西山がエスパーと殴り合ったと話す動画【小山恵吾と西山の直通電話:2021年3月18日】

アウトロー系YouTuber
この記事は約9分で読めます。

動画投稿日2021年3月18日の西山が「エスパーと殴り合った」と話す動画です。

スポンサーリンク

西山がエスパーと殴り合ったと話す動画【小山恵吾と西山の直通電話:2021年3月18日】

西山と小山は1:08:00頃から2:05:00頃まで話します。

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

ここからポイントを時間別にまとめてます。言葉(セリフ)は大まかで、忠実に書いてるわけではありません、細部は動画でご確認ください。

西山「エスパー氏とはバチバチに殴り合った」

1:09:40頃。

西山「結局のところ、エスパー氏は嘘をついてないんですよ」

西山「殴り合いましたよ、バッチバチに」

起きがけに行って殴り合いになったそう。

「お互いの間をとって池袋で会おう(喧嘩する)」ということになった。

西山「ものすごいテンパって(切れながら)来た」

西山「だったら俺も一人で行きますよって言って」

西山「タクシーの件も本当ですよ。向こうがタクシーでもなんでも来いよ。タクシー代は向こうが払ってくれて、その後で殴り合いをした」

1:14:00頃。

西山「血だらけになりながら。その後はマブ達になったわけですよ」

西山「それが本当の真実ですよ」

西山「エスパー氏、俺ももう(エスパーの)本名も知ってるから」

西山「なんでエスパー氏が誤魔化したかっていうのを(理由を)俺も聞いてるんです。(エスパーは)『一日、俺はとりあえず分かんないことにする』って。向こうの考え方もあったんですよ。それは恵吾くんのことを思ってやったことなんすよ」

西山「その後で動画あげたじゃないですか。『絵描かれてました』って」

西山「なんでそこで俺は粋がれるんですか?俺が喧嘩に負けてたらそこまで粋がれますか?」

1:16:50頃。

西山「実はその時、いたんですよ(?)。寒すぎて帰っちゃったけど」

1:19:20頃。

西山「恵吾君のメンツじゃないですか?恵吾君のメンツのためにエスパー氏は突っ込んできたんじゃないですか」

西山「なんでドッキリになっちゃうんですか?」

1:23:30頃。

西山「(吉田安清の)動画も消してくれたじゃないですか」

西山「それでチャンチャン(解決)になったじゃないですか。でもエスパー氏は俺はそういう風に言われたのになんでチャンチャンになってんだ、と切れたんですよ。そりゃそうなるじゃないですか」

1:24:00頃。

西山「だったら最初から(エスパーに)電話番号教えなきゃいいじゃないですか」

小山「(エスパーの方から西山に電話すると)そういう風に言ってきたんで」

西山「ホントに?」

小山「『恵吾にそんなこと言うんだったら自分が行くよ』と言ってくれた」

小山「俺は(自分が)力があると思ってるから」

西山「力があるって?誰が誰に対して?」

西山「それは何を言ってるんですか?力があるってのは。力があったらどうしたんすか?」

1:27:00頃。

西山「すれ違いは確かにありましたよ。俺も言いました。『ちょっとすれ違っちゃったな』って」

西山「あの時、俺が『誰送ってきたんだよ』って。それで分かんなかったですか?それでなんでドッキリになっちゃうんですか(ドッキリだったと解釈しちゃうんですか)。俺そんなドッキリしませんからね?」

