埼玉出身「殴り屋ユッキー」YouTubeチャンネル紹介

アウトロー周辺の話題
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

埼玉出身の「殴り屋ユッキー」という方が、250番・シラフジャンキーと共演しました。

ユッキーはまだ日は浅いものの、自身のYouTubeチャンネルを運営しているそうです。

「殴り屋ユッキー」とそのYouTubeチャンネルをご紹介します。

スポンサーリンク

250番・シラフジャンキーの動画に出演

先述の通り、彼はシラフジャンキーと250番がインタビューする動画に出演しています。

最初は偶然見つけた人にインタビューしたような体裁を取っていますが、実際にはあらかじめ許可を取って取材しているようです。

再生ボタンで該当箇所から

ユッキーは「所沢方面の出身」と話していますが、所沢のタイソンについてはYouTubeで初めて知ったらしく、「フカシのタイソン」などと呼んでいます。

そこでシラフジャンキーは張り切って空気を入れ出し、オジサンアウトローたちとの対立構図を作ろうとしますが、ユッキーは「これからは俺もそこに混ざっていきたい」と素直に言ってしまい、上手くいきません。

殴り屋ユッキーの人生

YouTubeチャンネル『実録ジャーナル』もユッキーを取材しています。

殴り屋ユッキーはまだ21歳とかなり若いです。

小学生の頃は両親は不在気味で、兄と2人で食事をする機会が多かったそう。

幼少の頃からやや情緒に不安定なところが見られ、突然切れて他の子どもの物を壊したりすることもあったらしいです。

小学校6年~中学生の頃には、喧嘩をした同級生の指を切断して児童自立支援施設に送られます。

動画では他にも、女性関係のトラブルで先輩をボコボコにして少年院に入ることになったこと、特別少年院でボクシングを知ったことなどもしています。

ユッキーにインタビューしてる『実録ジャーナル』は、当初は「『街録』の丸パクリだ」と批判されたこともありましたが、編集が以前と変わっており、徐々に独自の色が出てきています。

殴り屋ユッキー

殴り屋ユッキーはYouTubeでスパーリング動画や格闘技の練習動画を上げています。

下の動画は、あまり強くないようですが元ヤクザとのスパーリング動画だそうです。

下の動画は3人のヤンキーと連続でスパーリングをする1本目の動画です。

ちなみに3人目が一番強かったそう。

タイトルとURLをコピーしました