内藤裕がタイソンに土下座の噂|内藤が瓜田の刺されて逃げた説を完全否定【小山恵吾の動画】

アウトロー系YouTuber
この記事は約16分で読めます。
スポンサーリンク

2021/04/25:小山恵吾が自分のYouTubeチャンネルで新しい動画を挙げました。

タイトルを「内藤裕がタイソンに土下座の噂」としましたが、これは「瓜田純士がタイソンに土下座の噂」を書き間違えたのではなく、実際にそうした話題が出ます。

加えてこの動画は、タイトル付けや編集意欲を感じさせない小山の動画としては珍しく、「ゲリラLive 内藤裕ちゃん元アウトサイダープロ格闘家と電話‼️」と内容がすぐ分かるタイトルがつけられています。

さらにいつもの「小山恵吾のとりとめのない一人語り→視聴者との直電」という流れでもなく、いきなり冒頭から内藤裕との通話が始まるなど、ガチガチの小山恵吾ファン以外の視聴者にも見やすい動画となっています。

それでも時間がなくて動画を見切れない人もいるでしょうから、例のごとく動画の見どころやポイントをまとめましたが、思いのほか長文になってしまいました。

動画の方でも読む方でもお好きな方をどうぞ。

スポンサーリンク

内藤裕がタイソンに土下座の噂|内藤、瓜田の刺されて逃げた説を完全否定【小山恵吾の動画】

内藤裕が YouTube やる宣言

冒頭で挨拶をかわすと、内藤裕が以前からすると噂されているYouTubeチャンネルの話になり、既に久保広海や中澤達也とのコラボを予定していると話します。

次に自分たちの時代はカメラもなく喧嘩も手段を選ばずだったからキツイ時代だった、と昔ばなしを振り返った上で、内藤が口火を切って「こういうことを若い人間に繰り返させたくない」と珍しく真面目な話もします。

アウトサイダーの話

そこから偶然アウトサイダーに話がそれ、内藤は「渋谷莉孔(しぶや・りく)とやった時は自分はカタギだった。その後で本職(ヤクザ)になった」ことをなぜか慌てて説明します。

これはたぶん前田日明に対して「そういう人間をリングに上げるな」という非難があった、もしくは非難が起きる可能性があったため、迷惑がかからないよう一言言ったのだと思います。

また内藤は自分の格闘技関係者に「アマチュアはやめてプロに集中しろ」と言われ、アウトサイダーの試合に出れなくなったのだ、と言います。

内藤は試合後には体重が52キロから62キロに急激に増量したという格闘技での過酷な体験談と、自分の体験から格闘技で一番大事なことは「継続すること」「やめないこと」だということを強く強調します。

NPO法人・薬物依存の克服を目指すダルクの話から、内藤は自分自身の足元を固めたらそういうことにも挑戦していきたい、人に希望を与えたいと語ります。(内藤にも薬物に溺れた過去があるそうです)

内藤裕がタイソンに土下座の噂

ここで突然小山からの振りで「内藤裕がタイソンに土下座した」という奇妙な噂に話題が向きます。

内藤が言うには次のようなことがあったそうです。(内藤の声は聞き取りにくいので誤解釈もあるかもしれません。正確に知りたい方は直接動画の該当部を確認してください。該当箇所:18:10~

内藤は先輩に電話で「お前、タイソンに土下座したの?」と聞かれ、身に覚えがないので「何ですか?それ」となったそうです。

当然、内藤はタイソンに「何それ?お前そういうこと言ったの?」とすぐ確認したところ、タイソンも「何ですかそれ?何も分かりません」という感じになり、それの火元が5ちゃんねるらしくて「5ちゃんねるなんかデタラメですよ」と言われたそうです。

聞き手の小山はここでは内藤の説明を完全には飲まずに、まるでそういう情報をタイソンが発信したのは事実であるかのように、「じゃあ、タイソン君が茶目っ気で親しいから話題作りでそんな話を出した感じなんですか?」といった質問をします。

