大手メディアも陰謀論が真実と知ってるのでは?と思った3つの出来事

陰謀論

陰謀論界隈は話の性質上、あまり頭の良くない人が多いので、単純に「大手メディア・大手メディア関係者は何も分かってない」と信じ込んでいる人が多いようです。

しかし最近、「実は大手メディアも陰謀論が真実と知ってるのでは?」と思わせるような出来事が3つありました。

その3つの出来事をご紹介します。

スポンサーリンク

大手メディアも陰謀論が真実と知ってるのでは?と思った3つの出来事

テレビ東京(テレ東)が真っ先にQアノンを紹介

まずテレビ東京(テレ東)がおそらく大手テレビメディアとしては真っ先に「Qアノン」を紹介したということ。もちろん内容はどちらかといえば否定的なものです。

熱狂的なトランプ派の陰謀論集団「Qアノン」が勢力急拡大 米大統領選にも影響!?(2020年9月11日)

○鹿はここですぐに「これだから日本のメディアは…」とか「これがテレビの限界」とか言ってしまいます。

ところがちょっと立ち止まって考えてみてください。

テレビ東京といえば?

そう、あの関暁夫が出演して、フリーメイソン、イルミナティ、911陰謀説などを世に広めることに大きな力をもった「やりすぎ都市伝説」という人気番組を擁する局です。

はたして表向きの報道通り、「Qアノンは100%陰謀論集団で単なるデマ拡散をしているに過ぎない」と考えているのか?

そう装って、真実が含まれている可能性があると考え、少なくとも判断材料だけでもを提供しようとして(われわれにしたってCIA・NSAの内部関係者じゃないんですから、陰謀論が100%事実だと断定できないですから)、情報拡散を行った可能性はないのか?

もちろん、大前提として「911は自作自演です!311は人工地震です!ハリウッド・世界の政財界の権力者の多くは児童虐待と悪魔崇拝を行ってアドレノクロムというドラッグを摂取してます!」なんて堂々と主張できるわけがない、ということは分かっていなきゃいけません。

それが理解できないならもう話になりません。

毎日新聞「バイデンの小児性愛説は陰謀論」動画の激しい違和感

二つ目は「バイデンの小児性愛説は陰謀論だ」と(表向き)主張している、毎日新聞の公式YouTube動画です。

特派員レポート:バイデン氏を「小児性愛者」と攻撃…渦巻く「親トランプ」陰謀論

もちろん、表向きはバイデンが小児性愛であることを否定してるわけですが、バイデンが子供にベタベタ触る動画をこの中で流しています(1分ごろから)。

この子供にベタベタ触る動画はTwitterのQアノン関係アカウントが拡散しているものとまったく同じで、しかも「急に挿入される薄気味の悪いBGM付きです。

さて、この毎日新聞動画を見るすべての人が、動画の表向きの主旨通り「バイデンが小児性愛者(ペドフィリア)だというのは陰謀論だ!」と確信するんでしょうか?

もちろんそう思う人も多いでしょうが、中には「あれ?本当にバイデン小児性愛者じゃね?」と疑い始める人もいるんじゃないでしょうか。

さあ、動画作成者の意図ははたして‥‥?

5Gに関する某テレビ局の報道

3つ目は某テレビ局が「5G(ファイブジー)」に関して報道しているのを見た時のこと。

5Gは陰謀論界隈では、人体に非常に危険だと噂されているものです(コロナの死亡者数の多い国は、5Gが先駆的に普及した国と一致すると主張している人も中にはいます)。

該当の報道ですが、どの局だったかは本当に何の気なしに見ていたので覚えてません(そのため、情報に不正確なところもあるかもしれませんがご容赦ください)。

それはこういうシーンでした。

男性の現場報道者が、日本における5Gを管轄する省庁、総務省の前に行きます。

持ってるスマホ画面の「4G」の表示を見せて、「ここでは5Gは繋がりません」と一言。

大手携帯会社(おそらくソフトバンクだったと思います)の本社の前に来て、同じように「ここでも5Gは繋がりません」とまた一言。

番組は「ではどのようなエリアで繋がるんでしょうか?」と、ここから5Gが機能するエリアを紹介していく、という流れの報道。

番組の流れを見る限り、冒頭の総務省前と携帯会社の本社前での一幕は、「まだ5Gが繋がるエリアは少ない。今のところどこで繋がるのか」という情報を報じるための前振りだったようです。

しかし、何かほんのわずかに微妙な違和感を覚えました。

その違和感の正体を探っていくと、それは「何でわざわざ総務省や携帯会社の本社の前で繋がらないことを確認したのか?」ということ。

単に「まだ5Gが繋がる場所は少ない」ということだけなら、他にいくらでも繋がらない場所はあったでしょう。

本来、5Gのような大規模な企画は、模範を見せる意味でも、携帯本社や関係省庁の近辺などが率先して通じるように計らうものでしょう。

しかし番組で報じられたように、彼ら(携帯会社本社や総務省)は(少なくとも報道時点では)それをやっていなかった

その理由を推測するなら、おそらく彼らは5Gに大きな危険性があることを知っているから。だからおそらく、自分たち身内に身の危険の及ぶ近所ではあえて5Gが繋がらないようにしていた(あるいはまだ繋げたくなかった)。

さて、この報道を見た人は、「あれ?関係省庁や本社前で5Gは繋がらないの?おかしくない?」と違和感を覚えないのか? そういう人が5Gについて真剣に調べ始める可能性はないのか?

また既に5Gの危険性を疑っている人が、疑惑を確信に変えたりしないのか?

もしくは既に5Gの危険性を確信している人が「やっぱり5Gは危険なんだ!」とより確信を深めたりすることはないのか?

そして、何故わざわざそのように感じさせる可能性もある報道をしたのか?

その報道番組を担当した人や映像編集した人は、もしかしたら意図的に?‥‥

最後に

もちろん、何か確証があるわけではないですが。

しかし、たぶん大手メディア関係者だって全員が全員、陰謀論否定派というわけではないでしょう。

というわけでこの記事は以上です。

タイトルとURLをコピーしました