「ナカイの窓」断捨離の窓とは?バカリズムやハリセンボン春菜が出演

今年3月いっぱいで終了した中居正広さんの番組「ナカイの窓」で、断捨離の企画でトラブルが起こり、それが一因となって中居正広さんが降板した可能性があるということが話題になっています。

この断捨離企画とは何か?

どのような番組内容で誰が出演していたのか?

こうしたことを調べてみました。

「ナカイの窓」断捨離企画が番組終了の一因

 元SMAPでタレントの中居正広(46)がMCを務めた日本テレビ系冠バラエティー番組「ナカイの窓」(2012年10月~19年3月)が、トラブルを起こしていることが明らかになった。片付け術として定着した“断捨離”を番組で2回取り上げたところ、その提唱者との間にトラブルが勃発し、日テレの制作側に中居が激怒。今年3月に番組が打ち切られた一因になったという。

「ナカイ――」の打ち切りはテレビ界で物議を醸していた。視聴率は3月6日放送分=5・3%、同13日は休みで、同20日=5・2%、最終回となった同27日=5・1%で、常時5%台をキープ。同番組は毎週水曜午後11時59分から放送された深夜枠で、この数字をゴールデンタイムに当てはめると10%超相当だが、終了の憂き目に遭ったからだ。

打ち切りの原因として番組編成や局と事務所間のパワーバランスなどが浮上した。だが、昨年8月と10月に2回放送した“断捨離”の回が一因になったという声が、テレビ関係者の間では常にささやかれていた。どういうことか。

“断捨離”はいまや、新しい片付け術としてすっかり定着。やましたひでこ氏が提唱した言葉だ。

番組では、昨年8月15日放送分でピン芸人のバカリズムが「男性用パンツの窓はいらない」と主張。同10月3日放送分では「ハリセンボン」近藤春菜が「アイスキャンディーの味の種類はたくさんはいらない」と訴えた。

“断捨離”を拡大解釈し、世の中にあるムダと思えるモノを“断捨離”しようという企画だったが、やました氏が提唱するのは「モノへの執着を捨て、身辺をキレイにするだけでなく、心もストレスから解放される行動技術」。番組で取り上げた内容は本来の意味とは異なっていたのだ。

企画自体はこの2回でいつの間にか終了。その背景に“断捨離”の使用を巡って番組サイドとやました氏の間にトラブルがあったという。

宣伝関係者の証言。

やましたさんサイドがクレームをつけたというんです。それも当然。断捨離はやましたさんの登録商標です。断捨離は、やましたさんが学生時代に出合ったヨガから着想を得た言葉で奥が深く、精神世界にも通じている。言葉のイメージだけで使用してもらいたくないわけです。特に影響力が強いテレビに対してはその思いが強い。他局や出版界では常識だったこの“ルール”を日テレの制作陣は知らなかった」

さらに、同氏のクレームに対する日テレの対応もひどかったという。

やましたさんサイドが丁寧に日テレに説明しても、対応がずさんだったとか。社内をたらい回しにされ、横柄な態度だったみたい。最終的に話がまとまらず、弁護士を立てる事態になったそうです」(前出の関係者)

調停に突入したとの不穏な情報も流れている

中居も所属のジャニーズ事務所もこのトラブルを当初、知らされなかった。

中居はこの話を聞いて驚くと同時に、信頼していたスタッフに裏切られたと感じて怒っているようです」(別の関係者)

(略)

日テレは本紙取材に「断捨離の件につきましては現時点でお答えできることはありません」と回答。一連のトラブルが番組終了の一因になったとの指摘には「番組編成の詳細についてはお答えしておりません」とした。 一方、やました氏からは20日までに回答はなかった。

引用:ライブドアニュース

まとめると、

  • 「ナカイの窓」終了の一因となった断捨離企画は2回行われた。
  • 第一回は8月15日放送でピン芸人のバカリズムが出演。
  • 第二回は10月3日放送で「ハリセンボン」近藤春菜が出演。
  • トラブルを起こした相手は断捨離・商標登録した「やましたひでこ」氏。
  • トラブルの話を聞かされていなかった中井正広はそれを聞いて激怒。
  • やました氏が丁寧に説明しても番組はずさんな対応だった。
  • 弁護士を立て、調停に入ったという情報もある。

つまり、トラブルの内容としては、真面目に精神世界を探求する方法として提唱・商標登録した断捨離を、芸人の「こんなのいらないっしょ!」みたいなおチャラけた企画にされるのが許せず、提唱者で商標登録者の「やましたひでこ」さんが抗議した、ということみたいです。

さらに、番組側がそのことを納得して対応すれば良かったけど、ナアナアな対応を取ってしまい、それでやましたさんサイドを完全に怒らせてしまった、ということでしょうね。

「ナカイの窓」の断捨離企画回「断捨離の窓」

「ナカイの窓」の断捨離企画回の動画を探してみましたが見つかりませんでした。

たぶん、あまり跳ねなかった企画なんじゃないでしょうか?

とても人気のあった回は、削除されてもそのたびにアップされたりしますからね。

また企画名としては「断捨離の窓」という名前で放送したような感じですね。

トラブルのもととなった二回の放送分の出演者情報、簡単な番組内容はこちらです。

第一回 2018年8月15日放送

内容:新企画「断捨離の窓」世の中には無駄な物・いらない物が多すぎる!断捨離していこうという企画!!

出演:中居正広、陣内智則、バカリズム、ヒャダイン、山里亮太、後藤晴菜

引用:ナカイの窓 8月15日

第二回 2018年10月3日放送

内容:世の中にある無駄な物・いらない物を断捨離していく! 「呼び方を変える人はいらない」という中居!陰では“中居くん”と呼んでいる劇団ひとりの疑惑に電話で検証! など

出演:中居正広、近藤春菜、滝沢カレン、モーリー・ロバートソン、山里亮太、後藤晴菜

引用:ナカイの窓 10月3日

まあ、両回ともいつも通りの「ナカイの窓」、にぎやかしいの芸人さんを何人か呼んで楽しくやった、ということでしょうね。

トラブルさえなければ、ただの楽しい企画だったんでしょう。

まとめ

面白い番組なのに、終了して残念でした。テレビスタッフも、抗議があった時点でもっとちゃんとした対応をすれば良かったのに、残念ですね。

でも中井さんはまだまだ活躍のしどころがあるので、これでガッカリすることはないと思います。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

フォローする