内藤は(意味が取りづらいものの)「タイソンとは仲良いからその噂はデタラメだ。お互いに親しい仲だから」と否定します。

ちょっと話の角度が変わり、内藤はタイソンと軽い一時的な行き違いによるゴタゴタがあったこと自体は認め、その話になります。

内藤によれば、久保は内藤と小山の間に昔からの繋がりがある(成人式での船上パーティーで面識がある)ことを知らなかったそうで、「これは本当の話」と断った上で、内藤が朝、久保に「小山に電話したよ」と伝えたところ、久保は「勝手に瓜田サイドと仲直りしてる」と判断して、長文で「自分と瓜田とどっちが大事なんですか」と抗議するメールもしくはLINEを送ってきたといいます。

内藤は「何こいつ」と思ったものの、「ごめんね。悪かったね」という感じで最低限の謝罪はしたそうです(『内藤の久保への土下座』はこの辺の話がデカくなったということかもしれません)。

そして内藤によれば、そもそも小山に電話したのは次のような経緯があったそうです。

「ケンジくん」という初代KGBの人間から電話がきて、小山恵吾のディレクターから「内藤君、(恵吾と)話してくれないか」と頼まれたといいます。

ちょうど家で寝ていた内藤は「いいっすよ。でも明日仕事だから早めにいいですか」と返事をして電話することになったそうです。

しかし内藤と小山の「昔はあんなことが」といった会話が仲良さげなのが久保には気に食わなかったらしく、「なんであんな会話してんすか」「瓜田と自分どっちが大事なんですか」と詰問され、疑問に思ったものの久保の気持ちをくんで、「ごめんね」とやはり軽く謝罪したことは事実だそうです。(ここから瓜田の話に話題が飛びます)

ここであくまで動画全体を見た私の印象からいえば、内藤が言うように久保に対する謝罪というのはあったでしょうが、「土下座」と噂されているようなニュアンスのものとはだいぶ違っただろうと思います。

実際には「平謝り」くらいが関の山で、この噂がイメージさせる、いわゆる「泣きを入れて恐怖に怯え切って土下座した」というものではまったくないでしょう。

百歩譲って、本当に内藤が土下座していたとしても、おそらくせいぜいサラリーマンが同僚に対してとか、学生が学生の友達に対して、おちょけて土下座して謝るするくらいの軽いノリのレベルのものだったんじゃないでしょうか。

ただそうだとしても、元アウトローにとってはこうした程度でも外聞が悪いのかもしれませんが。

でも内藤の説明している通り、謝ったのは事実だとしても土下座まではしていないと思います。

5ちゃんねるの噂「内藤裕がタイソンに土下座した」

一応、ここで「火元」として軽くふれられている「5ちゃんねる」を確認したところ、たしかに2021/04/23(金)の深夜から翌日の朝5時ごろにかけて、スレ「瓜田23」のこちらこちらのページでそんな噂が飛び交っています

話が転がった流れとしては突然、一人が「所沢が内藤にクンロク入れて謝らせたらしいが本当か?」と投げ込んで、そこから話が始まります。

それも込みで関係する書き込みをまとめると、こんな順序になります。

所沢が内藤にクンロク入れて謝らせたらしいが本当か?

なぜに?仲間じゃなかったか?仲間っていうか先輩か。

詳細は知らんがDM かチャットのスクショが上げられた 所沢が「内藤に詫びさせた」といってる そのせいか久保チャンネルの内藤動画が一本削除された

タイソンに詰められて詫び入れる内藤兄貴 土下座する瓜田よりはマシか

土下座で詫びたんじゃないのか内藤は

内藤土下座したらしいけどホント?

つまり「タイソンに詰められて詫び入れる内藤兄貴 土下座する瓜田よりはマシか」という内藤&瓜田へのディスりが、そのまま「土下座で詫びたんじゃないのか内藤は」、「内藤土下座したらしいけどホント?」とドンドン膨らんでいき、結果的にこの『内藤が久保に土下座』という噂の完成形が現れたということです。

したがって噂に尾ひれがついて完成するまでは大きく分けてこんな流れです。

  1. タイソンが内藤にクンロクいれて謝らせた。
  2. 詳細不明だが久保がDM かチャットのスクショで「内藤に詫びさせた」+動画削除
  3. 瓜田&内藤アンチが「あいつらのことだから土下座でもしたか?」とディスる
  4. 土下座したことが噂の範囲内では既成事実化する

実際にはこの後に、土下座ではなく噂の原型である「内藤のタイソンへの詫び」に言及した書き込みの「内藤がタイソンに詫びとかわからんな、何があったかわかればともかく。」が出てから、「タイソンのインスタライブ見てない?その件は2日くらい前に言及してたけど」というアンサーがあり、この話題はパタリと途絶えます。

