【動画】大西つねき「命の選別」発言とは?【経歴】

YouTube

「れいわ新選組」所属の大西つねき氏が、YouTubeで「命の選別をするのが政治。老人から逝ってもらう」と発言したことで炎上しました。

いったいこの発言はどのようなものだったのでしょうか。

また大西つねき氏はどのような経歴なのでしょうか。

この問題と大西つねき氏について調べてまとめました。

スポンサーリンク

【動画】大西つねき「命の選別」発言とは?大西つねきの経歴

https://youtu.be/XnqZ7MI13B8
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

大西つねきの経歴

大西つねき氏の経歴は次の通り

  • 生年月日:1964年2月29日
  • 東京都荒川区出身
  • 私立巣鴨中学・高校卒業
  • 上智大学外国語学部英語学科卒業
  • シアトル大学政治科学専攻
  • J.P.モルガン銀行資金部で為替ディーラー
  • バンカース・トラスト銀行に入行
  • 株式会社インフォマニア・代表取締役
  • 政治団体フェア党の代表に
  • 2017年に衆議院選挙に出馬
  • 2019年にれいわ新選組から参議院選に出馬

政治思想としては、貧困、格差、戦争などわれわれが直面している問題の多くが「お金の発行の仕組み」にあるとしています。

これはJ.P.モルガン銀行に勤めていた経験に由来しているようです。

著書も出版しています。

大西氏の活動は幅広く、自身のYouTubeチャンネルをもっている他、有名な社会派ユーチューバーの「せやろがいおじさん」との対談も行っています。

大西つねき ✕ せやろがいおじさん対談 YouTube 対談!!! [2019年7月16日]

【動画】大西つねき「命の選別」発言とは?

問題の「命の選別」発言は、7月3日のYouTube動画内での発言です。

この発言は「ナチス顔負け」として物議をかもしました。

大西氏は自身のYouTubeチャンネルを持っており、その動画内で発言したようです。

大西 つねき – YouTube

問題の動画は既に削除されていますが、部分的に切り取られた動画は別に挙げられています。

それが下です。

https://youtu.be/x7DsNJBX8XY
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

文字に起こすと、次のような発言だったそうです。

高齢者は死んでいいのか。

高齢者はええっと、高齢者は死ぬ確率は高いし、
そもそもね、ええっとその話ししましょうか。

どこまでその高齢者を長生きさせるのかっていうのは
あれ真剣に考える必要があると思いますよ。

あのなんでかっていうと今その介護の分野でも医療の分野でも
これだけその人口の比率がおかしくなってる状況の中で
特に上の方の世代があまり多くなっている状況で
その高齢者をちょっととにかく長生き死なせちゃいけないという
長生きさせなきゃいけないっていうそういう政策をとっていると、
これ、多くのお金の話じゃなくてあのもちろん医療費が介護料を
金がすごくかかるんでしょうけど、
これ若者たちの時間の使い方の問題になってきます。

どこまでその高齢者をちょっとでも長生きさせるために
子供を若者たちの時間を使うのかっていうことは
真剣に議論する必要があると思います。

こういう話、多分、政治家は怖くてできないと思うんですよ。

命の選別するのかとか言われるでしょう。

命、選別しないと駄目だと思いますよ。

はっきり言いますけど、
なんでかと言いますとその選択が政治なんですよ。

選択しないでみんなにいいこと言っていても、
多分それ現実問題として、多分無理なんですよ。

そういったことも含めて順番として、
これ順番として、その選択するんであれば
もちろん高齢の方から逝ってもらうしかないです。

引用:YouTube

大西つねきは謝罪

大西つねき氏は「政治家としてあるまじき発言だった」、「『命の選別をやめよう』というれいわ新選組の結党精神にも反するとして謝罪しています。

山本太郎は除籍を決定

3日のYouTube動画の発言が山本太郎の耳に届いたのは7日朝だったそうです。

当初、山本太郎氏は「立党の精神に反するもので看過できない」としながらも

「命について真摯に向き合うチャンスを与えたい。人は変われる」

と除籍せず更生に期待する姿勢でした。

しかしあまりに批判の声が強すぎて守り切れなかったのか、10日夕方の記者会見で「来週にも総会を開いて除籍を提案する」としました。

だからこのまま除籍の流れになるのではと見られます。

この記事は以上です。

タイトルとURLをコピーしました