野口和樹(金塊強奪犯)の顔画像 半グレ野口兄弟は弘道会と関係も?

7月19日発売の『FRIDAY』では、2016年の福岡金塊強奪事件の犯人と雨上がり決死隊・宮迫博之さんが一緒に写った写真が出るとされています。

この事件では2016年7月、JR博多駅近くで警官を装った男らに約7億6000万円相当の約160キロの金塊が盗まれ、主犯格の野口兄弟らが翌年5月に逮捕されています。

『FRIDAY』で金塊強奪犯の野口と雨上がり宮迫が?

『FRIDAY』は「宮迫博之 半グレ金塊強奪犯と『ギャラ飲み』現場写真」と題して下のような写真を掲載しました。


出典:Twitter

写真にモザイクなしで宮迫と一緒に映っているのは、2016年の福岡・金塊強奪事件の主犯格、野口兄弟の兄・野口和樹と思われます。

さらに驚きなのは、この写真は金塊強盗の3週間後、犯人たちの逃亡中の期間に撮影されたものだということです。

宮迫は2016年7月、大阪・北新地のキャバクラで、金塊強奪犯を含む男性4人のグループと顔を合わせ、記念撮影をしました。

また帰る時には彼らから5万~10万円の“ギャラ”を受け取ったという証言もあり、それがタイトルの「ギャラ呑み」に繋がったようです。

※宮迫博之は結局、この記事が決定打となって契約解除が決定したようです。

吉本が宮迫博之の解雇(契約解消)を決定『FRIDAY』金塊強盗がトドメか

野口和樹(金塊強奪犯)の顔画像

下は2017年逮捕当時に出回った野口和樹の画像です。


出典:https://www.iza.ne.jp/kiji/events/photos/170530/evt17053016160025-p4.html

福岡の金塊強奪事件

2016年7月の福岡金塊強奪事件では、最終的に10人の関係者が逮捕されています。主犯格は「野口兄弟」、今回宮迫との写真に写った野口和樹と、その弟の直樹とされています。

事件は不良グループの一人、中垣龍一郎(41)が、刑務所仲間から「税金対策のために事件を装って金塊を持ってきてほしい。相手側とは合意ができている」と持ち掛けられたのが発端だったといいます。

野口らは「(相手側と合意ができているなら)警察は絶対に出てこないのか」「ヤクザのものじゃないのか」と気にしたそうですが、情報源に「ヤクザは絡まない。金塊は密輸品だから相手側も被害届を出せない」と説明されました。

実際に事件現場を見たところ、人通りが多くて到底「タタキ(強盗)」などできないと考え、警官に変装して職務質問をするふりをして金塊を盗みます。

実行後、盗んだ金塊は90キロ分(約4億3000万円相当)を野口らのグループで換金して山分けし、残りの70キロ分は情報源に渡したと見られます。

ところが結果的に警察が出てきて野口らは「被害届は出さない話ではないのか」と慌てたといいます。これは海外のマフィアが裏で手を引いたライバルのマフィアを潰すために情報を流したともされています。

逮捕前には逮捕の危険を察知してか、野口兄弟は被害者らに計1億6千万円の示談金による解決を持ち掛けたそうです。裁判でもやはり野口兄弟は「被害者側と合意の上で盗むふりをした」などとして出来レースを主張しました。

半グレ野口兄弟は名古屋で有名

2016年の金塊強奪事件では、主犯格の野口兄弟を含む、名古屋を拠点とする半グレグループを中心とした10名が逮捕されています。

彼ら犯人グループは「パリピ(パーティーピープルの略)」を自称し、遊び人の人脈によって結びついたともされます。

中でも野口和樹はパーティーが大好きで、名古屋の錦町、北新地、ミナミ、そして六本木などでパーティーを主催しており、インスタやFacebookではリア充自慢をしていたといいます。

名古屋を代表する夜の街・錦三(きんさん)でもいつも派手な遊びぶりで目立っていました。あまりの金回りの良さに周囲から不審がられていたといいます。

主犯格の野口兄弟は、2017年の時点で

兄:野口和樹(43)=愛知県尾張旭市=
弟:野口直樹(45)=住所不定=

とされています。

主犯格の2人は、地元・名古屋で「野口兄弟」として知られる有名なワルで、野口兄弟は名古屋の半グレ集団のリーダー格だったといいます。

彼女(妻)と刑務所から脱走?

