内藤裕が小山恵吾と直電で語った瓜田純士・矢尻哲郎・井上勇・久保広海の話

アウトロー
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

小山恵吾のYouTube動画で、KGBの「人刺し裕」こと内藤裕が小山との直電で、瓜田純士・矢尻哲郎・井上勇・久保広海についてなど、様々な興味深い内容を語りました。

これについて主だった内容をまとめました。

スポンサーリンク

内藤裕が小山恵吾と直電で語った瓜田純士・矢尻哲郎・井上勇・久保広海の話

1:20:40ごろから小山恵吾は「内藤裕くんから電話があったので掛けなおす」として内藤に電話をして、かなりの長時間に渡って2人は会話をしています。

上の動画で該当箇所から再生できるようにしてあります。

2人はたまに電話が切れるなどのアクシデントに見舞われますが、内藤によれば電話が切れるのは警察に盗聴されているかもしれないからだそうです。

KGBの矢尻哲郎の話

ここから動画では飛び飛びになっている話をテーマごとにまとめて書きました。

二人は「お久しぶりですね」と話し出し、互いに「ユタカちゃん」「恵吾くん」と呼んで、長時間に渡って話をします。

内藤はカタギになり、型枠大工として生活しているそうです。

内藤は「KGBの矢尻が1年半くらいで旅(懲役)から帰る」と話し、知らなかった小山は「矢尻パクられてんの?!」と驚きます。

内藤と矢尻は毎月手紙でやり取りをするようで、矢尻からは「俺たちはもうカタギなんだよ」と書いて送られているそうで、このことから矢尻がヤクザ(山口組系組員)から足を洗っていることがうかがえます。

しかし懲役から帰る矢尻のことは、色んな組織が(スカウトしたくて)待っているそうで、無事にカタギになれるかどうかは分からないみたいです。

また内藤は柔道無差別級の猛者だった矢尻と練習で、足払いを食らって吹っ飛んだ話などを楽しそうに話します。

TOP-J井上勇の話

TOP-J井上勇(いのうえゆう)が矢尻に津田山(津田沼?)で土下座させられた話もしています。

小山は井上に「矢尻に土下座したって噂が流れてるよ」と言うと、「そんなことないよ」と否定していたそうです。

しかし内藤によると、井上が「デブ、何見てんだよ」と矢尻に喧嘩を売ったそうで、矢尻は「てめえ井上勇だろ。誰もが井上勇って聞いたらビビると思ってんだろ」と応じて始まったといいます。

それについて、小山は矢尻と揉めたことがあるそうで、井上は自分(小山恵吾)の真似をして矢尻に喧嘩を売ったのではないか、と考えているみたいです。

井上勇と内藤裕は最終的にはとても仲良くなっていたそうで、ATMの不正引き出しで捕まる前に最後に井上が電話したのは内藤だったといいます。

井上は東船橋に住んでおり、よく内藤の家に来て、毎日のように一緒に遊んでいたそうです。

井上は捕まる直前の電話で、内藤に「ユタカ、ヤバい。いつも同じ人が俺の後をつけてきている」と話したそうで、内藤は本気にせず「ユウ、なに訳分かんねえこと言ってんだ(笑)。いいから遊びに来いよ」と言っていたら、本当に捕まってしまったとか。(小山恵吾は爆笑)

内藤によれば井上はかなりのジャンキーで、内藤の目の前でも薬をやってたそうです。

内藤と小山は「井上勇はかなりズル賢い。金を求めて、人を利用することしか考えてない」と言い、内藤も「面倒くさいやつだな。でも俺にはしてこないからいいや」と思って多めに見ていたといいます。

小山によれば「あいつは女まで利用する」と言っており(内藤もこれに同意)、具体的にどういう風に利用しようとしたか分かりませんが、関根麻里(関根勤の娘)、加山真悠子(まゆこ・加山雄三の娘)、イヅツの姪っ子えり(井筒監督の姪?)の名前を挙げています。

しかも小山によれば、その3人に対し、小山恵吾の名前を使って利用したということです。

また内藤が知人の可愛い女性に井上勇の話をすると「あいつサイテー」と言ったそうで、内藤は「何かされたんだな」と思ったといいます。

小山は「井上は人の女でも取っちゃう。ヤバいよ」として、かなり女癖が悪かったことがうかがえます。

さらに小山によれば「土曜日に渋谷はみんな構えてるから薬やってきちゃダメなのに平気でやってた。俺の前ではガンジャ(大麻・マリファナ)しかしなかった」そうです。

小山は井上を「ぶっ飛ばしたい」として、よく分からない金の話や自分が連れてきた慶応の後輩を「井上勇の慶応軍団って呼ばれてた」としてたことなどを話します。

瓜田純士が内藤裕と縁を切った時の話

内藤が警察に目をつけられている話をすると、小山は「ホーミーケイが一緒にいるからじゃないの?(笑)」と話を振り、内藤は「なのかな?」と返します。

それをきっかけに瓜田の話に繋がりますが、内藤は瓜田純士に「兄貴、好きな女がいて真面目になりたいから縁を切らせてくれませんか」とメールが来て、内藤はそれを承諾して縁を切ったそうです。