西山「『顔痛えよ、バチバチやってるよ』って言って」

1:28:00頃。

西山「だって恵吾君、頭いいじゃないですか」

時間について互いに軽い言い合いになる。

西山が小山の言う時間をしばらく聞いていたが、「そんなのどうでもいいですよ」と言って時間についての話を切る。

西山「あれは彼なりの思いやりですよ」

小山「それは分かんないよ」

西山「すれ違いが起こったのは分かりますよ」

小山「(もしそうなったらエスパーと)それで喧嘩になってたと思いますね」

西山「だったら喧嘩すりゃいいんですよ」

小山「エスパーは『俺は勝ったよ』と言った」

西山「それはいいじゃないですか。プライドだってあるんだから」

1:33:00頃。

西山「俺と恵吾くんがやったらそれで済んだんだから」

1:34:00頃。

西山「(エスパーは)命かけて来る(来た)んですよ。従業員かかえてんのに。恵吾君のために。そんな人いますか?」

西山「終盤のところだけ切り取って(良くない)。俺の録音はいいですよ。訳わかんないやつが電話してきたんだから。でも昔の仲間にそれはおかしくないですか?」

西山「なんで中継して動画にあげる必要があるんですか?」

1:37:15頃。

西山「自分で電話番号教えてんだから、自分でケツ拭けよって話なんですよ」

西山がちょっと本格的にヒートアップしてる部分です。

西山「誰の名前あげてやってんだよ!って話なんだよ」

西山「もともとのところはそこから始まってるんですからね。俺とエスパー氏が喧嘩したのだって電話番号教える必要ないじゃないですか」

西山「恵吾君のメンツで喧嘩してんですよ」

1:39:00頃。

小山「俺の方が喧嘩強いし、力あるから」

西山「喧嘩強いし力あるとか、そういうの関係ないから。今はそういうの」

西山「だって体はってきたのはエスパー氏なんですよ?」

小山「嘘ついてきてるんだから。2つ謝って来てるんだから」

西山「闇討ちするってのは語弊があるんだけど」

西山「ぶっ飛ばしたって話も本当なんですか?ぶっ飛ばしたってのは『俺がのされた』って話してるんですか?俺が一方的にのされたてぶっ飛ばされたなんてそんなことあるわけないっしょ(笑)。俺だって修羅場くぐってるし、体格の差もあるし。一方的にぶっ飛ばせるようなことあるわけないんですよ」

小山「そうは言ってない。『西山も強かった』って言ってた」

西山「(エスパーは)俺が負けたとは言ってない。ぶっ飛ばしたってのは、自分のプライドもあるし、先輩(年上)だから」

西山「そこも含んであげてくださいよ」

1:43:00頃。

西山「エスパー氏が『誰のメンツでもねえよ、俺のメンツでもねえよ、あいつのメンツでもねえよ』って言ってたじゃないですか。残りは一人じゃないですか。誰のメンツで喧嘩してんのかって話ですよ。恵吾君のメンツで喧嘩してんですよ」

