナイトが割って入ります。

ナイトは大関の話をほとんど聞かず、ひたすら詰めます。

何とかやから先輩が間に入って説明を継続しますが、それが終わると、またナイトが「お前はどうせサツタレしかできねえだろ」「僕はオカマですって言えよ」などと、ひたすら大関を詰めます。

結局、大関は戸惑うばかりで強い反論もせず、場を作ってくれたやから先輩に礼を言って電話を終えました。

YouTube引退?

その後、ナイトの配信では「やからが連絡を取ったところ、YouTubeを辞めると言ってるらしい」と話しています。

他にもナイトは同配信で「ネットの喧嘩なら300戦以上はやってるかもしれない」(冒頭付近)「配信だけで6年食ってる。配信やって数か月で月の収入が3桁を越えてた」(31:30~)などと話しています。

アウトロー界隈の配信者にはありがちですが、上記の動画ではさっそく高評価:低評価が47:127と低評価が大幅に上回っています。

タイトルとURLをコピーしました