要するに最初は「内藤がタイソンにクンロク入れられて詫びた」という言葉が火種となり、転がっていくうちに「内藤がタイソンに(瓜田と同じく)土下座で詫びた」という噂の完成形に達したわけです。

一応真面目に5ちゃんの関係する書き込み全体を見てみると、該当の「内藤のタイソンへの詫び(もしくは土下座の噂)」に関する証拠を直接見たとする書き込みは以下の2つだけです。

詳細は知らんがDM かチャットの
スクショが上げられた
所沢が「内藤に詫びさせた 」といってる
そのせいか久保チャンネルの内藤動画が一本削除された

タイソンのインスタライブ見てない?
その件は2日くらい前に言及してたけど

1番目の「DM かチャットのスクショが上げられた」というのは、たぶん久保はTwitterをやってる様子がないので「インスタで見た」という意味なのだろうと思います。

ちなみに下がタイソンのインスタで、当然(挙げてすぐ削除した可能性も含め)今見てもそのようなものは挙げられてはいません。

追記:私も後日、たまたま5ちゃんねる内でスクショのリンクが貼られており、該当のタイソン・インスタの「DM かチャットのスクショ」を確認することができました。そこには確かに「詫び」という表現はありましたが、土下座という言葉はありませんでした。もともとの火元ですら「土下座」という言葉を使っていないので、端的にいえば土下座はガセというのが結論です。

タイソンチャンネルの動画削除は事実

というわけで、この「内藤が久保に土下座もしくは真剣な詫び」の噂は内藤も否定している通り別に信じなくてもいいのです。

しかし一応この噂のはっきりとした根拠としては「タイソンチャンネルで3つ公開される予定とされた内藤裕との対談動画の第2弾が削除された」という誰にでも確認できた事実があります。

この動画削除に気づいた人は一人二人ではなかったはずです。

そしてこの動画の削除の理由は諸説あります。

  1. 噂の「タイソンと内藤の揉め事(詫び・土下座など)」が原因。
  2. 内藤が動画内で「昔、喧嘩相手の心臓めがけて刺したこと」を軽い感じで謝罪したから。
  3. 内藤がKGBリーダーについて詳しくしゃべり過ぎた。

1つ目はよく分からないか話半分の噂で、2つ目はYouTubeコメントでそう言っている人が一人だけいること、3つ目は内藤も動画内でたまに「元リーダーに口止めされてる」と言及することが根拠ですが、いずれも確証まではありません。

内藤裕が電話すると瓜田純士が「外人」と発言した件

内藤と久保の揉め事の話が終わると、瓜田と内藤の関係に話の中心が移ります。(24:00~ごろ)

内藤は一度、瓜田が木村兄・泰一郎とのライブ配信時に、久保との喧嘩を収めるつもりで(瓜田は電話に出ないので)瓜田の嫁さんに電話をしたらしいです。

瓜田夫人の麗子が内藤からかかってきたスマホの着信画面を見せると、瓜田は「外人、外人」と発言したそうで、それを内藤は「あのガキよくも‥」と今でも根に持っている様子です。

小山の視聴者の複数はこれを「内藤の勘違い」と指摘してるそうですが、内藤はそれを知りつつ「自分は生中継を見ながら確認したのだから99,99%間違いない。」と主張を譲りませんでした。

小山は「でも瓜田君、好きなんですよね?」と確認すると、内藤は「嫌いじゃない」といいつつ、もし格闘技会場かどこかで鉢合わせしたら顔面を殴るぐらいの気持ちは持っている、といいます(言ってすぐ内藤は『これはギャグだ』と否定しますが)。

内藤は久保と今度やる動画でも瓜田についてふれるつもりはない、とします。

内藤裕が瓜田純士と一緒に刺された話:瓜田逃亡説を強く否定

(27:30~)話題が瓜田と内藤が千葉の路上で刺された事件のこと(内藤は首を切られ、瓜田は腹を刺されたこと)になります。

内藤は当初この事件でやり返す気満々だったそうですが、関係者が集まって「返し」の話になり、周りもやる気を出していたので迷惑がかかると思い、自分は耐えて復讐しないことに決めたそうです。

