ニーチェ思想とナチズムの類似性とその否定に関する私見

ニーチェ思想とヒトラーのナチズムとは、しばしば類似性について喧(やかま)しく言われることがある。

私自身も、ニーチェ思想とナチズムが類似していない、とする主張には無理があると感じている。だからこの記事は、「ニーチェとナチズムの類似を否認する立場」を否認する立場から書かれたものである。

ニーチェ思想とナチズムの類似性

ニーチェと反ユダヤ主義

「ニーチェ思想とナチズムは類似しない」とする主張は、ほぼ必ずといっていいほど、ニーチェの愛読者から提出されると考えてよいと思う。

そういう人には、自分が敬愛するニーチェと、第二次大戦後の世界において、「悪の権化」のように言われるようになったヒトラーの思想や、ナチズムが類似していると信ずるのが、この上なく抵抗があるのだろう。

その場合、そうした論者は、ニーチェがユダヤ人について好意的に言及している箇所を切り取って、「ニーチェはユダヤ人に好意的、あるいは批判的ではなかった」と主張することになる。

ところが、ニーチェはしばしば同じ事柄について、批判的にも、肯定的にも言及する。この特徴について、小林秀雄は『Xへの手紙』で「彼の一見抽象的に見える言葉は、とくと見るとどれも矛盾錯雑した現実の事物に固着している」と表現している。

つまり、同じ事柄の肯定的側面、否定的側面、両面から考察しているために、我々がある事柄についてニーチェは肯定的・好意的だった、と主張するのは、そう解釈しうる著作や遺稿のある部分だけを抜き書きするのならば、さほど難しくないのだ。

要するに、「ニーチェは○○について肯定的だった」と主張したいなら、ニーチェがそれについて肯定的に言及している箇所を抜き書きし、否定的な言及を無視すればいいし、逆に「ニーチェは○○について否定的だった」と主張したいなら、ニーチェがそれについて否定的に言及している箇所を抜き書きし、肯定的な言及を無視すればいいのだから。

だがそれは、ナチス・ドイツがニーチェ思想を自分たちに引き寄せて解釈した、我田引水的詐術と、どの程度異なるというのか。

ニーチェは『道徳の系譜』で確かに「ユダヤ人とともに、道徳上の奴隷一揆が始まる」と書いている。それ以外にも、反ユダヤ的と取れるようなことを書いている。

もちろんニーチェは先ほど述べたように、別々のアフォリズム等で同じ事柄を善悪両側面から言及しているのが特徴であるから、それをもって「ニーチェは反ユダヤ的である」とは断定できない。

しかし同様に、「ニーチェは反ユダヤ的ではない」とも断定できない。その独断は、ニーチェ自身の著書・草稿の記述によって否認されるものだろう。

ニーチェと優生学

例えば、ニーチェの『悦ばしき知識』にはこのようなアフォリズム(七三番)がある。

聖なる残忍・・・・・。――ある聖者のもとに、生まれたばかりの子供を抱いた一人の男がやって来た。「この子をどうしたらいいでしょう?」と彼は尋ねた、「これは見すぼらしくて、不具で、死ぬほどのいのち(命)すらないといったざまです」。「殺すのだ」、と聖者は怖ろしい声で叫んだ、「殺して、それから、お前の記憶に刻まれるようにと三日三晩を自分の腕に抱いているがいい、――そうすればお前は、子をつくるべき時でないのに子供をつくるようなことは、二度とふたたびしないであろう」。――これを聞いたその男は、落胆して帰って行った。多くの人々は、聖者が残忍なことを勧めたといって、彼を咎めた。というのも、聖者が子を殺すように勧めたからである。「だが、子供を生かしておく方が、もっと残忍なことではないか?」、と聖者は言った。

このアフォリズムでは「聖者」が、障害を持って生まれたであろう赤子を殺すよう、相談に来た男に勧めている。この発想は言うまでもなく優生学的である。また、この時の「聖者」は、あるいは哲学者・賢者を象徴しているのかもしれない。

ヒトラーはニーチェを理解していたか

また私はヒトラーの『我が闘争』を読んだ時、「国家はそれ自体目的ではない」とか、「国家は目的のための手段である」とか、「国家はまさしく内容ではなく、形式である」といった記述に驚いた。