内藤は「瓜田はギャグセン高い」として、過去の瓜田の格好悪い話をしています。

内藤によれば薬も隠れてやっていた可能性があるとして、瓜田から「目の前に関東連の石元太一らがいたが、目を閉じて開けたらいなくなっていた」と話をしたそうです。

内藤は瓜田が関東連合を恐れて山梨まで逃げた件を話しています。

タイソンチャンネルと同様に、瓜田は内藤に「金がないので山梨にバイトに行きます」と言って、日焼けサロンで働いていたものの、女にちょっかいを出してシバかれ、警察に訴えた話をします。

久保広海と瓜田純士の話

所沢のタイソンこと久保広海の話になると、(強い文言でスパーリングについて話した動画は脅迫にあたるとして)小山は「瓜田は既に警察に行った」と話します。

内藤は「あの言葉で捕まるかな?」と言いますが、小山は「捕まる。過失があるってことで一回罰金取られてて、それ以上ふれちゃいけないから(それなのに久保は被害者の瓜田についてふれてしまった)」と返します。

内藤は久保について、ホーミーKEIが罰金の60万の金を払い久保を出して、久保がつかまっている間にYouTubeのチャンネルを買ってタイソンチャンネルを始めさせたみたいな話をしています。

内藤は瓜田の動画で「外人」と呼ばれたことを怒っており、小山は「ガ〇ジ(障碍者の児童)」の間違いではないか、と言って訂正しています。

内藤は久保について、瓜田によって自分の代わりに4回タイマンを張らされた上、自分は逃げたという話をします。(タイマンの相手は不明)

久保がタイマンに勝った後に瓜田に電話をすると、瓜田は「今家にいる」と言って、久保が「何で家にいるんですか?」と言うと、「ごめんごめん」と謝ったそうです。

内藤によればタイソンチャンネルの動画はまだ3話残っているそうで、小山は「それは公開しない方がいい」と言うと内藤は「久保に話しておく」とします。

内藤によれば自分は「純士は嫌いじゃない」としていますが、久保はかなり瓜田を嫌っているらしく、しかし前回の逮捕の前では「内藤さんが間に入ってくれるなら内藤さんの顔もあるから手打ちする」としていたそうです。

しかし内藤自身も2回瓜田に警察に行かれてるらしく、たとえば久保が捕まった時にホーミーケイとともに瓜田によって警察に届けを出されているらしいです。

瓜田は「ホーミーケイと内藤が娑婆にいるのが怖い」として警察に届けたそうで、それでもホーミーKEIと内藤は警察に「捕まえる材料がない」として、何事もなく終わったといいます。

内藤が久保に瓜田の土下座写真について聞くと、瓜田は2回YouTubeで悪口(ホーミーKEIの?)を言っているらしく、久保が電話すると瓜田は着信拒否したので、それでムカついてインスタか何かに写真を挙げたそうです。

久保は瓜田が電話に出ればそうするつもりはなかったといいます。

内藤は瓜田について「昔から嫌なことから逃げる」として、かつてブログで関東連の話を実名で書いた上に、関東連合からクレームが来ると逃げ回った話などをします。

その時期、まだ瓜田と繋がりのあった内藤は○○会経由の電話で「瓜田を止めてくれませんか」と来るので、瓜田に「話し合え」「俺も行ってやるから」と言っても、「いや兄貴、怖いんです。会いません」と内藤の言うことをきかなかったそうです。

内藤は「純士のことは嫌いじゃない」「久保は俺が言えば言うことを聞いてくれる」として、自分がうまく間に入れれば喧嘩が終わる可能性がある、としています。

小山も「テレパシーで『恵吾くんが入れば自分、瓜田、久保、内藤の4人でYouTubeをやれる』と瓜田君が言ってる」と内藤に話し、「それで行こう!」とその提案にある程度同意します。

最後に

他にも小山と内藤は色んな話をしています。(例えばKGBのノブヨシが小山にタイマンで負けた話が出てます。時間 2:18:00~)

電話を切った後、小山は「ヒャッフォー!!」と歓声を挙げ、久保と瓜田がいいように収まるようにしたいこと、他のメンツとともに「自分たちにしかできない」として、色んな展望や大きな夢を語っています。

(記事おわり)

タイトルとURLをコピーしました