小椋慶一の顔画像は?神戸山口組系健國会組員がシャブ使用中に発砲で裁判

覚せい剤を使用の上で神戸市長田区の路上で拳銃を発砲した神戸山口組系組員・小椋慶一(おぐらけいいち)被告の裁判が行われています。

この小椋慶一(おぐらけいいち)について調べました。

小椋慶一の裁判が行われる

小椋慶一被告について、2018年10月に拳銃を発砲したことなどが起訴されています。

去年10月、神戸市長田区で、拳銃を発砲した罪などに問われた暴力団組員の男の裁判員裁判で、男は起訴内容を認めました。

【警察官】
「銃置け!」

起訴状によると指定暴力団・神戸山口組系組員の小椋慶一被告(49)は去年10月、覚せい剤を使用した上、神戸市長田区の路上で拳銃2丁を所持し、弾丸を4発発砲した罪などに問われています。

5日の初公判で検察側は、小椋被告が自宅などにも合わせて4丁の拳銃と33発の銃弾を所持していて、悪質だと指摘しました。

一方、小椋被告は起訴内容を認め、弁護側は「小椋被告は出所後に覚せい剤を使用したことで自己嫌悪に陥った。人に向けては発砲していない」として情状酌量を求めました。

判決は7日、言い渡されます。

引用:「覚せい剤」を使用し”拳銃発砲”の暴力団組員、弁護側は「人に向けては発砲していない」と酌量求める

弁護側は「小椋被告は出所後に覚せい剤を使用したことで自己嫌悪に陥った」としており、また他の報道では、「覚醒剤をやめられず、情けなくなった」と供述しており、何かやり切れない感じがします。

起訴状によると、昨年10月23日午後11時55分ごろ、同区内の路上で拳銃で弾丸4発を発射し、翌日までに自宅などで拳銃4丁と実包33個を所持したとされる。同月23日に自宅で覚醒剤を使ったとして覚せい剤取締法違反罪でも起訴された。

検察側は、現場近くに兵庫高校があることなどから「危険性は高い」と指摘。弁護側は「人に向かって発射したわけではない」などとした。動機について被告は「覚醒剤をやめられず、情けなくなった」などと述べた。

引用:神戸の住宅街で拳銃発砲 組員「覚醒剤やめられず」 初公判で起訴内容認める

しかし覚せい剤を使用した上に拳銃を発砲するなど、聞いたこともないような罪状です。

それでも本人は「人に向けては発砲していない」として情状酌量を求めています。

たしかに人には向けていないかもしれませんが、薬を使っているので当然ですが、動画で見てみると相当ふらふらしていて危ない状態に見えました。⇒動画ページ

発砲する動画

こちらの動画は警察が到着する前の動画。

場所は任侠山口組の織田絆誠(よしのり)代表のボディーガード射殺の事件が起こった自宅近くのところで、神戸山口組側が監視のために作ったアジトであり、小椋被告はその自分たちのアジトに向けて発砲。

その行動の支離滅裂さから、当時から薬物を使用している疑惑があるとして捜査されていました。

2018年10月25日

小椋被告にはそれ以前にも覚醒剤による逮捕歴があり、この時も足元がふらつき異様な様子で、逮捕後にもポケットの中から注射器が見つかっています。

その場所の特殊性のせいもあって、ある全国紙の新聞記者は小椋被告がシャブを使用した理由について、「織田を撃て」と言われたことでプレッシャーを感じ、その重圧から逃れるために使用したのではないかと推測していました。

続報:懲役10年の判決が下る

※続報 2019年6月7日、小椋慶一被告に懲役10年の判決が申し渡されました。

 神戸市長田区の住宅街で拳銃を発砲したなどとして、銃刀法違反などの罪に問われた指定暴力団神戸山口組系組員の男(49)=同区=に対する裁判員裁判の判決公判が7日、神戸地裁であった。川上宏裁判長は「危険性が高い」として、懲役10年(求刑懲役12年)と拳銃などの没収を言い渡した。