野口らは少年時代からワルで、少年刑務所の服役経験もあります。作家の沖田臥竜氏は野口和樹と姫路少年刑務所で一緒になったことがあるそうです。

彼女と脱走したというのは正確には妻だったようです。関連記述は下記。

23歳だった1997年には愛知県警などに逮捕されたが、取り調べ中に県警守山署で、差し入れを装った妻が捜査員に催涙スプレーを噴射し、夫婦で脱走する騒ぎも起こし、愛知県警に大恥をかかせていた」(捜査関係者)

引用:ZAKZAK

このセンセーショナルな事件は「サイゾーウーマン」でも『女のB級歴史ニュース』などとして詳しく取り上げられています。(文中:おそらく、K=和樹 N=和樹の妻)

 98年1月22日、愛知県で容疑者として捕まっている夫を、警察署に単身で乗り込んだ妻が奪い取って逃走するという事件が起こった。

その日の午後、名古屋市守山区脇田町の愛知県警守山署にある2階取調室で、窃盗容疑で逮捕された乗用車窃盗グループのメンバーK(22)が取り調べを受けていた。すると午後3時頃になって、1人で取り調べを担当していた警部補(48)の携帯電話に、Kの妻であるN(25)から「取り調べ中ですか。差し入れに行きたい」との連絡が入った。これに対して警部補は、「来てもいい」と答え、Kにも電話を渡してNと話をさせた。そして電話が終わった後も、そのまま取り調べを続けた。

それから約30分後、Nが取調室に入ってきたかと思うと、いきなり取り調べをしていた警部補にスプレーを吹きつけ、ひるんだすきにKを連れ出して逃走した。使用したのは、護身用の催涙スプレーで、その時、取調室のドアは半分開いたままだったという。あっという間の出来事だった。

引用:取調室から夫を奪還、「残金50円」の逃走劇――女の“愛ゆえ”の暴走事件

結局は逃走資金などの問題から警察に情報が漏れて5日後に再び逮捕、その時の所持金は50円だったといいます。

しかし2017年時点のフェイスブックでは和樹容疑者は「独身」としていたので、妻とは離婚したのではないかと言われています。

弘道会との関係や高級車窃盗団

2人は六代目山口組の直系組織で、司忍(本名:篠田建市)6代目組長の出身母体である弘道会にも出入りしていたことがあるそうです。

野口和樹は「六代目山口組弘道会若中で稲葉地一家の最高幹部の舎弟」を名乗っていたとする情報もあります(トカナ)。

しかしまずは一時期、弘道会の関連組織に関わったことがあるというのは、間違いないのかもしれません。

また野口兄弟らはこれまでにも組織的な自動車窃盗などを繰り返し、警察からマークされていました。盗んだ車は暴力団関係者や麻薬密売のイラン人らに売っていたといいます。

実際、弟の和樹容疑者は、平成9年には高級車を狙った窃盗団の主犯格として逮捕、また平成17年にも愛知や大阪など5府県の家電量販店などで約300件、3億8千万円規模の大規模盗難事件に関わったとして愛知県警に検挙されています。

野口兄弟ら半グレと芸能人に関係が?

実は野口兄弟らと芸能人の関りは逮捕当時にも話題になっており、オネエタレントのGENKINGも逮捕された白根敬大の結婚式に、2017年4月、主犯格の野口和樹とともに出席したとされています。

野口和樹とGENKINGは、地元が同じ愛知県であることから繋がったようです。

また換金役の小松崎太郎はNEWSの手越祐也と写った写真がネットで今も出回っています。

NEWS手越については、事務所は本人と認め、既に「手越は写真を撮影させたことは軽率だったと反省している」としたようです。NEWS手越は店で会って「写真を撮って」と頼まれたとしています。

しかし、金塊強奪犯ら半グレと芸能人の関係については大部分、前回の事件当時は見過ごされて埋もれていきました。

そのため、今回の強奪犯との宮迫さんの関りも、こうした寝かせてあった古い情報があらためて息を吹き返しただけにも思えます。

例えば2017年の関係記事では既に「お笑い芸人」「闇営業」「高額のギャラ」といった今回の闇営業騒動を思わせるワードはおおむね出そろっています。

野口兄弟の裁判は?

野口兄弟は今年2019年1月22日に福岡地裁で、2人それぞれ同様の量刑である懲役9年(いずれも求刑懲役10年)が言い渡されました。

丸田顕裁判長は2人について「中心的、主導的な役割を果たした」としています。

2人は即日控訴したそうです。

そのために(この種の事件は徐々に関心が薄れ、最終的に裁判の続報などがまったく出なくなるため)断定はできませんが、福岡金塊強奪事件をめぐる裁判は、現在でも係争中なのではないでしょうか。

以上になります。

フォローする