なぜ12月は明石家さんまのMCばかりか?クリスマス特番の理由!!

12月のクリスマスになる頃には、「なぜかやたらと明石家さんまの顔ばかりTV画面に映るな」と不思議に思ったことはないだろうか?

Yahoo!ニュースがその理由について明かした記事を取り上げていた。

八面六臂の明石家さんまの活躍

例えば今年12月にはこれだけのさんまMCの番組があった。

  • 1日「さんま&女芸人お泊り会」(フジテレビ系)
  • 16日「サッカークラブ世界一決定! さんま&手越の世界のベスト4ここがスゴイSP」(日本テレビ系)
  • 19日「ホンマでっか!?TV SP さんま今年のベストバイ発表&結婚できない女NO1決定戦」(フジテレビ系)
  • 22日「明石家紅白!」(NHK)
  • 23日「行列のできる法律相談所 さんまVS人気芸能人が生放送で懺悔SP!!」(日本テレビ系)
  • 24日「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー2018」(フジテレビ系)
  • 25日「踊る!さんま御殿!!4時間SP」(日本テレビ系)
  • 26日「笑ってコラえて4時間SP!」(日本テレビ系、スペシャルゲスト)
  • 29日「爆笑!明石家さんまのご長寿グランプリ2018」(TBS系)

特に22,23,24,25,26は五日間連続でメインとしてテレビに顔を出すことになる。

いったいなぜこれほど「明石家さんま尽くし」になるのだろうか?

なぜ12月は明石家さんまのMCばかりか?その理由

当然テレビマンたちが12月・クリスマスには明石家さんまを使うことを決めているのだが、その理由について書いた記事を、Yahoo!ニュースが取り上げていた

記事は大物だからという理由を否定し、二つの真の理由を挙げている。

  1. かつて今以上に12月・クリスマス特番が賑わっていた時から、さんまは12月・クリスマス特番のMCとしてテレビに出続けていた。そのために結局、明石家さんま以上にクリスマスの雰囲気を醸し出せるMCがいない
  2. さんまはNHK紅白や年初の風物詩的番組にほとんど出ないため、大晦日・年初などに露出が多くなるダウンタウン松本や内村光良のような大物より、仕事が殺到しやすい。

二つ目の理由は確かに「12月・クリスマス、さんま→年末・1月(正月)ダウンタウン」という流れは、言われてみればそうかもしれない。

「さんまから松本にバトンを渡している」とまで言ってしまうと大袈裟かもしれないが。

各局の制作にとっても大型特番用の予算を用意している時期だけに、「実績十分であるとともに、その存在が年末の特別感を醸し出せるさんまさんに頼ろう」という編成が基本路線。特に視聴率争いでトップを走る日本テレビと、派手な特番を好むフジテレビにその傾向が見られます

引用:Yahoo!ニュース

感想

12月に明石家さんまの番組が増える理由として、要約すれば一つは「さんまの雰囲気・クリスマスイメージ」、次に「他の番組に出ないことから」という理由が挙げられてるが、要するに他の人がいないということだろう。

私自身はけして明石家さんまのファンではない(と言いつつ見ることもあるが。特に向上委員会は比較的よく見る)。

しかし一部に「マンネリ」や「見飽きた」と感じる人もいるとしても、それでも12月がさんまばかりになる理由は、若手が小粒になって、しかも上を押しのけようという熱や気力がないのが一番の原因なのだと思う。

これは12月に限らず、ダウンタウンやとんねるず級の大物がもう一度下から出てこない限り、ずっと変わらない状況なのだろう。

フォローする