引用:ヤフーニュース

小椋慶一の顔画像

小椋被告の知人によれば、小椋被告は15年以上前にヤクザになり、それまでは大阪で半グレのような生活をしていました。

寡黙で計算も立つ頭もいい男でしたが、しかしどうしてもシャブだけはやめられず、妻子を養う甲斐性がなかったとされています。

小椋慶一の当時のニュース

こちらは2018年10月24日、当時のニュースです。

神戸市長田区で発砲音 銃刀法違反の疑いで男逮捕

23日夜遅く、兵庫県神戸市長田区の路上で「発砲音がする」と通報があり、警察は拳銃のようなものを持っていたとして現場近くにいた男を逮捕しました。

銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕されたのは、大阪市住吉区の自称無職小椋慶一容疑者(48)です。

警察によりますと小椋容疑者は24日午前0時すぎ、神戸市長田区寺池町の路上で拳銃のようなもの2丁を所持していた疑いが持たれています。

23日午後11時55分ごろ、現場近くに住む女性から「拳銃の発砲音が数回聞こえた」と110番通報があり、警察官が駆けつけたところ、小椋容疑者が右手に拳銃のようなものを持っていたため取り押さえたということです。 けが人はいませんでした。

調べに対し、小椋容疑者は「拳銃を持っていたのは間違いない」と容疑を認めているということで、警察は発砲があったかどうかや動機などを調べています。

引用:サンテレビ

小椋慶一の再逮捕のニュース

さらに再逮捕時のニュースです。

神戸市長田区発砲事件 銃を発射した疑いで男を再逮捕

10月、兵庫県神戸市長田区の住宅街で拳銃2丁を持っていた疑いで男が逮捕された事件で、兵庫県警は13日銃を複数回発射したとして男を再逮捕しました。

銃刀法違反の疑いで再逮捕されたのは、指定暴力団「神戸山口組」傘下の組員・自称無職の小椋慶一容疑者(48)です。

警察によりますと、小椋容疑者は10月23日夜、神戸市長田区寺池町の路上で拳銃を複数回発射した疑いが持たれています。

この事件を巡っては、警察は10月24日、拳銃2丁を持っていたとして小椋容疑者を現行犯逮捕。 捜査を進める中で、通報者が発砲音を聞いていることや現場から薬きょうが数発見つかっていることから、小椋容疑者が銃を発射した疑いが強まったということです。

引用:サンテレビ

過去の逮捕

小椋慶一被告は2009年8月4日にも、6月13日に拳銃と銃弾を持っていた容疑で逮捕されています。

拳銃と実弾を自宅に隠し持っていたとして、大阪府警住吉署は4日、銃刀法違反容疑で大阪市住吉区殿辻、指定暴力団山口組系組幹部小椋慶一容疑者(39)を逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。
逮捕容疑は6月13日、自宅マンションで分解した中国製の自動式拳銃1丁と実弾9発を所持していた疑い。

引用:拳銃所持で暴力団幹部逮捕=中国製、実弾も押収/大阪

神戸山口組系の健國会

小椋慶一について所属組織や役職などを調べたところ、神戸山口組・四代目山健組・健國会に所属しているということが分かりました。

神戸山口組 > 四代目山健組 > 健國会

神戸山口組の三次団体である健國会ですが、三次団体としては規模が大きく、構成員数
は推定約140人、兵庫県神戸市に本部があります。

また、小椋慶一被告が二代目賢仁組組長だという情報もあります。

しかし二代目賢仁組は、六代目山口組の四次団体で上部団体が三代目弘道会・野内組、大阪府住吉に本部があるという情報と、神戸山口組の四次団体で大阪府大阪市中央区に本部があり、上部団体が四代目山健組・袖岡総業だという情報と二つがあります。

どちらか判断しかねるので断定するのは控えます。

また小椋慶一は健國会では幹部だという情報もあります。

以上です。

フォローする