一時は内藤に近しい大阪の人間がこちら側(千葉近郊?)に来てしまい、「大阪の喧嘩見したる!」と完全に返しをする気になっていたそうで、内藤は当時まだ舎弟だった瓜田に「大阪の人間を止めろ」と命じて、瓜田は「分かりました!大阪の人間止めますから」と言ったといいます。

そして病室では、瓜田も相当な怪我を負っていたにも関わらず、自分の点滴をすべて抜いて内藤のもとに駆け寄り、「兄貴!生きてますか!」と声をかけたといいます。

それを思い出して内藤は、「そんなことされたら俺はあいつを『嫌い』と言葉で言えないよね」と自分の心情を吐露しています。

瓜田は腹を刺された以外にも、片手にドスが貫通するほどの怪我を負っていたそうです。

内藤は切られた時、映画のシーンのように首から血が噴き出すのが見えたそうで、瓜田は裸になって服を脱いで内藤の首の血を止血しました。

(42:00~)ここで興味深いのは、内藤は事件当時に出た「瓜田は刺されてすぐ現場から逃げた」という噂をわざわざ取り上げて完全に嘘だと強く否定しているということです。

そして内藤は「あいつが生きてることが嬉しい」「純士は本当に可愛い舎弟だった」と話しています。(~43:30)

内藤は小山の「久保が30針以上縫った」という話を知らないと言う

この話は結構間抜けなんですが、小山が「久保君は関東連にやられて30~50針縫うことになった」という話をすると、内藤は「タイソンは関東連にやられていないよ。関東連合には」として否定しています。

小山が「瓜田君にやられたんですか?」と聞くと、「そこまで聞いてない。地元の喧嘩じゃないのかな?」と内藤は答えます。

なぜこれが間抜けかといえば、そもそもこの話は小山が内藤から聞いた話だったはずであり、内藤がちゃんと知らないなら、小山はいったいどこからその情報を仕入れたんだ、という話になってしまうからです。

つまり小山が「久保君も瓜田君も両方悪い」とした根拠、「久保君を理解できる」とした根拠が、それが完全に見失われているからです。

ただこれは「相手は関東連」という話が間違っているだけのようなのですが、いずれにしろある程度明快だったはずの話の筋道が急に失われてしまいました。

ともかくタイソンが足を30針以上縫ったことは確からしく、有名な横浜のクラブでタイソンが木村兄弟の弟の孔次朗を倒したという話はその後の出来事だったといいます。

この時、横浜の先輩は誰も喧嘩したがらなかったため、タイソンが出ていって木村を倒したそうです。

熟女リレーの3段オチ

小山が話を戻して「そうした大けがをする被害にあった時に久保氏は被害届を出したのか」という話をすると、内藤はタイソンの性格上、被害届を出してはいないだろう、としています。

ここで急に小山がふざけて、久保が小山との共通点を60代熟女好きとしたことから、「まあ60代熟女好きの久保氏にはそういうことはないんだ」といい、「自分は本当は22歳ぐらいが好きだけど、それでもいいかな」と話して笑います。

さらにこの話題に乗っかった内藤が、突然「俺は50がいいんだ」と謎のカミングアウトをし、無事に「熟女リレーの3段オチ」が完成することになりました。

  1. 「所沢のタイソン」こと久保広海が「俺は60代限定の熟女好き」と嘘をつく。(パス)
  2. 元宇田川警備隊6代目総長の小山恵吾が「俺もそれでいいかな」とある程度受け入れるものの、「本当は22歳くらいがいい」と本音を言う。(ボレー)
  3. 「人刺し裕」ことKGB元幹部内藤裕が「俺は50代がいい」とガチ熟女好きを平然とカミングアウト(華麗にゴールを決める) ← 今ここ

内藤は詳しく「40後半から50」といい、内藤の年齢からすれば極端に離れていないものの、それでも本当は「熟女好きはない」という立場から熟女好きを詐称した久保、それになんとか無理やり乗っかった小山、という振りが見事に聞いた3段オチの完成です。

真面目な話をすれば、どちらかといえば内藤の好みは高齢化社会に適合しており、女性を含め人間は歳をとることはあっても若返ることはないので、これはけして責められるべき趣味ではありません。