1:44:00頃。

西山「エスパー氏は録音されてんのも知ってたんですよ。だから全部は言わなかったんですよ」

1:45:00頃。

西山「昔からの仲間だったら分かるじゃないですか」

西山「ところどころにヒントあるじゃないですか。言わなかったのはお互いのメンツのために言わなかっただけですよ」

1:48:00頃。

西山「なんでそこでドッキリかけるんですか?(そんなことするわけないでしょう)」

小山「エンターテイメントで盛り上げてくれてんのかなって」

西山「勝手にそっちがそう思っただけでしょ?」

1:49:00頃

一度、電話が切れてしまう。

西山「ドッキリしかけるつもりもないし」

1:50:30頃。

小山「俺もムカついてることもあって」

小山「(職人の仕事を危険な現場で)命かけてやってるっていうから」

西山「それは本当のことじゃないですか」

西山「でも恵吾君は来ないじゃないですか。足が痛いとかなんとか言って」

西山「だったらさっきの話と変わってきちゃうじゃないですか。俺が言ってるのは誰が強いとか、誰が弱いとかそういうことじゃないですから」

西山「本当にすごい勢いでのっこんで来た」

1:53:30頃。

西山がすごい勢いでエスパーが来たことを話します。

西山「本当にすごい勢いでのっこんで来たんですよ。おお~~久しぶりに来たな(西山嬉しそう)。俺も久しぶりにちょっと楽しかったですよ」

小山「自分の戦い方も変わってきちゃうから」

小山「嘘ついたらやったことの意味がねえだろって」

西山「さっきの俺の話きいてなかったんですか?」

西山が「チャカ」と「釈迦(シャカ)」の言葉の食い違いで切れる

1:55:00頃。

ここら辺が動画のハイライトの一つ。「チャカ」と「釈迦(シャカ)」という2つの言葉の食い違ったことで西山が切れてしまいます。

おそらくここで西山は、小山が好むであろう「釈迦」という言葉や人物を切り口に揉め事を収めようとしたのだと思います。

しかしそれを小山が「チャカ」と取り違えたことで、話が食い違って西山が切れます。

西山「釈迦なんでしょ?(平和が一番大事だって話なんでしょ?の意味)」

小山「チャカなんていらないよ」

西山「だったら釈迦なんて言うんじゃねえよ!!平和とか言うんじゃねえよ!!だったら!!」

小山「平和だよ」

西山「平和だったら喧嘩なんてするんじゃねえよ!!この野郎!!」

小山「喧嘩売られちゃったらしょうがない」

西山「売られてないじゃん!普通に話してたじゃん」

小山「西山くんと?」

西山「違う違う違う違う、エスパー氏と」

小山「いや、俺はその嘘について怒ってんのよ」

西山「そこは、もう置いといて」

小山「置けないじゃん(笑いながら)」

西山「いつまでそれを引っ張るの?」

西山「俺たちに裏なんてあるわけないから」

1:57:00頃。

西山「俺たちに裏なんてあるわけないから。こんなところに出てきて。俺出る必要ないんだから」

小山「それはありがとう。申し訳ないっす。俺はエスパーに連絡して」

西山「そうしたら本当のことを(エスパーも)必ず本当のことを言ってくるから」

西山「それで3人で仲良く飲めばいいじゃないですか。本当に裏はないから。そんな人間じゃないでしょ。分かるでしょ」

小山「俺はちょっと分かんなかったっすね(笑いながら)」

西山「いや、俺のことは分かんないかもしんないけど」

小山「だって俺が切れたところでエスパーがちゃん話してくれれば」

西山「そうっすね。タイミングがずれちゃったわけだけど」

西山「詳しくは言わないっすよ。詳しくは言わないけど‥(何か言いそうになる)言わねえわ」

1:59:00頃。

西山「なぜか俺と、バチバチの喧嘩になってるってのは笑い話にしかならないですよ(笑)。社会人同士が。それを恵吾君がYouTubeにあげてるわけじゃないですか」

小山とエスパーの口論の動画の終わり、小山が「俺が西山に電話する」と言った後に実際には電話していないことが語られる。

西山「こっち電話待ってたんですよ」

西山「だったら『電話する』なんて言わなければいいじゃないですか。エスパー氏と話した後に、『いいよ、この野郎!だったら俺が西山に電話するよ』って言って、そのあと(俺に電話)来なかったですよね」

2:01:00頃。

西山「(小山が)自分で電話しないじゃないですか。俺出るのに。そこが問題だったんですよ。すぐに(俺に)電話したら話終わったんすよ」

西山「3人で飲めばいいじゃないですか」

2:01:30頃。

ここら辺からかなり西山のタメ語が増えますが、西山は楽しそうです。

西山「何がおもしれえんだよ、この野郎(笑)」

小山「詰められてるけど(笑)西山君!靖国神社の写真見たから」

西山「うるせえな(笑)胸毛それよ(笑)」

西山「(靖国神社じゃない)あれは大宮八幡」

西山「ともかく、(エスパーは)恵吾君のことを思って、本当に一人でのっこん出来てんだからね」

2:04:00頃。

西山「向こう(エスパー)も一人で来たし、俺も一人で行ったし」

西山「今度こそ嘘ないから」

西山「3人で飲めばいいじゃないですか」

小山「また一か月後くらいに」

西山「胸毛剃って、鼻毛剃って(笑)」

小山「胸毛は剃らない。鼻毛は剃るけどね」

西山「甦れ、大和魂。お疲れさん」(電話切る)

(記事おわり)

タイトルとURLをコピーしました