岡村兄弟・弟(尼崎)は無関係!?大阪府警の捜査は振り出しに戻る?

大阪・吹田の交番で警察官が刺されて拳銃が奪われた事件で、一時「尼崎在住の岡村兄弟の弟」が犯人ではないか、という情報が流れました。

この情報の出どころは作家の沖田臥竜氏のツイッターと思われますが、沖田臥竜氏がさきほど、この「犯人=尼崎在住の岡村兄弟の弟」説を打ち消したと解釈できるようなツイートをしました。

さらに正規の報道でも

沖田臥竜の関連ツイート

最初から関連ツイートを並べるとこのようになります。

岡村兄弟・弟は無関係

ところが、沖田氏はさきほどこのようなツイートをしました。

これは実質、「岡村兄弟の弟=犯人」説が消えたということかと思います。

沖田臥竜氏は当初「岡村兄弟・弟=尼崎在住」「岡村兄弟・兄=京都在住」としていました。


それならこの「尼崎は無関係」は、ほぼ「岡村兄弟・弟は無関係」の意味に等しく、さらに「捜査は振り出しに戻った」ということは、「弟ではなく兄が犯人」ということですらないということでしょう。

捜査は振り出しに

報道でも次のように報じられています。

 事件当初、逃走している人物の中に、兵庫県尼崎市在住の男性がいるとの情報があり大阪府警が確認していたが、無関係と判断したという。

引用:Yahoo!ニュース

結局「岡村兄弟」というのは、警察としてはともかく事件が起こった以上、犯人の外観や行動からめぼしい当たりをつけねばならず、その一環として一時的に「岡村兄弟の弟」が有力視されたものの、色々な情報を当たった結果、その可能性が潰れたということでしょう。

その過程で沖田臥竜氏に情報が流れてきたということかと思われます。

以上です。

フォローする