それでも久保の振りが聞いていただけに妙に面白く感じてしまいます。

ただ内藤も細かい話をするなら、「エ○○するなら20代がいいけど、付き合うなら50代の方がいい」ということらしいです。

この後、小山は「見たら楽しめると思います」と言って、久保の「熟女好き(テレパシー)」動画を宣伝しています。

KGBの話

また内藤はKGB初代の「K(かねひろ)さん」に、自分には子供がいるからすべてを話すのは待ってほしい、と頼まれたといいます。

KGBのOBたちはみんな、現在の内藤を応援してくれているそうです。

KGBのTシャツが5~6月ぐらいにインターネットなどで販売されるそうです(値段は未定)。

タイソンからの電話

ここで急に内藤にタイソンから電話がかかってきて、「話し終わったら電話するけど、俺、変な話してないよね?」と小山に確認し、ちょっと久保に気遣っている様子が見られます。

この後、内藤はタイソンの本を買ってほしい、タイソンの本に嘘はないということや、タイソンのことを「まっすぐ」な性格だとして褒めます。

内藤はタイソンの本について「暴露本」と表現しています。
発売する時期は5月ドールデンウィーク明け~6月くらいだといいます。

急に内藤は瓜田が久保にタイマンをはらせて自分は逃げたのはひどい、「久保のまっすぐさを瓜田は利用した」と瓜田の悪口を言いだすあたり、小山との電話を切り上げてすぐ折り返しタイソンに電話するまでにはいかないものの、電話きっかけでかなり久保に気を使っているようにも見えます。

一方、「タイソンの方も俺の性格を分かってくれている」として、お互いに信頼関係があることを強調します。

小山「内藤に初めて会った時に鳥肌が立った」

小山は内藤やKGB高谷(元格闘家)に初めて会った時に、「いいやつに会った」と感動のあまり鳥肌が立ったといいます。

ここから小山恵吾は、井上勇や弟のエイゴの悪口を盛んに言います。

しばらく取り留めのない話が続きますが、また内藤は所沢のタイソンの本の宣伝をします。

さらに自分のYouTubeチャンネルについても内藤は「自分のYouTubeを始めます。よろしくお願いします」と挨拶します。

瓜田純士の土下座写真など

最後の挨拶をした後だったんですが、内藤はもうしばらく喋りたかったらしく、質問を募集すると、「瓜田は久保に土下座したのか?」と直球の質問が飛んできます。

内藤は静かに「したよ」と答え、久保・ホーミーケイ側の言い分として、瓜田が久保からの電話をバックレたからそういうことになった、瓜田がKEIに悪口を言ったらKEIファミリーの久保は当然腹が立つ、といったことを言います。

内藤によれば瓜田が昔から嫌なことから逃げたり、嫌になると電話に出なくなること、口がうまいけど喧嘩の発端を作ってしまうことを話します。

次の質問として出たのは、「瓜田さんはどうすれば気が済みますか」という質問がくると、「純士は今の通りに生活する以外ない。ユーチューバーだからYouTubeをするのは仕方ない」といったことを話します。

ここからも複数の質問。

Q「油山と仲いいですか」と聞かれると「会ったことない」と答えます。

Q「高谷とYouTubeやってくれますか」と聞かれると「高谷は出ない。高谷に聞いたら『かっこ悪い』と言った。あいつは格闘家で俺はアウトローだからジャンルが違う」そうです。

Q「怒羅権とKGBの話を聞かせてほしい」と聞かれると、「ゴブリン(中村創)とは仲いいわけではなく、間接的に繋がりがあるだけ」といった話をします。

死んだ山本キッドについて、浮気したのか元奥さん(マリア)が怒り、怒羅権のゴブリンが追い込んだために走って逃げたという話も出ますが、これについては後で「間違い(別の人の記憶とごっちゃにしてる)」と記憶が曖昧な様子も見せます。

もうほぼ終わりですが、ちょっと書ききれないのでこれでやめます。

最後に

前から思ってたんですが、内藤はいつも「瓜田は嫌いじゃない」と言うのは、たぶん刺された時に瓜田が必死に止血しながら「兄貴!死なないでください!」と叫んでいた時の記憶が頭から離れないからじゃないでしょうか。

それでも今の瓜田にとっては内藤は面倒くさいだけの存在なのかもしれませんが。

(おわり)

タイトルとURLをコピーしました