そして彼は大略、その形式(国家)ならぬ内容こそが、人種や民族である、と書いている。確かにヒトラーは、「国家主義者」ではなく、「人種主義者」あるいは「民族主義者」なのだ。

私は、ヒトラーが曖昧な言い方をせずに、「国家は二義的なものである」と断定していることが、興味深く思え、これについて印象深く記憶していた。

そしてしばらくすると、『ツァラトゥストラ』でのニーチェの記述を思い出した。「民族がまだ存在しているところでは、民族は国家などというものを理解しない」とか、極端なものでは「国家における一切は贋物である」といった記述である(両記述ともに「新しい偶像」)。

そして「千の目標と一つの目標」では、善悪を設定する主体としての「民族」について、肯定的に言及している。

このヒトラーの『我が闘争』の記述と、ニーチェの『ツァラトゥストラ』の記述は、ニーチェが国家をほとんど全否定し、ヒトラーが国家について、用具的価値、二義的価値を認めていたという細かい相違は存在するものの、要は、「残念ながら」と頭につけてもつけなくとも構わないが、ヒトラーがニーチェの思想について正確な理解を持っていたのは、間違いないだろうと思える。

ヒトラーはニーチェを理解した上で、自分自身の世界観を再構成するために、その思想を捻じ曲げたというより、柔軟に利用したのだ。もちろん「プロパガンダ」という部分について言えば、ナチスは政治的必要から、ニーチェを自分たちに好都合に利用して「捻じ曲げた」だろうが、そのニーチェの無理解、あるいは曲解は、ナチスにあったもので、ヒトラーにあったものとは、私は考えない。

両者の類似性への否定的意見に関する私見

精神的勇気

結論は最初に述べた通り、「ニーチェ思想とナチズムには、確かに類似性がある」ということだ。

そして私が何より憤りを覚えるのは、ニーチェを愛読し、ニーチェに親炙した上で、「ニーチェ思想とナチズムには、類似性はない」とする人々の厚顔無恥についてだ。

いったい、彼らはニーチェから何を学んだのだろうか。

私は、永劫回帰、超人、神の死、そうしたものなど、ニーチェの思想において二義的なものだと思っている。何より重要なのは、彼が思索において、精神的な勇気というものの必要性を重視したことだ。

それを認識することで絶望するような真理、恐怖心から認めることを尻込みするような事実、そうしたものも「恐怖で後ずさり」することなく認識せよ、それこそがニーチェ思想においてもっとも重要な点なのだと、私は思っている。

そして彼らは、散々ニーチェの著書に親炙したにも関わらず、「恐怖で後ずさり」して、ニーチェ思想とナチズムの類似性を誤魔化してしまう。

私に言わせれば、彼らはニーチェから何も学ばなかったのであり、ニーチェの著書を読むことで、彼らは何一つ向上しなかったのである。

ニーチェ思想・ナチズム・近代理念

ニーチェとナチズムは似ているのだが、一方でニーチェが国家をかなり厳しく否定し、ヒトラーが国家に二義的な意味でだが価値を認めている、という風に、一定の違いも存在する(しかしこの違いも外見上ほど大きくはない。というのも、おそらくニーチェとて国家を全廃すべきとは考えなかったろうからだ)。

それに関連してもう一点指摘しておきたいのは、そうして小さな相違を取り上げて、ニーチェ思想とナチズムの違いを云々することの欺瞞性についてだ。

確かにニーチェとナチズムには距離がある。しかしその距離は、ニーチェが「主敵」と見なした近代理念との距離と比べて、どの程度のものだというのか。

ニーチェ思想の存在する地点から、ナチズムは10や20離れた地点にあるとするならば、近代理念は100も離れた地点にあるといっていい。

ニーチェとナチズムの間にある10や20の距離を云々するのは、ニーチェと(我々がほとんど例外なく正当と見なしている)近代理念の間に横たわる100もの距離に目をつぶった上でのことだ。

だからそうした相違に目をつむって、ニーチェとナチズムの異質性だけを云々するのは、私には二重の欺瞞と思え、そうした議論をするニーチェ「擁護者」の態度は、到底是認できるものではない。

ここでは身体を除く男女の相違、それもジェンダーによる社会的・文化的影響とは無関係な、男女の内的・心的な相違について考察し、その男女の内的・...